駄文・散文帳
2016年12月31日 (土) | 編集 |
【首相真珠湾訪問】
安倍首相、和解の象徴の飯田記念碑でも献花へより抜粋
2016.12.27 MSN産経ニュース

 安倍晋三首相は26日夜、旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊するため、政府専用機で羽田空港から米ハワイへ向かった。現地では真珠湾攻撃で沈没した戦艦の真上にある追悼施設「アリゾナ記念館」以外にも、複数の慰霊施設を訪問する。中でも真珠湾攻撃で戦死した飯田房太中佐の記念碑は、米側が米軍基地内に建立したものだ。

 「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない。和解の価値をオバマ米大統領とともに世界に発信したい」

 安倍首相は出発前、羽田空港で記者団にこう語った。飯田中佐の記念碑はまさに日米和解の象徴と位置付けられている。

 飯田中佐は安倍首相と同じ山口県出身の零戦パイロットで、昭和16(1941)年12月の真珠湾攻撃に大尉として参加した。燃料タンクが被弾して帰投がかなわなくなったため、機体を米カネオヘ海軍基地(現海兵隊基地)格納庫へ向け突入して戦死した。2階級特進して中佐となった。

 米海軍は、飯田中佐の勇気と献身をたたえ、敵であるにもかかわらず基地内に埋葬した。真珠湾攻撃30年に当たる46年には、基地内に記念碑を建立。現在も米海兵隊により維持・管理され、56年以降は毎年法要が行われている。

 安倍首相は現地時間26日午後(日本時間27日午後)に飯田中佐記念碑を訪れ、献花する予定。首相は飯田中佐記念碑での献花を含む慰霊行事を通じ、日米和解が実現した姿を内外に印象づけたい考えだ。


今年も、もうすぐ終わりですね。

当ブログにお越し下さった皆様、

ありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

来年もまた、気になることをピックアップして

更新して参りたいと思っています。

「謝罪と反省」求める相手が違いますより抜粋
2016.12.31 MSN産経ニュース

 特に“安倍憎し”で病的(?)になっている韓国マスコミは、安倍晋三首相の米議会での演説オバマ大統領の広島招待にも反対し、足を引っ張ってきたが、今度は安倍首相の真珠湾訪問の「慰霊と和解」にも文句をつけている。

 「謝罪と反省」を語っていないからケシカランというのだ。ちょっと待ってくれ。真珠湾攻撃は日米の戦いだよ。何で韓国が口出すの? それに当事者の米国が今さら「謝罪と反省」など求めていないのに、だ。

 日本の韓国支配を自ら打ち破れなかった歴史の鬱憤は分かるが、韓国とは関係ない現在の日米外交に対する嫌がらせは見苦しい。それより韓国を侵略した北朝鮮や中国にいまなお「謝罪と反省」を求めない自分たちのことはどうなっているのかしら。(黒田勝弘)



〝壮大な誤解〟韓国こそ「ドイツに学べ」より抜粋
2013.8.24  MSN産経ニュース

 メルケル首相はナチスによるユダヤ民族虐殺現場で頭を下げているのだが、日本は過去、韓民族に対しナチスのようなことをしたのだろうか。

 韓国は日韓併合で日本の支配、統治を受け植民地になったが、第二次大戦で日本と戦ったわけではない。逆に日韓は一緒になって米国、中国など連合国と戦ったというのが実態だった。

 韓国には意図的な歴史の歪曲(わいきょく)がある。自らを日本やナチス・ドイツに対する戦勝国である連合国になぞらえ、日本を戦犯国といって非難するのがそうだ。

 しかし、靖国問題もそうだが、韓国は日本と戦争した敵国ではないため、いわゆるA級戦犯問題とは直接関係はない。極東裁判は日本の韓国支配を裁いたものではないし、植民地支配は戦争犯罪ではない。にもかかわらず韓国がA級戦犯を理由に靖国問題にこだわるのは“壮大な誤解”なのだ。

 ナチス・ドイツの歴史を振り返り、あえて韓国に相当するような国を探せばオーストリアかもしれない。


 ヒトラーの故郷でもあるオーストリアはナチス・ドイツに6年間、併合されその一州になった。ナチス・ドイツと一体だったため、戦後は連合国の米英仏ソによる分割占領後、中立化を条件に1955年、独立を回復した。韓国(朝鮮)が戦後、連合国の米ソに分割占領されたのと同じだ。

 興味深いのはオーストリアはナチス・ドイツとの過去の関係を国際社会に謝罪していることだ。これでいくと韓国は日本との過去を謝罪、反省しなければならないことになるが…。

 「ドイツに学べ」で思い出した。韓国と北朝鮮の間でまた南北離散家族再会の話が出ている。

 しかし、ドイツでは東西分断中も家族の相互訪問や手紙、贈り物の交換など自由な交流があり、結果的に1990年に統一が実現している。

 韓国と北朝鮮こそそうしたドイツにしっかり学び、南北交流をちゃんとやって早く統一してはどうか。

 そして少数派の東ドイツ出身のメルケル首相のように、統一コリアで北朝鮮出身の大統領が誕生するような姿を早く見せてほしい。(ソウル 黒田勝弘)



清原氏の回復と、さすがの「世界の北野」より抜粋
2016年12月30日 田中紀子(一般社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表)

そして何よりも、大スターであり、発言に重みがある北野武さんが「脳の病気なんだ。俺も浅草の芸人さん見てきたけど、自分じゃやめられないんだよ」とおっしゃって下さったこと。さらには、「この選手は名選手なんだ。だから生きる道って野球しかないと思うよ。野球界はコーチなり、監督なりで受け止める広さを見せて欲しいと思うよ。永久追放みたいなことを言うからダメで、野球界、皆で支えて欲しい」とおっしゃったことです。

有名人の薬物依存症事件では、今までさんざん持ち上げてきた人達が、手のひらを返したように、罵倒し、さげすみ、貶め、何をやっても構わないとばかりに、人権など無視したような報道を沢山見て参りましたが、さすが「世界の北野」がみている世界観は、そこらのタレントとは全く違うと、格の違いを見せつけられた気が致しました。

このような発言をすれば、叩かれる可能性は十分あることですが、自分の保身よりも、困っている人の真の再生に目を向けられていて、毒舌で売っていながら人々に愛される、武さんの愛情深さを垣間見た気が致しました。



パチンコ店35億円追徴課税 帳簿提示拒み、控除されず
2016.12.30 MSN産経ニュース



海外「参拝の何が問題なんだ?」 稲田防衛相の靖国参拝に欧米からは理解の声
2016/12/30 海外の反応 パンドラの憂鬱



これはもはやブーメランなどではない、一種の芸術の域に達している
2016-12-27  木走日記

舞台女優を歌舞伎町ホテルへ引っ張る「民進党代議士」のすごい言い訳



「息をつくようにウソをつく」首相追及した民進・蓮舫氏、7つのウソ・矛盾…厚顔無恥ぶり検証
2016.12.31 Zakzak


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する