駄文・散文帳
2016年11月20日 (日) | 編集 |
故ハナ&トラ

66-hanatotora.jpg


反トランプデモの正体と米メディアの嘘 日本メディアは情報操作見抜くリテラシー磨け
2016.11.19 ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士

 次期米国大統領にドナルド・トランプ氏が決まったことを多くの米国民が受け入れず、9日夜には全米25都市で抗議の「反トランプデモ」が起きたと、CNNなどのメディアが伝えた。

 「やはりトランプ氏は大統領にふさわしくないのか」と考えた日本人は多いと思う。あなたもその1人だとしたら、メディアの情報操作に対する警戒心が不足している。

 米ギャラップ社が11日に行った世論調査では、米国民の84%が「選挙結果を受け入れる」と答えている。「トランプ氏を正当な大統領として認めない」との回答はわずか15%である。

 つまり、「反トランプデモ」の参加者は「ノイジーマイノリティ」(騒がしい少数派)なのだ。日本で8月に解散した学生グループ「SEALDs」(シールズ)が「反安倍晋三政権デモ」を繰り返し、一部メディアがそれを多数派であるかのように報道したのと、完全に同じ構図である。

 ただ単に、ヒラリー氏を圧倒的に支持したメディアが、民主主義を受け入れる大多数の米国民をバカにする偏向報道を、選挙中から現在まで堂々と続けているだけだ。

 今も「衝撃」や「番狂わせ」と報じる日本メディアは、情報操作を見抜くリテラシーを磨かないと、恥の上塗りになる。



全米で拡大中の反トランプデモ仕掛け人は20代・韓国人女性
2016年11月19日 東スポWeb

 ドナルド・トランプ次期大統領への抗議デモが全米に拡大するなか、「USAトゥデー」紙が「デモにプロ活動家が関与している」と指摘した。

 その“首謀者”として名前を挙げたのが、環境活動家で20代の韓国人女性チョ・ヨンジョン氏。環境NGO団体「350 Action」のメンバーで「脱石炭」「脱原発」を掲げ、表向きは環境問題に取り組んでいるが“正体”はプロのデモ活動家だという。

 今年、「ウィキリークス」が民主党ヒラリー・クリントン氏(69)陣営のメールを暴露した際にも、選挙対策責任者のメールの中にヨンジョン氏が登場。要注意人物として扱われていた。

日本だけでなく、米国でもマスメディアの偏向報道・情報操作など行われているし、またプロのデモ活動家という輩が暗躍している。思えば、人種のるつぼと言われる米国は、いまや有色人種が白人種より人口が上回る。日本以上に、マスメディアもプロ市民も暗躍しているのだろう。

安倍首相、トランプ氏攻略…世界初90分会談の舞台裏 同盟深化で一致「信頼関係築けると確信」より抜粋
2016.11.19 ZAKZAK

 安倍政権の中枢に迫ったノンフィクション『総理』(幻冬舎)がベストセラーとなっているジャーナリストの山口敬之氏は「安倍首相とトランプ氏の信頼関係を構築する第一歩となった」といい、続けた。

 「大統領選後、主要国を含む各国首脳が祝意を伝える電話を入れたが、トランプ氏が『会おう』と決断したのは唯一、安倍首相だけだ。トランプ氏が日米同盟を重視し、安倍首相を重視している表れといえる。トランプ氏は論理的思考が高い人物で、選挙戦を通じて日米同盟やTPPへの見方が変化している。TPP担当の商務長官候補に、安倍首相が9月の国連総会出席時に会談した投資家のウィルバー・ロス氏の名前が出ていることは大きなメッセージだ。2人はともに国益をかけて議論し、『組める相手だ』と理解したのではないか。今後、日米同盟は深化するだろう」


民進党の蓮舫代表は、安倍首相がトランプ氏との会談内容について非公式だとして明らかにしなかったことから、24日の参議院TPP特別委員会で首相に直接ただす予定だという。また、「首相は会談後、『信頼できる指導者だと確信した』と発言された。何をもって信頼できるのか。ぜひ詳しく説明してほしい」とも言っていて。蓮舫氏は自身の国籍問題をかわすために必死なのだろう。今なぜ「非公式」なのか、分かっているはず。逆に安倍首相がオバマ大統領とトランプ氏との約束を破ってベラベラ喋っていたら、日米の信頼が失われる。オバマ大統領への配慮と、正式に大統領に就任していないトランプ氏への配慮なくして、会談は成立しなかったであろう。

18日のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」で、ジャーナリストの山口敬之氏が解説していた。ホワイトハウスから安倍首相とトランプ氏双方に、オバマ氏がまだ大統領なので2人大統領がいる形は避けてほしい、会談時間も2時間は長すぎるし出来れば1時間未満にしてほしいなどの要求があったそうだ。さらに、それぞれのスタッフを入れての本格的な首脳会談という設定も避けてほしいと。それで、予定していた食事もやめ、あくまでもAPECに行く途中でトランプ氏邸に立ち寄ったかたちにしたという。

蓮舫氏は、そういう情報を知らないのかなぁ~

同じ民進党の議員でも、長島昭氏は蓮舫氏とは正反対の意見をのべている。安倍首相を評価している。

11月18日
私は率直に評価します。会わないより会う方が良いに決まってます。会談の中身は気になりますが、もう米国新政権との外交的駆け引きが始まっているのだから、中身を明かせる訳がない。どこが政権でも同じ。何でも批判では国民の信頼はおろか国民の感覚からどんどん離れて行くのではないかと危惧します。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する