駄文・散文帳
2017年07月26日 (水) | 編集 |
安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である
2017年07月25日  池田信夫

国会の閉会中審査が終わった。加計学園についての集中審議で何か出てくるのかと思ったが、野党は何も出せなかった。そもそも最初から、これは何が違法なのかわからない事件だった。首相の問題だから多少の疑惑が追及されるのはしょうがないが、森友学園の用地買収にからむ不正のような違法性の疑惑さえなかった。

文科省から出てきた怪文書を否定した菅官房長官の初期の対応はまずかったが、その中身は加計学園の獣医学部新設が「総理の意向」だという内閣府の話を文科省の官僚が書いたメモにすぎない。たとえ国家戦略特区で首相の意向が働いたとしても、金銭の授受がない限り違法性はない。

特区は内閣府の所管だから、文科省の縄張りを守りたい前川喜平氏は不愉快かもしれないが、特区とはそういうものだ。
「総理は自分の口からは言えないから、私が代わって言う」という和泉補佐官の言葉さえ否定され、前川氏は証拠が出せなかった。それが彼の憶測だといわれてもしょうがない。

しかも安倍首相は、加計学園の件を知ったのは「今年1月20日」だと答弁している。その細部に誤りがあったが、話は一貫している。蓮舫代表がそれを「虚偽答弁だ」というなら、20日ではない証拠を出さないと話にならない。

きょうの審議で彼女はこう質問した。

蓮舫氏「私たちは何を信頼すればいいのか。『記録を出してください』と言ったら『破棄された』。『証言してください』と言ったら記憶をなくす。そして『丁寧に説明する』と言った総理が『国会の答弁は正確でなかった』と、聞かれて初めて修正する。国会の審議は何なんでしょうか」

首相「国家戦略特区諮問会議にかかる際に、議長である私にそこで初めて説明があるわけなので、1月20日ということは重ねて申し上げておきたいと思う」

蓮舫氏「もはや全く信頼できない。総理。予定されている国会の日程は、きのうの衆院予算委員会5時間、きょうの参院予算委員会5時間。まさかこれで幕引きと思っていませんよね」


同じことを彼女にもいいたい。私たちは何を信頼すればいいのか。「1985年に台湾籍から帰化」したという彼女の選挙公報は虚偽だが、それを指摘をされたら最初は逃げ回り、逃げられなくなったら「あの時は正確でなかったから今正確に話します」と説明した。おまけに出てきたのは失効した1984年の旅券で、それで台湾国籍が喪失できたとは考えられない。

最大の違いは、安倍首相の行為は違法ではないが蓮舫代表の行為は違法(公選法違反・国籍法違反)だということだ。公選法違反は今でも選管が選挙無効を宣告したら、議員歳費の返還を求めることができる。国籍法違反(1989年から2016年まで27年間)の証拠もそろっている。もはや全く信頼できない。まさか今月18日の記者会見で幕引きとは思っていないだろう。首相に退陣を求めるなら、まず自分が辞任してはどうだろうか。


前川喜平氏が証言した「総理も自分の口から言うわけにいかないから私が代わって言う」という和泉補佐官の言葉だが、仮にそういう言葉があったとしても、和泉補佐官からは「加計」の名前が出たことはなかったことが分かった。獣医学部全般の話だったことが明らかになった。それを加計学園のことだとか、加計理事長が安倍首相と友人だからだとか、前川氏自身が勝手に解釈したのだということが、前川氏の答弁で分かった。

閉会中審査を開いても埒が明かないのは、もともと違法行為に対しての審議ではないからだ。疑わしいから安倍内閣を打倒しようとする野党と左翼メディアの悪だくみが、このような結果を招いている。税金の無駄遣いだし、国益を損ねている、何とも「もったいない話」である。早急に脱出して、本当の違法行為の方(蓮舫氏の国籍問題)を審議せよ。

さて、その蓮舫代表は、野田幹事長が東京都議選の敗北の責任を取って辞任することを受け、党役員人事に着手した。しかし、蓮舫氏の代表辞任を求める声は根強く、離党や解党を模索する議員もおり、党崩壊の危機さえ囁かれているようだ。

ビートたけしさんが「なんで蓮舫が民進党の代表かね。民進党の議員たちは蓮舫が人気あると思ったのかね。そう思ってたんなら、相当頭悪いよ。」と吠えている。

 政治の話で言えば都議選で都民ファーストの会が圧勝したっていっても、豊洲に移転して5年後に築地に戻ってもいいって、築地と豊洲は半々ずつかよ。どっちかに決めてないなんて、二重国籍の蓮舫みたいなもんだよ。国会議員になるっていうから当然、日本人だと思ってたのに、台湾籍もあって二重国籍とはね。だけど、なんで蓮舫が民進党の代表かね。民進党の議員たちは蓮舫が人気あると思ったのかね。そう思ってたんなら、相当頭悪いよ。

「たけし 民進党の議員たちは蓮舫が人気あると思ったのかね」より


それにしてもマスメディアの暴走は止まらない。黒歴史を更新している。昨日の昼の番組で司会を務めている坂上忍が、政治ジャーナリスト八幡和郎さんの意見を怒鳴ってかき消す場面があり、ビックリしている。左翼の言論人やジャーナリストなら偏向報道に加担しても驚かないが、坂上忍までが局の「ご意向」に沿ってここまでするとはねぇ。司会者がそんなんでは、ほかの出演者がみんな反対意見を言えなくなるではないか。委縮しちゃうよ、きっと。坂上忍は八幡氏のコメントを「国民の意見からズレている」と怒鳴っていたが、まるで坂上忍が国民の代弁者のような振る舞いをするなんて常軌を逸している。

今、テレビのワイドショーは、坂上忍が司会をしている「バイキング」同様、安倍内閣への批判一色に染まっていて、蓮舫氏の国籍問題を軽視している。どちらが重要な問題かは火を見るより明らかだ。安倍首相は違法ではないが蓮舫代表は違法である。テレビは、どうかしている。

マスコミ不信の受け皿 ⁈ アゴラテレビの構想を夢から目標に
2017年07月25日 新田 哲史

新田哲史@アゴラ編集長 @TetsuNitta

加計学園問題であらためて痛感したのは、この国では、霞ヶ関とマスコミ(特に朝日新聞等の左派とテレビ)を敵に回してしまうと、安倍さんのような歴代指折り強い政権でもあっという間に崩れ出す。霞ヶ関とマスコミは民意に裏付けられた正当性が制度的にあるとは言えないだけに、恐ろしい。。。




【Vlog】法律より蓮舫が大事?元朝日・野嶋記者の詭弁
2017年07月25日 アゴラチャンネル


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する