駄文・散文帳
2016年11月26日 (土) | 編集 |
年金制度改革法案 衆院委で可決
日本テレビ系(NNN) 11/25

 年金支給額の上昇を抑えるため物価が上がっても賃金が下がれば年金額の削減を可能にする年金制度改革法案が民進党などが反発する中、25日午後、衆議院の委員会で採決された。

 怒号が飛び交う中、採決された年金制度改革法案は自民・公明・日本維新の会の賛成多数で可決した。民進党などは塩崎厚労相に対する不信任決議案の提出を検討するなど反発を強めているが、与党側は29日の衆議院通過を目指している。

 これに先立つ審議では、民進党議員の年金3割カット法案との批判に対して安倍首相が声をあらげて反論する場面があった。

 民進党・柚木道義議員「この“将来年金3割カット法案”を、強行採決をすると。そういう提案がすでになされております。今と未来の年金生活者を完全に無視することになりますよ」

 安倍首相「こんな議論をやってたんじゃ、何時間やったって同じですよ。確かに、そうやって非難すれば、年金に対する、我々の法案に対する不安をあおるかもしれませんが、皆さんだって、決して皆さんの信用は上がることはないですよ。はっきりと申し上げておくけど、民進党の支持率が上がるわけではないんですよ」

 年金制度を将来にわたって維持するためにどうするべきなのか。与野党の水掛け論が続いたまま法案は参議院に送られることになりそうだ。


年金支給額抑制の強化策などを盛り込んだ年金制度改革法案が25日、衆院厚生労働委員会で与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。民進党議員は「強行採決反対」といったプラカードを掲げて採決に反対し、丹羽秀樹委員長(自民)に詰め寄って議事を妨害した。共産党も反対した。

安倍首相は、年金制度改革関連法案の質疑で「将来の年金水準確保法案であり、(年金制度の)支え手である現役世代の負担能力に応じた給付とするものだ」と意義を強調。批判を強める民進党など野党に対しては「『年金が破綻する』『年金カット法案』といった無責任なレッテル貼りをするべきではない」と反論していた。

野党議員は共産党と社民党をはじめ、民進党の議員でさえ自由民主主義よりも共産主義を良しとするイデオロギーを持っているため、「多数決」という制度を嫌う。おまけに少数野党としては「多数決」で何でも可決されてはたまらない。とはいえ、今の国会を見ていると、このままでは何も決められない。先に進めないのは税金の無駄遣いであるし、政治・経済の停滞を招き、結果的に国益を損ねる。

野党としてもそろそろ、「怒号・腕力・不信任決議案・強行採決反対・レッテル貼り」に勤しんでも支持率がちっとも上がらないことを自覚すべし。

中国は決定が速い。共産党の一党独裁政治だからだ。それは恐ろしいことだが、審議・審議で何も決められなくしてしまうのも怖い。共産主義の野党議員らが決定を遅くし長引かせているというのはブラックジョークか。共産主義国は迅速だ。国民や少数意見など聞く耳を持たないから。

「多数決」は多くの民主主義国家に採用されているシステムではあるが、「少数の人の意見を切り捨てる」という一面がある。しがって「多数決」=「民主主義」と言い切れるものでもない。しかし、与党側が十二分に時間をかけて審議し、できる限り少数意見にも耳を傾けた場合は多数決という方法で可決するのが最良と言える。そうでなければ、いつまで経っても「決められない政治」となってしまう。今の国会は、野党がただただ審議を長引かせ、批判のための与党批判を繰り広げ、野党をピーアールする場と化している。だから安倍首相の以下の発言となる。

「こんな議論をやってたんじゃ、何時間やったって同じですよ。確かに、そうやって非難すれば、年金に対する、我々の法案に対する不安をあおるかもしれませんが、皆さんだって、決して皆さんの信用は上がることはないですよ。はっきりと申し上げておくけど、民進党の支持率が上がるわけではないんですよ」

野党のやっていることは、国益を大きく損ねるだけのパフォーマンスなのだ。それが、やはり政党支持率に表れている。安倍首相にそこまで言わせてしまった野党は、反省すべし。この先、まともな野党になる日が来るのであろうか、疑問だ。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
時事の政党支持率で言うと「民シ~ン党」は、朴大統領の支持率に限りなく近い5.9%だそうです。安部首相の言った事は正しいのですね。
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_politics-support-politicalparty
2016/11/27(日) 09:47:45 | URL | causal #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する