駄文・散文帳
2016年11月27日 (日) | 編集 |
「君の名は。」、英メディア絶賛の理由は? 「ディズニーにはなしえない領域に……」より抜粋
NewSphere2016年11月25日

「君の名は。」が、アニメとしては久々の大ヒット作となっている。8月26日の公開から人気は衰えず、累計興行収入も11月21日時点で189億円を突破し、「もののけ姫」の国内6位(興収193億)の記録に迫る勢いだ(映画.com)。海外でも続々と公開が始まっており、ストーリー、映像の両面で高く評価されている。

◆海外での上映も多数。中国では異例の扱い

 日経アジアンレビューによれば、アジアを始め、イギリス、アメリカなど89ヶ国で公開が決定しており、10月末から上映が始まった台湾では、1998年のホラー「リング」が持つ日本映画の興収記録を上回った。11月からはタイ、香港でも上映され1週目の興行成績は上々だったらしい。

 中国では11月にプレミア上映が行なわれ、12月2日より全国7,000館で上映されるという。中国の配給会社の幹部は、「通常、日本映画は日本での公開から少なくとも半年たたないと中国では公開されないが、2ヶ月で上映にこぎつけたのは異例」と述べ、中国ファンの間に作品に対する強い期待があることの表れだと述べている(日経アジアンレビュー)。

◆ユニークなストーリー。自由度の高さに注目

 海外で日本のアニメといえば、宮崎駿監督の「スタジオ・ジブリ」作品が圧倒的人気を誇るが、英メディアは「ポスト・ジブリ」としては初の大ヒット作だと、作品と新海誠監督を讃えている。

 ガーディアン紙は、「君の名は。」は宮崎作品というよりも、村上春樹氏の小説に似ていると述べる。男女が入れ替わるというコメディから、予期せぬ方向へストーリーが展開していき、ネタバレするのでこの先は言えないが、とにかく理論物理学、古い言い伝え、破壊的自然災害、考証、時間との戦い、ロマンスとほぼすべてのジャンルが一つに織り込まれ、ユニークで感動的かつ壮大なものにブレンドされていると表現している。

 英ヤフー・ムービーは、「君の名は。」のストーリーは、セクシャリティ、ロマンス、愛、喪失といった主要テーマを持っており、アニメのなかで最も主題に沿い、実験的で力強いと評価。家族向けのグローバル・ブランドであるディズニーアニメにはとても取り組めない領域に対応した、自由度の高い作品であることは明らかだとしている。

◆手書きにこだわらず、斬新な映像

 ガーディアン紙は、「君の名は。」のキャラクターは古典的な手書きに見えるが、その周りは、3D風景やタイムラプスまで使った、生き生きとした超現実の世界だと説明する。同紙によれば、新海監督は自分ではあまり絵を描かない。手書きのイメージをスキャンする場合もいまだにあるが、ほとんどのアニメーションはコンピューターで作られているという。監督はその理由を、「絵を描く人は、自分が職人だと思っており、ペンと紙に執着する。しかしそれはあまり生産的ではなく、実はコンピューターで始めたほうが早いし簡単だ」とインタビューで話しており、「君の名は。」の製作費も、ハリウッドアニメの10分の1ほどだと述べている。

◆ポスト宮崎。アカデミー賞にも近づいた?

 ヤフー・ムービーによれば、現在のアニメ界は、ディズニーやピクサーなどが世界的に支配しており、その牙城を崩すことができる唯一の人物、宮崎監督が引退を表明したことは大きな損失だったと述べる(注:宮崎監督は現在短編アニメーションを製作中)。多くの海外メディアが、新海監督こそがその穴を埋める人物だと見ており、「新しい宮崎駿」と呼んでいるのもうなずける。

「君の名は。」は、第89回アカデミー賞長編アニメ部門の審査対象作になっており、ノミネートの期待もかかる。次の宮崎と呼ばれるのはさぞかしプレッシャーだろうが、新海作品が世界から注目されていることは間違いない。


