駄文・散文帳
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2017年03月28日 (火) | 編集 |
木走正水(きばしりまさみず) 2017年03月27日
「昭恵氏も自ら国会で説明せよ」(朝日社説ほか)〜「森友学園」問題で現出した異論なき異様なメディアスクラム状態より抜粋

どうでしょう、朝日新聞から産経新聞まで、全マスコミが社説にて「昭恵夫人の国会招致」をピンポイントで主張しています。

 このように、マスメディアが勝手に国民世論を「忖度」し、勝手に国民世論を「代弁」し、一糸乱れず論説を勝手に統一して国民に主張することを「メディアスクラム」といいます。

 ・・・

 ほぼ全てのメディアが、このようなことを許せば民主主義の危機であるとばかり、首相婦人に「権力の私物化」などとレッテル貼りをし、全マスコミが一糸乱れず「昭恵氏を国会招致せよ」と主張しています。

 このような異論なき異様なメディアスクラム状態こそが、はたして「健全な民主主義」とは対極にあるおぞましい状況をかもしだしているかも知れぬ、という疑念は彼らにはないようです。

 マスメディアによるこの異様なメディアスクラム状態をしっかり覚えておきたいと思います。

 そして後日本件ですべてがはっきりしたときに、読者のみなさんともに、この国のマスメディアのこの浮ついた状況について、しっかり批判的に分析・検証してまいりたいと考えます。


上に引用させていただいた記事のなかで、森友学園問題について「マスメディアが勝手に国民世論を「忖度」し、勝手に国民世論を「代弁」し、一糸乱れず論説を勝手に統一して国民に主張することを『メディアスクラム』という」と批判している。

森友学園騒動については池田信夫氏も「違法行為の証拠もないのに国有地の払い下げに首相が関与しているかのような印象操作が続けられ、学校法人への寄付まで問題にされ、絵になる話題が先行する劇場型政治だ。」と述べて批判している。
→ 「劇場型政治」が政党政治を終わらせた

今朝のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」でも、玉川徹氏や寺脇研氏らが相も変わらず安倍首相夫妻の批判をしていた。ただ、山口敬之氏を招いて反論させていた。もちろん玉川氏らコメンテーターはムキになって山口氏に食ってかかっていたが。本格的に討論していたら、山口氏に論破されていたであろう。森友学園の一番の問題である国有地格安売却だって「朝日新聞本社社屋」はどうなのかとか、「教育勅語」だって憲法で思想・宗教の自由は守られていて、森友は私学だから入園は自由などと言われたら、ぐうの音も出ないだろう。

テレ朝は夜の「報道ステーション」でも、森友学園に関しては意地でも偏向報道に徹していた。

そのように野党もマスメディアも、「安倍内閣・倒閣」のためなら連日なりふり構わず異様な行動をとり続けてきたが、ここへきて安倍昭恵夫人と籠池夫人のメールのなかに民進党の辻元清美衆院議員に関する記述が(籠池夫人側に)あり、話題を呼んでいる。報道によると3月1日付けで「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」「嘘の証言した男は辻本と仲良しの関西生コンの人間でした」(原文ママ)と記されているという。

【森友騒動】民進にも「籠池無差別爆弾」
2017年03月27日 東京スポーツ

 小学校新設の認可を大阪府に申請していた学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地格安払い下げ問題が、これを追及する民進党に対する“ブーメラン”直撃でややこしい構図となってきた。同党は引き続き、安倍晋三首相(62)や昭恵夫人(54)らの関与の有無を問いただす構えだが、渦中の籠池泰典・同学園理事長(64)の妻が昭恵氏に送ったメールの同党議員に関する記述が虚偽として全面否定している。

 昭恵氏と籠池夫人・諄子氏とのメールのやりとりは24日、自民党の議員を通じて公開された。諄子氏は2月28日付で「辻元清美共産党今はぐっと辛抱です(笑)」(原文ママ)と民進党の辻元清美衆院議員(56)に言及している。

 辻元氏については2月21日付でも名前を挙げており、3月1日付でも辻元氏の名前を挙げ、「幼稚園に侵入しかけ」、小学校建設などに関わる下請け業者に「作業員を送り込みました」。さらには「国会議員の犯罪じゃないですか」などと糾弾するメールを昭恵氏に書き送った。

