駄文・散文帳
2016年12月10日 (土) | 編集 |
自分の嘘もすぐに忘れる蓮舫の記憶力の悪さ。朝日新聞すら擁護できず
2016年12月10日 八幡和郎

蓮舫が嘘つきであることはわかりきったことだが、これは政治家にはありがちだ(笑)しかし、それ以上に問題なのは記憶力の悪さだと思う。とくに首脳外交で過去の発言などを忘れで野党議員の感覚でその場しのぎの口から出任せいったらたいへんなことになる。

二重国籍問題でも自分のついた嘘を翌日には何言ったか忘れていた。

そして、国会での党首討論でのやりとりを朝日新聞が検証したものでも嘘だらけが暴かれた。あらかじめ政調のスタッフが準備しているはずだが,憶えられなかったのだろう。

蓮舫本人については、平気で嘘をついて、しかも、言うことが頻繁に変わるというのがいけないという人が多いようだ。そこについては、私はほんの少し同情しているところがある。

強気一点張りの“華人”気質もあるからだ。習近平でもそうだが、中国の政治家もビジネスマンも、ともかく強気で非を認めない。すぐに謝る日本人とは好対照である。生まれ育った文化が違うから、少し割り引いて考えてあげないといけないと思う。それは中国系の友人と付き合っていても、だいたいそうだ。話が違うと思っても怒らず落ち着いて対処すると、彼ら独特の思い切りの良さもあって、どこかで埋め合わせしてくれる。

しかし、それより問題は、蓮舫の記憶力の悪さだ。政治家、とくに外交に携わる者は、いつどこで何を言ったかを完璧に憶えている必要がある。ところが、今回の騒動の経緯を通じて、昨日言ったことも忘れてその場しのぎで苦し紛れの日替わり発言を繰り返した。

そして、今回の党首討論でもいい加減な記憶でものをいうから、とんでもない破綻の連続だった。
以下、朝日新聞の分析の一部だが、さすがの朝日新聞も擁護しようがなかったのだろう。詳しくはリンクにある朝日新聞の記事をご覧にただきたい。http://digital.asahi.com/articles/ASJD842FYJD8UTFK008.html



【産経抄】
蓮舫氏に手心 本当のこと伝えなければ将来はない 12月10日


自分自身が嘘つきであるのに、国会の党首討論で首相を嘘つき呼ばわりし、堂々と政治活動をしている蓮舫氏。

一方、何も恥ずべきことをしていないにもかかわらず、芸能界を引退してしまった俳優がいる。

俳優の成宮寛貴さん引退のニュースに、ショックを受けた一人だ。特に成宮さんのファンではなかったが、好感を持っていた。彼をここまで追い込んだ直接的あるいは間接的な原因について、憤りを禁じ得ない。特に、週刊誌のあくどさには怒りを覚える。週刊誌の記者全員が心無い人ばかりだとは思いたくはないが、一度立ち止まって、自分の親や子供たちに対して胸を張って生きていけるかどうか、考えてもらいたい。

成宮さんは、芸能界を引退することはない。何も恥ずべきことをしていないのだから。

【俳優・成宮寛貴さん電撃引退】
きゃりーぱみゅぱみゅさんのツイッター大反響 「週刊誌って平気で人の人生を狂わす」 14万超リツイート
2016.12.10  MSN産経ニュース



成宮氏を芸能界引退に追い込んだもの
2016年12月10 神谷匠蔵



Black News

今回は、友人Aによる裏切りと、フライデーによる悪質な報道、さらにはそれら2つに乗っかかって悪質な報道をし続けた続報メディアが、この成宮寛貴の引退を決定させたようだ。

成宮寛貴は、自分が同性愛者であるというように公言をしていないが、同性愛者であることが受け入れられにくい日本では、同性愛者ということを知られるだけでも本当に辛いのである。

今後、私達は、この騒動から何を学べるのだろうか。

まずは、成宮寛貴のセクシャリティに対して、批判をせず、拒絶をせず、ありのままの成宮寛貴の姿を受け入れることから始めていきたいと思う。



Black News

友人Aが捏造したもの

まずは、コカインの使用現場とされている写真はこちらの記事にある。

成宮寛貴がコカインを使用しているとする現場写真について

この写真は、友人Aが成宮寛貴に見つからないようにして隠し撮りをしたもので、この写真がフライデーに提供されたと思われる。

そして、友人Aが提供したとされる音声データの内容は以下のものだった。

友人「ヒロキ、今日のどうだった?」

成宮「良かったよ~。美味しかったぁ、美味しかったぁ」

友人「どうする?もう1個欲しい?」

成宮「チャーリー?そうね……とりあえず……持ってきて」


このチャーリーというのは、コカインの隠語であり、チャーリーはコカインという意味である。

この音声は、成宮寛貴の肉声で作られたものだと推測されている。

このようにして友人Aは成宮寛貴がコカインを使用していたと捏造したのだ。

友人Aの正体とは?

今回、友人Aの実名や顔写真が公開されることはなかった。

ここにも成宮寛貴の優しさが感じられる出来事である。

成宮寛貴は、心から信頼していた友人Aにここまで酷く裏切られ、芸能界を引退することを決めても、友人Aについての情報を公開することは一切しなかった。

成宮寛貴は本当に男らしい人物だと思う。

友人Aについて、ネット上で話されている情報であるが、以下のようなものが上げられていた。

・成宮寛貴の恋愛の対象である彼氏のような存在だったのではないか。

確かに、今回裏切った友人Aという人物と成宮寛貴が交際していたのであれば、その人物に裏切られた衝撃は本当に深く、芸能界の引退を決意するのにも納得が行く。

友人Aがなぜ裏切ったのかという理由に関しても、お金目的ではなく、交際上で何かお互いの間にトラブルがあり、その恨みという理由なのではないかという推測する人もいた。

ネット上の情報なので、確かな情報ではないが、友人Aが成宮寛貴にとって本当に特別な存在だったことは間違いないだろう。



【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
ロケットニュース2412月9日



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する