駄文・散文帳
2017年07月19日 (水) | 編集 |
木走正水(きばしりまさみず)2017年07月19日
「容疑者」が「被害者」に変質するめちゃくちゃな蓮舫最低会見より

(前略)

 会見の後半では、ただの「一人の政治家の二重国籍という事実の隠蔽疑惑問題」が、いつのまにか、「深刻な差別問題」に変質・一般化、論点のすり替えが起こります。

 自らの国籍について有権者をさんざんごまかし謝罪会見に追い込まれた、”容疑者”的存在の政治家が、いつのまにか、人種や性別、社会的身分などで差別されてしまうマイノリティ”被害者”的存在に変質していくのです。

 蓮舫氏は、会見後半、堂々と「戸籍というプライバシーを守る権利を堂々と主張できる社会を実現していきたい」、「こうした開示は私で最後にしたい」と訴えています。

(中略)

 自らの国籍問題で有権者を長らく混乱させてきた「容疑者」としてのいたらない側面を認め公に謝罪しているただの政治家が、なぜに差別を受けた「被害者」として、マイノリティの「戸籍というプライバシーを守る権利を堂々と主張」するのか。

 本件は一人の政治家の「嘘つき疑惑」なだけです。

 「嘘つき」と疑われて謝罪会見しているおそまつな政治家が、よりによってその謝罪会見で、普遍的な排外主義・マイノリティ差別問題に問題を変質させ拡散させ「こうした開示は私で最後にしたい」と言い放つわけです。

 「容疑者」的存在が「被害者」的存在にいつのまにか変質する、めちゃくちゃな論理です。

 本件は排外主義でも差別でも何でもありません。

 ルーツや差別の話なんか誰もしていません。

 野党第一党の党首が、有権者に正直だったのかどうかが問われているのです。

 有権者に真摯に対峙してきたか、公選法及び国籍法に違反していなかったのかどうか、合法だったのか違法だったのか、それだけの話です。

 「容疑者」が「被害者」に変質するめちゃくちゃな蓮舫最低会見なのであります。


政治家のウソには大騒ぎをするマスメディアが、今回の蓮舫氏の二重国籍問題では「差別」の方に報道をシフトし、内容を故意にすり替えようとしている。憲法改正を阻止するため安倍政権打倒に必死だから、民進党代表の国籍問題を重要視しないと決め込んでいる。護憲・反核・反基地・反原発を掲げ、国益など考えず、中国・韓国の喜ぶことばかりやろうとしている左翼メディアと野党。

昨日の蓮舫氏の会見をフジテレビだけが冒頭の部分を少し流したが、全部生放送したテレビ局は無い。今日も、どの局もほとんど取り上げず、稲田朋美防衛相の陸上自衛隊・日報問題や安倍首相が出席を決めた閉会中審査や内閣支持率低下の件ばかりを取り上げていた。

ちなみに、衆参両院が10日開いた閉会中審査で、加計学園誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事が行った証言について、翌11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は全く取り上げなかったのだ。前川喜平・前文部科学事務次官の主張と真っ向から食い違うため、都合が悪いので棄てたのだろう。朝日と毎日とTBS、東京新聞は安倍政権を目の敵にしている。実に分かり易い。

しかし、安倍政権のどの問題よりも蓮舫氏の国籍問題は重要である。国会議員の経歴詐称というウソと、国籍法違反と公職選挙法違反の罪だ。日本の安全保障問題にもかかわる。ちなみに安倍政権の問題には、首相をはじめ違法行為は無い。

池田信夫氏は蓮舫側が出した書類には疑問が多いと指摘している。台湾政府が公的データを改竄した疑いがあるとも。また、もし蓮舫事務所が偽造したとしたら文書偽造(10年以下の懲役)であると述べている。こういうことは池田氏に限らず、有識者なら分かっていることであろう。だから左翼メディアは、この蓮舫氏の問題をほとんど報道しないのであろう。

