駄文・散文帳
2017年07月15日 (土) | 編集 |


民進党の蓮舫代表をめぐる「二重国籍」問題で、蓮舫氏は13日の記者会見で、18日に改めて会見し「私自身がすでに台湾の籍を有していないことが分かる部分」を公開する考えを示した。具体的に何を公開するかについては「全部こちらで今、弁護士を含めて、整理をしている」と述べるにとどめた。

蓮舫氏は、戸籍を「差別主義者・排外主義者に言われて公開するようなことがあってはならない」としながら、「安倍総理に対して強く説明責任を求めている立場からして、きわめてレアなケース」として公開するとした。

蓮舫氏は、安倍首相の「こんな人たち」を批判しておきながら、自身は説明を求める有権者らを「差別主義者」呼ばわりしていることに、お気づきであろうか。安倍首相の発言を「看過しがたい。訂正、謝罪を求めていく」と偉そうに述べていたよね。巨大ブーメランか!?

2017-07-13 木走日記
蓮舫代表の戸籍公開は本当に「排外主義」「いじめ」「差別」なのか?

首相を目指す野党第一党の党首が国籍の説明責任を果たすのは当然なのです。

 これは「排外主義」でも「いじめ」でも「差別」でもありません。

 当たり前のことです。

 野党第一党の党首は、一般人とは違う、ということです。 

 そもそも今回蓮舫氏が決断したのは、これまで国籍問題の説明が二転三転したうえ、事実関係の説明が公的書類抜きの記者会見だったことも踏まえ、首相を目指す立場の公人として国民の信頼性を取り戻すために、ご本人も納得して同意されたはずです。

 さらに、徳島文理大の八幡和郎教授ご指摘のとおり、「生まれてから現在に至るまでの国籍の異動について正確な情報を公開せずに、政治家であることを許す国が世界中にあるとは思わない」(徳島文理大八幡和郎教授)のです。

 ・・・

 何を民進党が騒いでいるのか、理解に苦しみます。

 首相を目指す立場の公人にもかかわらず、ここまで国籍問題の説明が二転三転した以上、蓮舫氏は粛々と戸籍を公開すべきです、すればよろしいのです。

 国権の中枢を握る可能性のある政治家のその国籍を、正しく国民が正確にトレース可能なように政治家側が自らオープンにすること、これ自体、国際的に見てまったくノーマルな話です。


 それだけです。


日本の左翼メディアは二重国籍の政治家に対して甘い見解を打ち出しているが、世界の国々の常識は全く異なる。例えば、移民国家のオーストラリアでは二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられているという。インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられていて、昨年、内閣改造で鉱物資源相に就任したばかりの閣僚を解任した。中国でも二重国籍者の入国管理を厳格化することになった。

ところが、「とにかく安倍をたたけ」という社内命令を出している東京新聞は、やっぱり「安倍政権打倒は社是」という朝日新聞と同じく下衆の極みである。「『重国籍』欧米では普通 蓮舫叩きは排外主義」と主張している。こうなると、もはや東京新聞は偏向報道どころか、フェイクニュースを垂れ流す新聞と言える。

豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
7/14(金)  時事ドットコム

オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。

 移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。


ちなみに、朝日新聞や東京新聞など「反日&左翼」系は、共謀罪反対の報道は過熱していたが、「日本のTOC条約締結歓迎=国連事務所、組織犯罪対処へ連携期待」という報道はしていないのではないか?

さて、蓮舫氏は戸籍そのものではないが「すでに台湾の籍を有していないことが分かる部分をお伝えする準備がある」と述べた。 いったん約束した戸籍謄本の公開を撤回したようだ。最初に蓮舫氏の二重国籍問題を取り上げた八幡和郎氏は「蓮舫氏が戸籍謄本の公開を要求されているのは、国籍選択宣言を本当にしたのか、また、いつしたのかを証明できる唯一の手段であるからだ。」と述べ、そして「戸籍謄本の開示は国籍選択宣言という重大な義務を果たしたことを証明するが、台湾籍を離脱して二重国籍状態でなくなったことを証明するわけでないから、それは別途証明書を出してもらわねば困るのだ。」と解説している。

蓮舫の戸籍謄本公開は第2ステージ開幕にすぎないより
2017年07月11日 八幡 和郎

二重国籍問題が戸籍謄本の公開で終わるわけではない。まず、日本の戸籍法で認められていない二重国籍であったことは国民として、まして、政治家として許されない過去となる。

また、戸籍謄本の公開では疑惑のごく一部が解明されるに過ぎない。つまり、戸籍謄本の公開によってわかるのは、蓮舫氏が国籍選択宣言を行うという、それをしないと国籍剥奪にまでつながることもある義務を果たしたということだけである。それをしていなければ、とくに罪はもっとも深いのだが、そこをクリアするだけである。

とくに、台湾の国籍を離脱したことを証明する書類がない限りは、もっとも強い義務である国籍選択ははたし国籍剥奪の可能性はなくなるが、よほどのことがなければ実行すべき台湾籍からの離脱をして、二重国籍状態から脱したことにはならない(9月23日に台湾の当局から受け取られた国籍喪失証明書)。

また、台湾の旅券を使ったことがあるかどうかという問題にこたえるのは「9月6日に台湾の代表処に出された台湾旅券を含むすべての書類」の公開が必要である。

戸籍謄本を公開するときに、まさかそのごく一部だけのコピーの公開にとどめるなんてことはないと信じたい。これまで頑なに公開を拒否していたのは、なにかほかに国民に知られると都合が悪い重大な問題が記載されているのでないかと国民は考えているのである。



蓮舫氏は「日本人ではないので国会議員になれない」
2016年09月18日 池田信夫


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する