駄文・散文帳
2017年03月29日 (水) | 編集 |
「森友」で橋下氏が助け舟を出したようだぞより抜粋
2017年03月29日 早川 忠孝

森友学園問題で橋下徹氏がなにやらスクープを物にしたようだ。

橋下徹「スクープ!これが森友学園問題の真相だ」:PRESIDENT Online

橋下氏は、関係者に色々取材して真相を掴んだ、あれは近畿財務局の単なるミスだったんだ、と大声で言い出している。私立学校の設立認可要件の緩和を進めたのは自分の間違いだった、と素直に自分のミスを認めていた橋下氏の話だから、大筋において間違いないようだ。

何で国有地があんなにも早く、かつ破格の価格で森友学園に払い下げられることになったのだろうか、と不思議だったが、橋下氏の解説である程度得心が行った。

何だか維新の松井氏と安倍さんの関係がギクシャクし始めているな、大阪府と官邸の間で責任の押し付け合いが始まっているようだな、と思っていたが、どうやら橋下氏が助け舟を出したようだ。橋下氏の話が本当なら、森友学園に対する国有地の払い下げに対しての政治家の関与も総理夫人や官邸の関与も否定することが出来る。

まあ、近畿財務局の担当者が見込み違いの責任を問われたり、上司に対する詳細報告の懈怠の責任を問われる程度
で、森友学園に対する国有地の払い下げ自体は、懲戒処分が必要な職員の非行や何らかの犯罪、もしくは不適切な業務執行でも何でもないことになってしまう。

橋下氏は、まだご自分の独自の解釈を外部に向けて詳細には語っていないようだが、橋下氏の言葉の片言隻語から私が勝手に想像を膨らませていくと、安倍総理に対する一切の批判や非難は一気に無効化していく。

私がそんなことを言っても、安倍さんや自民党を攻めるのは今だ、と気負っておられる方々の耳には入らないだろうが、官邸の方々や自民党の執行部の方々は橋下氏のこのスクープ発言にしっかり耳を傾けられることだ


上記の橋下徹氏の発言によって、森友学園騒動が落着することを願う。そもそも野党が、長期安定政権を正攻法では打倒できないので、違法行為の証拠もないのに国有地の払い下げに安倍首相夫妻が関与しているかのような印象操作をメディアと共に続け、学校法人への寄付まで問題にし、劇場型政治を繰り広げた。野党は一言でいうと「幼稚」なのだった。

本来なら、民進党の蓮舫代表の二重国籍問題の方が大問題である。いくら野党だからといっても看過できない。

蓮舫氏が国籍詐称したまま参院選に3回当選したことは、重大な違法行為である。

「生まれながらの日本人」と嘘をついて当選した蓮舫氏の当選は無効だ。

蓮舫氏は今も違法状態で、選挙違反の疑いも強い。


また今回、籠池夫人と安倍昭恵夫人のメールに何回も登場した辻元清美氏も問題が多いし、日本維新の会の足立議員によって新たな疑惑が浮上している。辻元氏は色々と言い訳をしているが、以前の言動との 整合性がとれていない。蓮舫氏も辻元清美氏も山尾志桜里氏も、民進党の女性議員はドヤ顔で舌鋒鋭く攻撃するのが得意だが、攻められると途端に見る影もなくきちんと反論できない。蓮舫氏は嘘に嘘を重ね、見苦しかったし、いまだに疑惑を晴らしていないままだ。最も証人喚問をしたい人である。

【速報】辻元清美に新たな疑惑!中山成彬氏「辻元議員といえば東北大震災の義捐金3600億円の使途の責任者だった筈だが、報告はなされていたかな?」
2017年03月29日 保守速報



【鳥肌注意】森友問題の本丸、ガチで『辻元清美』だった!野田中央公園について維新足立議員が追及!
2017年03月29日 保守速報



辻元清美「作業員について。辻元清美とは面識がございません」→辻元清美が森友視察中に、産廃業者と接触していたことを自ら自慢げに暴露(動画あり)
2017年03月29日 保守速報



