駄文・散文帳
2016年10月24日 (月) | 編集 |

共産・小池晃書記局長、民進への不信感あらわ 衆院東京10区補選で
2016.10.24 MSN産経ニュース


共産党の小池晃書記局長は衆院東京10区と福岡6区の両補欠選挙で民進党候補が敗れたことについて、「『本気の共闘』が貫けたのか。きちんと互いに推薦し合わなければ勝てない」と述べ、共産党からの推薦依頼を断った民進党執行部を批判した。民進党は今回の選挙戦で、共産党候補の取り下げを求める一方、共産党からの推薦は断り、両党間で政策協定は結ばないという対応を取ったのだ。次期衆院選では「もう一方的に候補を下ろすことは全く考えていない」とも述べ、両党候補の相互推薦を絶対条件とする考えを示した。小池さん、相当お怒りのご様子。選挙前から民進と共産両党の温度差は浮き彫りになってはいたが。

「蓮舫姉さんのために!」と意気込んでいた落選の鈴木庸介氏だが、有権者のためにではなく、蓮舫姉さんのためじゃぁ駄目だよ。おまけに、今どき「丸刈りになって登場」したとか。政治家には向いてないね。

代表就任後、初の国政選挙となった蓮舫氏は福岡県で街頭演説したり、長崎県で遊説したが、補選結果を受けての党本部での会見はせず、党関係者が「文書で談話を出します」と話すのみだったという。逃げちゃったかな。いいとこ取りなんて、ずるいなぁ。

民進党は支持母体である連合に「原発推進」の電力総連を抱えているため、新潟県知事選挙では自主投票としていた。だが、野党系候補の優勢が伝えられると、蓮舫氏は投開票前々日に新潟入りし、街頭演説を行った。連合新潟は自民・公明両党推薦の森民夫氏支持を決めていたのだから、連合の会長は記者会見で「(与党系候補を支援した)連合新潟にとっては、火に油を注ぐようなものだった」と述べ、蓮舫氏の対応を批判した。

蓮舫氏は国会で、過去に核保有を検討すべきだと言及した稲田防衛相に対して、舌鋒鋭く批判していたが、蓮舫氏自身は朝日新聞などで「私のアイデンティティは台湾人だ」とか「日本のパスポートがいやだ」なんて言っていたわけで、しかも国籍問題では蓮舫氏の二転三転した弁解は全てウソだったし、今年まで27年間、「義務に違反した状態」だった。過去の発言に関しては、蓮舫氏自身の方が大問題である。稲田防衛相は何も問題はないので涙ぐんだりしないでほしかった。核保有を「検討するのも問題」なんておかしい。大いに検討すべし。検討するだけでも抑止力になる。蓮舫氏のように「憲法9条を絶対に守る」なんて言ってるから、中国に舐められるのだ。尖閣諸島に押し寄せてくる中国の船に目を瞑っているのか。中国寄りの議員なのか。

「蓮舫効果なし」と不満表面化=菅長官、TPP早期承認に全力-民進
2016/10/24 時事ドットコムニュース



厚労省幹部、年金改革批判の民進バッサリ「責任ある対案を」 民主時代に同様の抑制案より抜粋
2016.10.24 ZAKZAK

 民進党が今国会で「年金カット法案」と批判している年金制度改革関連法案に関し、旧民主党が提案した新年金制度に同法案と同様の賃金変動に基づく年金抑制強化策が盛り込まれていることが分かった。年金の受取額がすぐに減るのではないかとの印象を強めようとする民進党の国会戦術を受けて、法案の今国会成立は視界不良状態になっているが、政府への批判がそのまま民進党に跳ね返る可能性がある。



韓経:「韓国の為替介入を問題視する米国、アベノミクスは容認…韓国の外交失敗が理由」
2016年10月24日 中央日報



韓経:【社説】安倍首相の外交はピークだが、韓国は…より抜粋
2016年10月24日 中央日報

15カ国の首脳が9月から12月の間に日本を訪問すると、日本経済新聞が報じた。安倍首相は1カ月間に平均5人以上の首脳に会うということだ。安倍外交の驚くべき成功だ。いま世界的に話題になっているドゥテルテ・フィリピン大統領があす日本を訪問し、安倍首相と首脳会談をする。ドゥテルテ大統領は数日前、習近平中国主席との会談で「米国と決別する」と宣言し、国際政界を揺るがしている。ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問も来月1日に日本を訪問する。モディ・インド首相も、ナザルバエフ・カザフスタン大統領も訪日する。もちろんロシアのプーチン大統領も、ドイツのメルケル首相も安倍首相に会う。

米大統領選挙と中国の独自路線による北東アジア地域の急激な政治地形変化が予想されている。北朝鮮の挑発的な行動も大きな変数だ。世界的な「力の空白」を話す学者も多い。その中で政治経済的な実利を得るために各国が日本に向かっている。多極化に合わせた連衡戦略で日本が核心パートナーに浮上しているのだ。もちろんその間、日本が積極的で能動的な外交戦略をした結果だという事実は否定しがたい。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する