共同通信社の全国電話世論調査によると、内閣支持率は60.7%で、前回10月の53.9%から上昇した。どんだけ野党は不人気なんだ! それとも蓮舫効果か?! 民進党は、党首をはじめ国益を優先した政治に着手せよ。

「自らの『戸籍』は伏せ『家族』はバラエティに晒す」という矛盾だらけの民主党の蓮舫党首が、安倍政権の批判に終始するあまり、国益そっちのけで一人悦に入っているようだ。政治家の風上に置けない議員である。どんな事案でも、国益最優先で臨まなくてはならないというのに、野党議員の多くは自党や自身のためだけに動いている。

議員だけではない。日本の外務省の無能さも有名だ。事なかれ主義、前例主義などから抜け出すことができない。戦略や駆け引きといった策が全くない。「外交」ではなく「社交」をしてきたのが日本外務省らしい。

外務省の怠慢

森政権時代にあと一歩で北方領土を取り返すというところまで行きましたが、まさにその時に、領土交渉を望まない一部の外務官僚の画策によって鈴木宗男議員や佐藤優氏が国策捜査によって逮捕され、領土交渉が頓挫してしまうということがありました。

『月刊日本』編集部2016年11月26日  政治家をやめる覚悟で北方領土交渉に挑めより


さて、韓国は、どっちを向きて進んでいるのだろうか?

 数日前、日本の雑誌に「韓国は息をするようにうそをつく国」という記事が載った。不快な記事ではあるが、韓国の警察庁の統計を引用して「偽証・詐欺・虚偽告訴の罪で起訴される人間は、人口比例で日本の165倍」と突き付けられると、返す言葉がない。

 朴槿恵大統領は、最初の国民向け謝罪で、崔被告について「演説や広報」に関する意見を聞いていたかのように語っていたが、崔被告に送った書類の中には政府高官の人事や、国務会議(閣議に相当)の資料まで含まれていた。大統領府(青瓦台)が補佐システムを完備した後は、崔被告に書類を送らなかったと言うが、実際は今年4月まで送っていたことも判明した。

 朝鮮王朝時代、オランダの船員ハメルは『朝鮮幽囚記』に「朝鮮人はうそをつく傾向が強い」と記した。誇張ということもあり得る。しかし崔順実事件を見ていると、韓国人には本当に「うそのDNA」があるのではないか、という恥ずかしい気持ちを抱いてしまうのも事実だ。

息をするようにうそをつく韓国人より
朝鮮日報 崔源奎(チェ・ウォンギュ)論説委員


国全体が崔順実(チェ・スンシル)問題に振り回されるようになってから1カ月が過ぎた。このままでは左翼(親北)政権が誕生し、反日もより進むのであろうか? しかし、韓国のメディアも国民も「朴槿恵大統領・退陣」のデモを支持し、まるでお祭り騒ぎの形相を呈している。韓国紙(中央日報)は「世界は別の事実にさらに驚いている。国家元首の退陣を要求する革命的な波がガラス窓1枚壊すことなくこれほど平和的に進められるということに驚いている。国家的暴力性と市民的成熟さが不思議に共存する韓国社会を世界の人たちは驚きの目で眺めている。 」などと自画自賛している。これだけ政治も経済も停滞し、デモの裏には北朝鮮が浮上しているのに、何をのんきに自慢げな記事を書いているのか。発展途上国と言われても仕方がないほど恥ずべき事態である。

しかも大統領の退陣を求めるデモや集会に、「旭日基破る」パフォーマンスとか、「巨大な慰安婦像」が出現したりと、こういう時でさえ反日を便乗させている。

【コラム】後進的な政治が韓国経済の足を引っ張り続けた30年
八方ふさがりの大韓民国、頼りになるのは公務員だけ
日米中、トランプ氏当選後、証券市場上昇…韓国だけ下落
来年4月の早期大統領選挙の悪夢=韓国
世宗市でも鳥インフル発生の疑い、採卵鶏70万羽殺処分準備=韓国
韓流締め出し、中国当局者が明かした「五つの理由」