台湾政府は国籍喪失を10月17日まで審査して9月13日に許可した?
2017年07月19日 池田信夫

きのう蓮舫側が出した書類には疑問が多い。台湾内政部長の国籍喪失許可証は通常の書式と違い、正式の写真ではなく蓮舫氏の斜め向きの写真(民進党のポスターのもの)が使われている。日付を隠すようにハンコが押されているが、拡大すると「中華民国105年(2016)09月13日」と読める。これはおかしい。台湾政府のウェブサイトでは、次のように「民国105年10月17日に内政部で審査が終わって外交部に送った」と書かれていたからだ。

この記録は昨年12月17日に抹消され、「謝蓮舫」の台湾IDも削除された。「申請者は書類を受け取った後サイトの資料が削除された」と書かれているので、蓮舫側が証明書を受け取ったのは12月17日以降である。3ヶ月も遡及して9月13日に許可書を出すことは、台湾政府が公的データを改竄した疑いがある。

いずれにせよ10月17日まで国籍喪失を審査していた内政部が9月13日に許可書を出すことは、台湾政府がタイムマシンをもっていない限り不可能である。あらためて蓮舫側の論理的な説明が必要だ。

追記:ネット上で「この国籍喪失許可証は偽物ではないか」という指摘が多い。フォントが違う、字の位置が違う、透かしがないなど、あやしい点が多い。これだけで偽造とは断定できないが、もし蓮舫事務所が偽造したとしたら文書偽造(10年以下の懲役)である。


さて、共同通信社の7月15~16日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は続落し35・8%、不支持率は53・1%となった。

政党支持率は自民党が31・9%、民進党が8・2%。公明党3・0%、共産党4・1%、日本維新の会3・5%、自由党0・8%、社民党1・1%、日本のこころ0・3%。「支持する政党はない」とした無党派層は45・1%。

それでも

自公で35ポイント、民共連合を全部足しても14ポイントというところか。

PRESIDENT Online2017年07月19日
橋下徹“有田芳生の人権派面は偽物だ!” より

一般の人が理由なく戸籍謄本の開示を求められることはあってはならない。でも今回は二重国籍の疑いがある国会議員の事例だ。そして、戸籍謄本の開示といっても日本国籍選択宣言の事実だけを立証すればよく、あとは黒塗りで十分だ。日本国籍選択宣言の日付を明らかにしたところで何のプライバシー侵害があるのか。しかも蓮舫さんは日本国籍選択宣言の事実を公言しており、公言している以上そもそもプライバシー侵害でもなんでもない。

蓮舫さんは野党第一党の代表という公人中の公人。公人はプライバシーも名誉も制限される。報道の自由による国民チェックが優先されるということを前提に、メディアや自称インテリは政治家のプライバシーをバンバン暴くじゃないか。

僕なんか、記憶もない実父のもっともっとセンシティブな話をバンバン週刊誌に書かれた。一般人だったら完全なる人権侵害でしょ。だけど僕は公人だったから、公人である以上僕の出自は全て明らかにすべきだという意見も多かったよ。特に普段は「人権を大切にしろ!」とかっこつけて叫んでいる自称リベラルのインテリたちに限って「橋下は権力者なんだからそれくらい我慢しろ」と言ってたな。メディアでも僕を擁護する声はほとんどなかった。

自称リベラルのインテリたちは、真の人権擁護者じゃない。単に反権力を叫んでいることに自己陶酔しているんだよね。反抗期の子供のよう。あれ以来、自称リベラルの人権派インテリの似非ぶりには辟易しているよ。

その最たる御仁が、参議院議員の有田芳生。
こいつだけはほんと許せないね。

週刊朝日が僕の出自を差別的に連載記事にしたとき、有田は「これは面白い!」と言い放ったんだよね。そして僕が猛反撃したら、よく分からん言い訳をしていた。その一方、今回の蓮舫さんの戸籍謄本開示問題では、「人権問題の歴史的逆行」になるから開示を許してはいけないなんて言っている。

有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ。典型的なダブルスタンダード!

こんな有田でも有権者が当選させちゃったんだから、まあ仕方がないと諦めるしかないけど、それでもこいつの給料を税金で賄っているのかと思うと、一納税者として腹が立ってしょうがないね。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する