駄文・散文帳
2016年10月30日 (日) | 編集 |

中国が沖縄の領有権主張 沖縄開戦直後 カイロ宣言ほご 混乱乗じ 英機密文書「ウルトラ」で判明
2016.10.29 MSN産経ニュース



「中国の脅威など難しくて分からない」「災害時にはまず自分が優先」石垣市で陸自配備めぐり公開討論会 反対派から飛び出す無責任発言より抜粋
2016.10.29 MSN産経ニュース

すでに沿岸監視隊が配備された与那国町では、住民投票にまで持ち込んだ反対運動は見る影もない。配備反対派として25年の町長選に出馬し落選した崎原正吉氏は「もう配備されたから反対運動は何もしていない」と話す。

 崎原氏は配備前の反対運動について「東京や大阪から教職員や鉄道系の組合員が(支援者として)応援に来た。横断幕とのぼり旗も作ってきてくれた」と振り返る。そうした支援者は普天間飛行場の名護市辺野古移設や北部訓練場(東村など)のヘリパッド移設の反対運動に加え、石垣市の反対運動にも転戦していると明かした。



【衝撃動画】辺野古テント村 韓国から来た青年がアメリカの基地反対を訴える!「アメリカベース 反対 反対!」
2016年10月29日 保守速報



いつまでもあると思うな日米同盟
2016年10月25 池田信夫



韓国政府 中国に軍事情報協定締結を提案
2016/10/28  ソウル聯合ニュース


沖縄の反基地運動を見ていると、反対派は本土から反政府のプロ市民団体と共に「言いたい放題・やりたい放題」のデモや活動をしている。何をやってもほとんどのメディアが批判しないどころか応援してくれるし、何をやっても政府はカネを出し続ける。何をやっても米軍は撤退しないという安心感を持っている。ということは、仮に米軍が一斉に撤退したら沖縄はどうなるのかと想像してみると、非常に沖縄問題が分かりやすくなってくる。米軍・自衛隊の基地の地主は4万3025人いる。地主に支払われる賃貸料は11年度は918億円だったと。

ほとんどのメディアが報道しているような沖縄の実態はウソで、米軍基地があることで生じる問題や経済効果、県内でも地域により意識の格差がある状況で、沖縄県民の総意というものを一色で語ることはできない。

地主の年収より抜粋
2016年10月30日 沖縄タイムス

 沖縄防衛局が発表した2011年度の軍用地料の支払額別所有者数(米軍・自衛隊基地)によると、地主4万3025人のうち100万円未満の地主が全体の54・2%に当たる2万3339人で最も多い。

 次いで100万円以上~200万円未満が8969人で20・8%を占め、200万円未満の割合が75%にのぼった。

 500万円以上は3378人で7・9%だった。

 軍用地料は国が市町村含む地主と賃貸借契約を結び、米軍と自衛隊に土地を提供する。地主に支払われる賃貸料は自衛隊基地を含み11年度は918億円だった。



米軍基地による経済効果

沖縄県内における米軍施設で雇用されている沖縄県民は総勢8,942名です。(平成25年3月)

米軍は沖縄県内において、沖縄県庁に次ぐ二番目に大きな雇用主で、去年、日本人従業員に支払われた給与は350億円以上となっています。


米国はヒラリー氏が大統領になっても内向きになりつつあることには変わらない。日本が自国のことは自国で守るという姿勢がなければ、どんどん米国は日本から手を引いていく可能性が高い。東アジアを含め、グローバルなパワーバランスの変化が起きていて、テロの驚異にもさらされている今、日本だけが憲法9条を守っていれば平和でいられるなんて寝言を言っているのは共産党と社民党と蓮舫氏らだけである。民進党のなかにも危機感を感じている議員が少なからず存在する。

自治体議員の中で共産党の議員が占める割合が全国一の京都府。明治維新による首都移転後、東京や中央権力に対する反発心が強まったとされる独特の「京都人気質」も影響していると言われる。そのなかで、11月1日の「自衛隊記念日」を前に、海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市余部下)で29日、記念式典が行われ、自衛隊の活動を支援してきた個人や団体に感謝状が贈られたという。

政府は日本と韓国が安全保障上の機密情報を共有するための軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結に向けて、来月にも交渉を再開する方針のようだが、韓国では日本との連携に対する抵抗感が根強いうえに、朴大統領が公職に就いていない親友に政府の内部資料を渡していた問題への批判が高まり、協定の締結は難しいようだ。しかし、韓国政府は北朝鮮関連情報を入手したいために中国にも軍事情報協定締結を提案しており、言うまでもなく韓国は信用ならない。もちろん中国も信用ならない。日本の不幸は、こんな国々が隣国であるということだ。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する