駄文・散文帳
2017年01月11日 (水) | 編集 |

日本は財閥解体されたけど、よく頑張っていると思う。米国や中国と比べて、国土面積は小さいし人口も資源も少ないのに、成果を上げているし、格差も小さい。良い国である。

さて、今日も、「講談社編集次長・韓国籍の男逮捕」と「釜山・日本総領事館前の慰安婦像設置」の二つが際立って報道されている。

韓国紙(中央日報の「韓国が厄介な隣国と生きていく姿勢」)は「複雑な過去の歴史では決して譲れないが、完全に恨み合って生きていくのも難しい。特に経済の面ではそうだ。このために前面に出したのが『政経分離』という原則だ。」といった相変わらず虫のいい記事が目立つ。日本を「厄介な隣国」と言いつつ、経済的には支援してもらいたいようだ。反日教育をし、「反日無罪」などということがまかり通る韓国。国家ぐるみで右翼のくせに、安倍首相のことを右翼とか極右などと報じてきた韓国メディア。慰安婦問題も、解決しようと日本側が謝罪と償い金で誠意を見せても、韓国側は「足りない」とか「歴代の首相や閣僚ら全員一致のものではない」などと批判してゴールポストを移動してきた。際限なく慰安婦問題を続けていきたいらしいので、日韓関係は果てしなく悪化する。今回も次期政権は誰がなっても、「最終かつ不可逆的に決着させる、日本国政府と大韓民国政府との合意」は見直しか破棄だという。これでは韓国と約束事など結ぶ国はなくなるであろう。外交は、政権が代わっても続くものである。そうでなければ意味を成さない。

まして、慰安婦問題は韓国自身が問題化し始めたものではない。日本側だ。福島瑞穂氏ら弁護士が火をつけた。それを朝日新聞が拡大した。朝日新聞は「慰安婦の女性は強制連行され、8万~20万人が姓奴隷にされ、終戦間際には証拠隠滅のためその大半が殺された」とウソの解説をした。韓国は乗せられたのだ。というより、乗らざるを得なかったと盧泰愚(ノ・テウ)大統領は言っていた(文藝春秋1993年3月号の対談)。

「日本が心から済まなかったと言ってくれれば歴史の中に埋もれていくものだと思います。ところが実際は日本の言論機関の方がこの問題を提起し、わが国の国民の反日感情を焚き付け国民を憤激させてしまいました。そうなると韓国の言論も、日本は反省していない、と叫び、日本に対して強い態度に出ない政府の対応はひどい、と更に感情論で煽ってきます。こうした両国の言論のあり方は問題を更に複雑にはしても、決してよい方向には導かないと私は考えているのです。とにかくもっと両国の言論に携わる識者の人々が冷静になり、反省し悟らねばならないと私は強く思います。」


言うまでもなく、上記の「日本の言論機関」とは朝日新聞のことである。そして、慰安婦問題で福島瑞穂氏は人権派弁護士として有名になり、国会議員にもなれた。社民党の党首にもなり、資産1億円の持主に。

ところが、いまだに尾を引く慰安婦問題に、福島瑞穂氏は知らん顔。我関せずだ。朝日新聞はあろうことか、安倍政権の対応を批判している。盗人猛々しいとは朝日のためにある言葉か。他人事ではないだろう。批判する資格などない。

 久しぶりに社説読み比べをいたしましょう。

 お題はもちろん、釜山総領事館前「少女像」であります。

日経は韓国に対して「負の影響を十分に考慮に入れた慎重な言動」を求めています。

産経も韓国に対して「真の敵を見失ってはならない」と警鐘を鳴らしています。

読売も韓国に対して「独善的な体質は、対外的なイメージを低下させるだけである」と批判しています。

 以上、日経・産経・読売の3紙に対して、毎日・朝日の社説の結びは少し明らかに趣(おもむき)が異なります。

 毎日は、韓国だけではなく日本も含めて「両国は、嫌韓と反日という不毛な感情的対立を生まないよう冷静な対応に努めてほしい」と訴えています。

 朝日も、日韓両国に対して、「両政府は合意の精神を着実に実践し、両国民の理解を深めるよう心を砕いてもらいたい」と訴えています。

 各紙韓国による「少女像」の設置行為に対しては批判的ですが、その色合いはまちまちですね、興味深いです。

 社説の内容をもう少し細かく分析して、韓国に対して厳しい論調の順に並べると、

 読売>産経>日経>毎日>朝日 

 と、まあ大方の読者の予想通りとなるかと思います。

実は毎日社説と朝日社説には海より深い相違点があるのは誰が読み解いても明らかなことであります。

 単純にカテゴライズさせていただければ、

 読売・産経・日経・毎日 >>>>>>>>>>>>>> 朝日

 と、こんな感じで、朝日社説だけが完全に浮きまくっているのであります。

 今回の件で、5紙の社説で、韓国以上に日本政府の対応を批判しているのは朝日新聞ただ一紙だけなのであります。

 日本政府の対抗措置を「冷静さを欠いている」と批判いたします。

極めつけは次の一文です。

 ここまで日本政府を批判したうえで「日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い」とこうです。

なんだこの「不平等なほどの喧嘩両成敗」的平等主義は!!