【森友学園】民進党・陳さん「省庁に問い合わせれば口利きだ!」→ブーメラン 陳さん、口利きが発覚wwwww
2017年03月29日 保守速報



田原氏が蓮舫二重国籍を知ってた可能性が昭恵寄付より高い ?より抜粋
2017年03月29日 八幡 和郎

田原氏は『週刊朝日』(2016年9月30日号)に何とも大甘の蓮舫擁護のエッセイを書いた。どんな非行をしても、可愛い孫娘が悪いはずないと言い張るお祖父ちゃんの風情で微笑ましいとも言えるが、オピニオンリーダーとしての矜持は感じられない。

それより、田原氏は二重国籍を知っていたのでないかという疑問がある。朝日新聞に出たテレビ朝日の番宣記事で蓮舫は二重国籍であることを明言していたのだから、テレビ朝日関係者に広く知られていたはずだ。また、その後、二重国籍について知っていたことが明らかになっているマスコミ人には田原氏に近い人が多い。 まして、蓮舫の配偶者は田原氏の元アシスタントで仲人は田原氏の野党人脈のキーパーソンである高野孟氏だ。この状況では、田原氏は二重国籍を知っていた可能性は非常に高い。

すでに多くのマスコミ人が二重国籍のことを聞いていたことがあると明らかになっている。彼らはそれを知っていながら沈黙を守っていたとしたら社会的責任がある。そういう人たちに限られた資源である電波が独占され、国民の知る権利が阻害されていることこそ問題だ、日本人の知る権利をもっとも阻害しているのだ。


「繰り返しになるが、蓮舫氏は台湾籍を放棄したものと思い込んでいたのであって、曖昧にしていたのではない」と仰るが、何を根拠にそんなことが言えるのか。本人は二重国籍を吹聴していたのであって、しかも、田原氏の取り巻きといってよい人たちがそれを扱ったインタビューなどの相手だ。

「参院議員になるとき、あるいは閣僚になるときに二重国籍がチェックできていなかったとすれば、むしろ国家のチェック機能そのものに問題がある」というが、悪事を防げなかったら国の責任で本人の責任は二次的なものという論理は驚天動地だ。

多くのメディア関係者は間違いなく知っていた

蓮舫氏の二重国籍について、多くのメディア関係者は間違いなく知っていたのである。なにしろ、朝日新聞に掲載されたテレビ朝日の番組宣伝記事で「在日の中国国籍」といっているのだから。

その状況で、番組で蓮舫氏を抜擢し、自分のアシスタントが蓮舫氏と結婚したという田原氏が知らなかったとしたら、よほど、間抜けだ。

といっても、断言など私もよくしないが、これだけ並べただけで、田原氏が安倍昭恵氏による寄付はあったのでないかと推測するよりはよほど具体的な根拠は示せていると思う。

そして、もし、田原氏に限らず、メディア関係者が蓮舫氏の二重国籍を知っていながら、参議院議員になり、大臣になり、民進党の代表になろうとしていた過程で、沈黙していたとすれば、それは許されることなのだろうか?少なくとも、我々が二重国籍問題を取り上げ、一部からデマローグ扱いされていたときに沈黙していたのはなぜなのか?

そして、指摘が正しく、かつ、蓮舫氏自身が知らなかったはずはないことが明らかになっても、なお、蓮舫氏は知らなかったはずだとかいい、それも嘘らしいとわかってもメディア関係者から謝罪一つないのは腑に落ちないのである。

そして、その一方で、(もちろん寄付がなかったと100%の断言などできないが)、安直にまったく信用できない人物の一方的な発言を取り上げて、「あったと思う」というのは、ちょっと安直にすぎるのではないか。

さらに、今晩の報道ステーションでも、民進党の斉藤嘉隆議員が、「寄付を否定するなら根拠を示さなければならない」と指摘したと追及した場面は細かく放送したが、首相が辻元氏が公の場で説明していないことを念頭に、「御党の辻元議員との間にも、同じことが起きている。今日の新聞に『3つの疑惑』と出ていましたね」「いっしょにするなというが、辻元議員は真っ向から否定している。これも証明しないといけない」と指摘し辻元氏への説明を求めた部分はまったく削除して放送。これでは、国民の知る権利は蹂躙されたといわれても仕方あるまい。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する