「カネの力で自己主張」 日本がユネスコ分担金支払い拒否
2016/11/26 朝鮮日報

 南京虐殺の記録が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されたことに対して日本が反発し、年末が近づいた現在も今年のユネスコ分担金約38億円を支払っていないことが確認された。

 日本の外務省は25日、本紙の取材に「ユネスコ分担金をまだ支払っていない」と述べた。「納付期限はいつまでか」という質問には、「ユネスコに確認してほしい」と答えた。読売新聞は「中国が申請した南京虐殺の記録をユネスコが昨年、『世界の記憶』に登録したことに対する反発」と、外交専門誌「ディプロマット」は「旧日本軍従軍慰安婦関連の記録が『世界の記憶』に選定されないように圧力を加えているもの」と分析している。ユネスコは来年初め、韓国・中国・日本・オランダなど8カ国の市民団体と英国の戦争記念館が申請した従軍慰安婦関連記録約2700件の登録審査に入る。

 日本が今年、ユネスコに支払う金額は合計46億2000万円だった。このうち38億5000万円は支払いが義務付けられている「分担金」で、あとの7億7000万円は日本がアンコールワットの修復事業など特定プロジェクトを指定して自主的に支払う拠出金だ。

 日本の外務省はこのほど、拠出金はすぐに支払うが、分担金は今後も支払いを保留すると決めた。下川真樹太国際文化交流審議官は9日、自民党の会合で、「何に使われるかわからない分担金と違い、拠出金は対象国に日本の協力であることが認識されている」と述べたと朝日新聞は伝えた。この決定は、ユネスコにできるだけ圧力を加えながらも国際社会の批判を避けようという戦略と受け止められている。

 日本が支払うユネスコ分担金の割合は約10%で、米国(22%)に次いで分担金支払い国全体の2位だ。日本が財布のひもを固く閉じればユネスコの財政悪化は避けられない状況にある。米国も2011年にパレスチナがユネスコに加入したという理由で5年間にわたり分担金を支払っていない。

 産経新聞は「日本政府はユネスコの制度改善が進展するのを見てから分担金を支払うかどうか判断するだろう」と報道した。一方、毎日新聞は「国際社会で日本の説得力を落とす行為」と、朝日新聞も「お金の力で自己主張を押し通している」と政府を批判している。



慰安婦資料は「ホロコーストをねじ曲げ」 記憶遺産申請で カナダ・ユダヤ人友好協会がユネスコに意見書
2016.11.24 MSN産経ニュース

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(記憶遺産)に登録申請された慰安婦に関する文書について、カナダのトロントにある「カナダ・イスラエル友好協会」が「申請者はホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の意味をねじ曲げている」と批判する意見書をユネスコに送付していたことが23日、分かった。意見書は、ユネスコが一部加盟国の「政治的道具になった」とした上で、「性奴隷」「慰安婦20万人」の主張は裏付けを欠くと指摘している。

 ユネスコへの登録申請は、日本や中国、韓国など8カ国・地域の14市民団体で構成される国際連帯委員会が中心となって行った。登録申請書は慰安婦制度について、「ホロコーストやカンボジアの(旧ポル・ポト政権による)大虐殺に匹敵する戦時中の惨劇だ」と主張している。

 これに対し、友好協会幹部のユダヤ人、イラナ・シュナイダーさんら3人が署名した意見書は「ホロコーストに匹敵するものはなかった」とする元駐日イスラエル大使のエリ・コーエン氏の指摘を引用して反論。

その上で、「中国によるチベット侵略の方がホロコーストの概念により近い」とし「もっとひどいのは文化大革命だ」と強調した。

 また、慰安婦問題が東京裁判でも問題にならなかったことや、米当局の調査でも慰安所で働いていた女性のほとんどに給与が支払われていたなどとして「性奴隷説」が証明できていないと指摘した。

 1991年まで慰安婦の存在が世界に知られなかったのを、アジアで「女性の性」がタブー視されていると説明した登録申請書は「説得力がない」と一蹴。慰安婦問題は経済力を持つようになった中韓が反日感情をあおるための「道具の一つだった」と解説した。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する