明らかに朝日社説は、韓国のみならず日本政府への批判にかなりの字数をさいていることが理解できます。

 というか、この局面で日本政府批判を展開している社説は主要紙の中で朝日新聞だけなのであります。

 今現在、釜山総領事館前「少女像」を見て当ブログが思うところは、一連の朝日新聞従軍慰安婦ねつ造報道がなければ、もしかしたらこの「少女像」はここに設置されていないだろうに、という虚しい虚脱感なのであります。

 「日本軍関係者がいたいけな少女を強制的に連行して慰安婦とした」という出鱈目な朝日新聞ねつ造記事さえなければ、日本領事館の前に「少女像」は設置されてはいなかった可能性を思うとき、この「少女像」設置の諸悪の根源は朝日新聞にあるとすら、思えてくるのであります。

 貧しさゆえに親にキーセンに40円で売られた女性が、朝日ねつ造記事により、悲劇のヒロインに祭り上げられ「少女像」として領事館前に設置されているのであります。

 そして、ねつ造記事で結果として今日の「少女像」設置を導いた、当の朝日新聞が、性懲りもなく本件で日本政府を批判しているのであります。

 読者のみなさん。

 本件の張本人である朝日新聞が、いったいどの面下げて政府批判を展開しているのかと問いたいです。

 朝日新聞にその資格はあるのか?と。


「少女像」社説で日本政府批判する朝日新聞にその資格はあるのかより

麻生財務大臣が「(交渉は)信頼関係に成り立っているので、約束した話が守られないなら貸した金も返ってくる可能性もないとかスワップだって守られない話になるので、難しくなりますよね」 と言い、二階俊博幹事長も負けてはいない。「韓国は隣の国で、長い歴史がある。大事な国であることに違いないが、色んなことを話し合うには、なかなか面倒な国だ。(釜山の日本総領事館前に少女像を設置したことは)あり得ないことじゃないか、普通は。(少女像は)しばらくそのままにしておいたらどうか。放っておいたら、どういう結果を生むか、考えれば分かることだから。ちょっと時間を置くことも大事じゃないか。こういうことがあった時、丸く収めてしまおうと、日本が正しくとも一歩引き下がってまとめてきた例が過去にある。こんな時にこそ、きちっとした対応策を、スピーディーに政府が出したことは外交的にも良かった。堂々と正義をかざしてやらなきゃダメだ。(BSフジの番組で)」「時々、こんなことでエキセントリックになるのが韓国の特徴だが、もっと円満な外交が展開されなければならない」…親韓派の二階氏にしては意外なお言葉。

で、韓国で慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国している韓国駐在の長嶺大使は、安倍首相と面会した。今後、韓国側に改善の動きが見えない場合は、日本政府として新たな措置も視野に検討する方針だ。ふむふむ。ビザ発給も厳しくするとか? 韓国側が国際常識から逸脱しているわけだから、放っておくしかない。このままでも日本側は困ることなどないので、焦ることもない。韓国次第だ。日本は何もしないで、韓国がどんなボールを返してくるのか、見守ればよいのだ。次期政権まで決着がつかない場合、長嶺大使は長期間、韓国へもどらないことになるのか? それでも良いと思うが。

韓国の政権は世論を抑えることができない。統治能力がないと言われるが、それは長い間の「反日教育」の賜物であることを認識しているのだろうか? そのわりに、韓国人は海外旅行先として日本を最も多く訪れているという。日本のアニメや書籍も人気がある。反日教育を受けていても、その辺りは緩和されている。韓国内に沢山設置されている慰安婦像にも、関心度は低いらしい。それでも、大きな声で日本が好きとか、竹島は日本の領土とか、慰安婦像は撤去した方が良いとは言えない空気があるようだ。社会から抹殺されかねないからだ。言論の自由がない。つまり、自由民主主義という点で、日韓は価値観を共有していない。

また、慰安婦像を建ててデモを行っている韓国の市民団体は、韓国挺身隊問題対策協議会で、略称を挺対協(ていたいきょう)と言って親北朝鮮団体でもある。日韓が仲良くなってしまうと存在理由がなくなり孤立する。なので必死に慰安婦像を設置する。反日教育を受けてきている国民も共鳴しやすい。やはり北朝鮮の思うつぼとは分かっていても、竹島と慰安婦問題では韓国民は一致する。

韓国人は海外旅行先として、アジア、なかでも日本をもっとも多く訪れていることがわかりました。
オンライン旅行会社「エクスペディア(www.expedia.co.kr)」がこの2年間のホテル予約率にもとづいて「韓国人の海外旅行トレンド」をまとめて10日、発表しました。
それによりますと、韓国人のホテル予約率がもっとも高い海外旅行先は、国別では、日本が20%で1位でした。
都市別では、大阪、東京、沖縄、福岡の日本の4都市が上位10都市に含まれました。
また、上位10か国のうち7か国がアジアの国で、台湾はおととしの7位から去年は5位に、ベトナムはおととしの9位から去年は6位に急激に上昇しました。

韓国人に人気の旅行先 1位は日本より



米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、「報復」とみられる措置を取っている中国が、大量の韓国製化粧品について輸入を不許可としたことが10日、分かった。

中国が韓国化粧品の輸入不許可 THAADで「報復」かより




国連の潘基文(パンギムン)前事務総長のおいら親族2人が10日、ベトナムにある高層ビルの売却をめぐり賄賂を提供したなどとして、ニューヨークの連邦裁判所に起訴された。複数の米メディアが報じた。潘氏は次期韓国大統領選に意欲を見せており、親族のスキャンダルが選挙戦に影響を与える可能性がある。

潘基文氏のおいと実弟を起訴 ベトナム高層ビル売却めぐり賄賂 意欲見せる韓国大統領選に影響もより


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する