駄文・散文帳
2016年10月12日 (水) | 編集 |

順調なスタートを切った若狭陣営
2016年10月11日 早川忠孝

衆議院東京10区の補欠選挙が今日スタートした。
若狭陣営は、順調なスタートを切ったようである。
マスコミの取材攻勢が凄まじい。
あらゆるメディアがこの補欠選挙に注目しているようである。

大勢のマスコミを前にして、若狭さんは、自分は正論を言い続ける政治家でありたい、と堂々と宣言した。

自民党の内外で正論を言い続ける、自分は検察官として長年巨悪と戦い続けてきた。
政治家になったのは、この国をクリーンにするためだ、などと言えば、思わず身震いする人がいるのではないかと思うが、若狭さんの敵はどうも補欠選挙の対立候補などではなく、別のところにあるようだ。

マスコミの皆さんがどのように受け止めたか知らないが、私には若狭さんがこれからも独立独歩の歩みを続けていく、と宣言したように聞こえた。
この補欠選挙を蓮舫対小池の戦いだ、などと書いている新聞があったが、私にはどうも蓮舫さんも相手候補も若狭さんの視野に入っていないように思える。

こういう戦い方もあるなあ、と感心している。

まあ、小池さんと同じようなものである。

こういうものの言い方をされると、民進党や共産党の支持者の方もあの候補だけは絶対にダメだ、何としても落とそう、などと言い難くなるのではないだろうか。

一般の有権者の反応を知りたいものである。



ポジティブ志向の私でも蓮舫さんに補選出馬や衆議院転身は求めない
2016年10月10日 早川忠孝

民進党が新潟知事選、衆議院東京10区の補選、衆議院福岡6区の補選と立て続けに3連敗したら民進党が崩壊する、衆議院東京10区の補選で小池さんの後継を狙う自民党公認の若狭さんと戦って勝利するくらいでないと、民進党はお先真っ暗になる、くらいの物言いである。

民進党の中から国会議員の二重国籍禁止法案制定への賛同の声が上がるくらいの情勢だから、参議院議員の蓮舫さんが衆議院への転進を表明したら、益々この問題に火が点いてしまう。


「百合子vs蓮舫」の代理戦争が開戦。とはいえ、小池百合子氏の貫禄と品性には誰も敵わない。ましてウソつきで品のない蓮舫氏では、小池氏の足元にも及ばない。小池氏は落ち着いた物腰で言うべきことは言い、素晴らしい。滑舌が良く、声も良く、話し方にも気品がある。都の改革にも一生懸命とり組んでいる。

都民ではないが、「正論を言い続ける政治家でありたい」と宣言した若狭勝氏を応援する。

以下、気になったニュース。

24歳東大卒女性社員が過労死 電通勤務「1日2時間しか寝れない」 クリスマスに投身自殺 労基署が認定
2016.10.7  MSN産経ニュース

25年前の「事件」から何も学んでいなかった電通 OBも「サービス残業を武勇伝のように話す洗脳社員がいた」と告発
キャリコネニュース 2016年10月11日

電通「過労自殺」事件にみる労働生産性の低さ
2016年10月10日 池田信夫



外国人の土地・森林取引規制維新法案、全容判明 事前届け出義務づけや取引中止命令、罰則も
2016.10.10 MSN産経ニュース



「TPP、近く参加決定」=韓国産業相
2016/10/10 時事ドットコムニュース

 韓国の周亨煥産業通商資源相は10日、経団連の榊原定征会長らと会談した。周氏は環太平洋連携協定(TPP)について「近く参加を公式に決定するので、その際には、日本の経済界、政府の協力をお願いしたい」と述べた。経団連が明らかにした。
 韓国政府はTPPに関し、参加を念頭に検討を続けていたが、閣僚が公式決定の方針を示したのは初めて。



サムスン、ついに「ノート7」生産打ち切り 株8%下落、時価総額1.7兆円縮小
2016.10.12 SankeiBiz



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する