駄文・散文帳
2016年12月21日 (水) | 編集 |
20161221164126270.png




今年もあと僅か。ここへきて目を引くニュースが多くなった。週刊新潮が報じた「民進党・初鹿明博と知り合った舞台女優の20代女性の知人の話『飲食店でいきなりズボンを脱ぎ始め、家に行こうとしきりに言っていた』 新潮が尾行すると女性の腕を掴み強引にラブホへ。」という記事。テレ朝やTBSなど左翼系はスルーかな?

「反日」TBSの低俗さは「変態」毎日新聞にも劣らず(笑)

「恋ダンス アメリカ大使館・領事館バージョン」にはホッコリ。楽しませてもらった!
  
さて、日本のメディアは安倍政権には超冷たい。成果は淡々と流すかスルーしておきながら、ちょっとした失態でも大々的に報じる。一方、民進党など左翼系政党の失態にはほとんど目をつぶる。例えば、蓮舫氏が二重国籍問題で嘘を重ねていることは重大なことであるにもかかわらず、無視している。公職選挙法で禁じる「経歴詐称」にあたるのだから、代表の資格はない。国会議員の資格すらない可能性がある。民進党自身の選管が調査すべき問題だ。

しかし、安倍政権の支持率は高い。これは国民が左翼系メディアに懐疑的だということ。左翼系報道番組の垂れ流している内容を、ほとんどの人は信じていないのだ。「報道を信じる人が多い国ランキング」という英ロイタージャーナリズム研究所の調査結果を見てみると、日本は約6割が懐疑的なんだという。

関口宏司会のTBS系情報番組「サンデーモーニング」なんか酷いものだ。偏向し過ぎていて笑える。

「報道を信じる人が多い国ランキング」発表、日本は約6割が懐疑的より抜粋
2016年12月21日 フォーブス ジャパン

偽ニュースが氾濫する中、多くの人たちは今でもラジオやテレビ、新聞が伝えることを真実だと信じているのだろうか?

英ロイタージャーナリズム研究所は 先ごろ、各国で報じられるニュースへの信頼度に関する調査結果を発表。

フィンランドでは「ほとんどのニュースをほぼ常に信頼することができるか」という質問に対し、回答者の65%が「そう思う」と答えた。だが、英国ではその割合は半数にとどまった。一方、偽ニュース問題の中心地である米国では、同様に答えた人はわずか33%だった。これらの結果は、26か国の市民からインターネットを通じて得た回答をまとめ、分析したもの。

ニュースに対する信頼度が高い国ランキング

「報じられるニュースの大半は信じられる」と回答した人の割合でみた順位は、以下のとおりとなっている。

1位 フィンランド 65%
2位 ブラジル 58%
3位 カナダ 55%
4位 オランダ 54%
5位 ドイツ 52%
6位 英国 50%
7位 スペイン 47%
8位 オーストラリア 43%
8位 日本 43%
9位 米国 33%
10位 韓国 22%
11位 ギリシャ 20%

出典:ロイタージャーナリズム研究所



Pokémon GOよりも人を殺しているパチンコの闇はなぜ報じられない? 岡田斗司夫が語る「圧力の正体」より抜粋
ニコニコニュース 2016年12月20日

ポケモンGOへのマスコミ対応が粗さがしになっていた。

 ギャンブル依存症に関しても厚生労働省がデータを出していて、何が面白いかというと日本政府と警視庁の見解では、パチンコはアミューズメント施設であってギャンブルではない、と。ところが厚生労働省が発表したデータでは日本人の成人男性の8.7%、成人男性の10人に1人ぐらいが、ギャンブル中毒であって、そのギャンブルの中にパチンコが入っているんだよ、すごいよね(笑)。

 厚生労働省は警視庁の見解とか全く気にせずに、依存症といったらパチンコが一番多いに決まっている、ということで統計値に入れているんだけど、ところが国の統計ではパチンコの依存症はギャンブル中毒に入れないから、世の中に出る数字がおかしい事になっているんだね。

 カジノ合法化しているアメリカですら1.5~1.6%、香港で1.8%、 韓国でも0.8%だよね。韓国では日本のパチンコが入ってきたけど、追い出したんだそうだ。この一点において韓国人の方が日本人より偉いって思うんだけどね。




【回顧2016】国民だまし続けてきた朝日新聞 非現実的な平和主義を謝罪とともに清算すべき 元東京大学教授・酒井信彦氏
2016.12.21 Zakzak


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する