駄文・散文帳
2016年11月11日 (金) | 編集 |
安倍首相とトランプ氏、17日にNYで会談へ
朝日新聞デジタル 11/10

 安倍晋三首相は10日朝、米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏と約20分間、電話で協議した。両者は今月17日に米ニューヨークで会談する方向で一致。首相はペルーで19~20日にあるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議へ出席する前に、ニューヨークを訪問する。

 日本政府の説明によると、電話は首相からで、大統領選勝利への祝意を伝えた。これに対し、トランプ氏は「首相の今日までの業績を高く評価している。今後数年間、ともに働くことを楽しみにしている。日米関係は卓越したパートナーシップであり、この特別な関係をさらに強化していきたい」と答えたという。

 首相はさらに、「世界の経済成長の中心であるアジア太平洋地域の平和と安定は米国の力の源泉であり、強固な日米同盟はこの地域の平和と安定を下支えする不可欠な存在だ」と強調。在日米軍の駐留経費問題や環太平洋経済連携協定(TPP)は話題にならなかったという。

 首相から早期の会談を要請したところ、トランプ氏は「両国にとって前向きな議論をしたい。17日ならニューヨークにいる」との返事があり、今月17日に会談する方向で調整することになった。

 日本政府にとって、公職経験のないトランプ氏との早期の関係構築が課題で、大統領就任前の異例の会談となる。首相は実際に会談することで、両者の信頼関係を築き、日米同盟の強化を確認する狙いがある。


池田信夫氏はトランプ氏を「少なくとも朝日新聞のように退屈で偽善的なヒラリーよりはおもしろい。」と評している。「トランプはよくも悪くも、平均的なアメリカ人を代表している。それは日本人の知っているニューヨークやカリフォルニアではなく、中西部の田舎のおじさんおばさんだ。彼らの受け継いでいるのは、独立革命でイギリス本国と戦い、国家権力に対する不信感をもつ保守派の伝統だ。」と言う。

米国の大統領の任期は1期4年、次の選挙に再びトランプが出馬して勝てば長くて2期8年は続く。奇しくも韓国のネット掲示板に「こうして見ると安倍がまともな人に見える」というスレッドが立ったので、笑ってしまった。

昨日の朝、テレ朝「グッド!モーニング」の各社朝刊一面を紹介するコーナーで、どこもトランプ氏の記事なのだが、産経新聞だけが異なる視点の内容だったと批判していた。みんなトランプ氏が次期大統領と決まって大変なことになったと驚いているのに、産経だけが「トランプ大統領で、いいじゃないか」と東京本社編集局長が書いていたからだ。なぜテレ朝が批判的なのかというと、「反日」だし、現実が変わってきていることをわきまえない朝日だからだ。
以下に一部引用をする。
トランプ大統領で、いいじゃないか 東京本社編集局長・乾正人 
2016.11.10 MSN産経ニュース

トランプ流の「在日米軍の駐留経費を全部出せ」といったむき出しの本音には、日本も本音で向き合えばいいのである。

 大統領になったらそんなむちゃな要求はしないだろう、という幻想は捨てなければならない。いよいよ米軍が撤退する、となれば、自衛隊の装備を大増強すればいい。その際は自前の空母保有も選択肢となり、内需拡大も期待できる。沖縄の基地問題だって解決に向かうかもしれない。

 トランプ氏が“容認”する日本の核兵器保持は、唯一の被爆国という国民感情が強く、現実的ではないが、中国をにらんだ外交カードとしては有効だ。

 TPPも米国抜きで発効させる方策を真剣に検討していい。

 日米安保体制の枠内で憲法9条がどうの、安保法制がどうの、といったことが大問題となった牧歌的な世界はもはや過去となった。

 日本も米国に軍事でも経済でも過度に依存しない「偉大な国」を目指せばいいだけの話である。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する