 籠池夫人はほかにも、小学校予定地にゴミが埋まっていた問題とみられる件で、作業員がメディアの取材に答えたことにも辻元氏の関与があったかのような記述をしている。

 すると24日夜に民進党役員室は全面否定。「辻元清美議員が塚本幼稚園に侵入しかけたとされていますが、そのようなことは一切なく、そもそも同議員は塚本幼稚園の敷地近くにも接近していません」「作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根です。ネット上に流された根も葉もない噂を信じたためと思われますが、そのような事実は一切存在しません」とのコメントを出した。一連の記述を「デマ」と断じた。

 26日には民進党の玉木雄一郎衆院議員(47)がツイッター等で「本人(辻元氏)が公式に記者会見する予定です。逃げも隠れもいたしません」と発信した。辻元氏は9日にも、籠池氏が公開した動画で侵入騒動に言及され、「事実無根」と否定していたばかり。籠池ファミリー側による相次ぐ“爆弾発言”の火消しに追われている。

 自民党への批判が自党に返ってくるとして、前身の民主党時代から“ブーメラン”現象が指摘されてきた民進党。今回は籠池氏側の発言の信ぴょう性に疑問が強く持たれているだけに、これまでとは状況を異にするものの、メール公開によって籠池氏側の攻撃が向けられてきた格好だ。

 くしくも国会では、安倍首相が昭恵夫人を介して学園側に100万円の寄付をしたとする籠池証言を首相が全面否定し、その内容が事実か否か論争を呼んでいる。

「籠池氏の証人喚問で民進党議員の追及は他の野党に比べ、弱腰姿勢に終始した。06年に偽メール事件で失敗した苦い過去があるので籠池氏を全面的に信用するワケにはいかない事情からだが、辻元氏や民進党が“籠池氏の発言は虚偽”と批判すれば官邸、自民党側を利するだけ」(永田町関係者)

 民進党が今回の件で籠池夫人のメール内容を否定すればすれほど、100万円寄付発言もますますデマ扱いが強まり、首相側を利することにもなりかねない。被弾者は困惑するしかない“籠池砲”は、与野党問わず発せられている。



≪今回の森友騒動は安倍政権転覆を企んだ反日連中の計画犯行だった≫
またもや民進党にブーメラン、辻元清美と北朝鮮との関係がメールで発覚

2017年3月28日 株式日記と経済展望



民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求より抜粋
2017.3.28 MSN産経ニュース

作業員派遣

 2つ目の疑惑も、3月1日の諄子氏のメールに記された辻元氏が作業員を、小学校建設現場に「送り込んだ」というものだ。

 メールには「嘘の証言した男は辻元と仲良しの関西生コン(※連帯ユニオン関西地区生コン支部とみられる)の人間でしたさしむけたようです」「孫請業者の作業員がその委託社長がしてないといったのにもかかわらずその三日だけきた作業員が辻元清美が潜らせた関西なんとか連合に入っている人間らしいです」(原文ママ)とある。

26日のフジテレビ番組では、維新の足立氏が「民進党が昭恵夫人(の証人喚問)にこだわるのなら、辻元氏も」と喚問を要求。民進党の玉木雄一郎幹事長代理が、「間違ったことを言わないで」と否定する一幕もあった。

 玉木氏は26日、ツイッターで、辻元氏が「27日午後に会見する予定。逃げも隠れもしない」と報告。だが27日には、「昨日のツイッターには『予定』としか書いていません」と書き、会見は行わないと訂正した。


2002年の衆院予算委員会で証人喚問された鈴木宗男氏を「疑惑の総合商社」と呼んだ辻元清美氏。今は辻元氏こそが「疑惑の総合商社」になってしまっている。

辻元氏は先月21日にテレビで「塚本幼稚園に参りました」と明言していた。本日のフジの夕方「みんなのニュース」でも画像と共に取り上げていた。この発言を、今は「事実ではない」と言っているので、辻元氏はテレビでウソをついたことになる。政治家がテレビでウソをついたのか。これも問題である。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する