駄文・散文帳
2016年10月02日 (日) | 編集 |

【門田隆将の新聞に喝!】
新聞は蓮舫代表の二重国籍問題を正確に報じたか? 重要なファクト隠し論点をすり替えた「朝日」「毎日」 より抜粋
2016.10.2 MSN産経ニュース

 新聞は、ファクト(事実)を正確に伝えているだろうか。それとも論点をすり替えることに加担しているのか。

 久々に、そんな興味深い考察をさせてくれたのが、ネットから発信されて広がった蓮舫氏の二重国籍問題だった。


 新聞は、ファクト(事実)を正確に伝えているだろうか。それとも論点をすり替えることに加担しているのか。

 言うまでもないが、日本の国籍選択は、国籍法第14条によって規定されており、「二重国籍」は認められていない。また、外務公務員法には「外務公務員の欠格事由」の項目があり、二重国籍は厳しく戒められている。

 しかし、蓮舫氏は、二重国籍を隠したまま、参院議員に3度当選し、平成22年には、行政刷新担当大臣という閣僚の座にもついていた。16年の参院選の選挙公報には「1985年、台湾籍から帰化」と書かれており、これは公職選挙法の経歴詐称にあたる。また、ネットの告発を契機に過去の蓮舫氏の発言も次々と明らかになった。

 「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」(朝日 4年6月25日付夕刊)

 「そうです。父は台湾で、私は二重国籍なんです」(週刊現代 5年2月6日号)

 「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(朝日 5年3月16日付夕刊)

 「だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」(「CREA」 9年2月号)

 …等々、かつて、蓮舫氏は、二重国籍を隠すことはなく、堂々とこれを表明していた。つまり、蓮舫氏は、「うっかり手続きを怠っていた」のではなく二重国籍を認識し、その上で国会議員となり、閣僚となっていた。そして今回の告発がなければ、二重国籍のまま自衛隊の最高指揮官であり、外交責任者たる「総理」を目指す野党第一党党首となっていたのである。問題の核心は、ここにある。

 では、新聞はこれをどう伝えただろうか。この核心をきちんと報じていたのは、読売と産経2紙だけで、ほかはこれらの重要なファクトを隠した上で、〈「純粋な日本人」であることは、それほど大切なのだろうか?〉(朝日 9月25日付)〈根底には純血主義や排外主義、民族差別意識があると感じる〉(毎日 同21日付)といった具合に論点はすり替えられた。

そこに生じたのは、ネットでも情報を取得する層と、新聞やテレビのみにこれを頼る層との圧倒的な意識の乖離(かいり)である。

 国民にとって、新聞は、もはや必要不可欠な存在なのか。そんなことまで考えさせてくれた蓮舫氏の二重国籍問題だった。


マスメディアの偏向報道には目に余るものがある。特に、朝日新聞・テレビ朝日と毎日新聞・TBSはひどい。最近も、衆院予算委員会で民進党の細野豪志氏が「スタンディングオベーションは聴衆から自発的に起こるもので、違和感を覚えた」などとただしたが、朝日系や毎日系は細野氏の意見を支持するような報道だ。民主党政権下でも、鳩山由紀夫首相の所信表明演説中に民主党議員がスタンディングオベーションということがあった。まるでヒトラー・ユーゲント(ナチス党の青少年組織)のようであった。しかも、民主党議員らのは鳩山首相に対してのそれであったが、今回は安倍首相ではなく自衛隊の方々への敬意である。どちらが違和感があったというべきであろうか? 細野氏も相変わらずだ。民進党には国益を考える政治家がいないなぁ。今、最も重要な案件は「財政と社会保障の破綻からいかに日本を救うか」である。憲法9条を守れとか安保法廃止などではない。まして民進党はノー天気なところが危険だ。池田信夫氏は民進党について以下のように述べている。

▶「自身の国籍も、国籍の持つ意味も理解しないような人物が、堂々と自衛隊の最高指揮官である首相を目指し、周囲から疑問も異論も出ない民進党は、もはや常識の世界を超えてしまっている。」
「北朝鮮の崩壊が迫っている今、国家や国籍をどう考えるかは外交や防衛のコアだ。」

蓮舫氏の国籍問題に関しても、事が発覚する前に蓮舫氏は「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」と言っていたのだ(朝日 4年6月25日付夕刊)。自分のことを「二重国籍」「在日の中国籍」「国籍は台湾」などと、蓮舫氏は二重国籍を隠すことはなく、堂々とこれを表明していた。つまり、蓮舫氏は「うっかり手続きを怠っていた」のではなく二重国籍を認識し、その上で国会議員となり、閣僚となっていた。これは「違法」であるし、重大な「裏切り」である。詐欺である。遵法精神に欠けている。それを朝日や毎日は蓮舫氏をかばい、問題をすり替えて報道し続けている。もうこれは「反日」としか思えない。日本を衰退させ、中国を喜ばせる言動だ。恐ろしい。

朝日と毎日のすり替える二重国籍問題
2016年10月02日 池田信夫

門田隆将氏のコラムで知ったが、朝日新聞と毎日新聞がわかりにくい表現で二重国籍を擁護している。朝日は国籍法違反を擁護して批判を浴びたので、松下秀雄編集委員は「『純粋な日本人』であることは、それほど大切なのだろうか?」と問題をすり替えている。日本国籍は「純粋な日本人」を示すものではなく、国籍法は台湾系の日本人を排除してもいない。二重国籍を認めるかどうかは一長一短で、図のように世界的にも半々だ。

八幡さんも私も「台湾人を父に持つ蓮舫氏が日本を守れるのか」と言ったことはない。生まれた父親を選ぶことはできないので、それを根拠に「疑念」を言うのはおかしい。日本も1984年までは父系血統主義だったから蓮舫代表は自動的に台湾籍になっので、85年に国籍法が改正されて彼女は日本国籍を取得した。

そのとき「台湾籍をちゃんと抜いた」という彼女の話が嘘だったから、われわれは問題にしているのだ。

さすがに朝日も毎日も、正面きって「国籍法違反は悪くない」とは言えないので、「やはり根底には純血主義や排外主義、民族差別意識があると感じる」といった印象論で逃げている。そう感じるのは自由だが、その印象に根拠があるなら論理的に表明し、誤った印象なら是正するのがジャーナリズムというものだろう。



安倍首相の自衛隊拍手を批判し続ける民進党の軽さより抜粋
2016年10月01日 井本省吾

一体、民進党は今、中国や北朝鮮が日本に向けて起こしている軍事攻勢をどう思っているのか。危機感を覚えないのか。危機感があるのなら、一触即発の事態さえありうる現状をにらんで、日夜努力している自衛隊や海上保安庁の隊員に対し「ご苦労様」と拍手を送っても不自然ではない。

それでなくとも日本は憲法9条2項によって日本は「陸海空軍その他の戦力は保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と定めているからだ。一般的な日本人がこれを素直に読めば、自衛隊が憲法違反であることは明らかである。

自衛隊は憲法によって正規に認められていない「日陰の存在」なのだ。それなのに存在している。その居心地の悪さを、彼ら自衛隊員らに戦後60年以上も味わわせている。その責任は憲法改正をしない(あるいは逆に、違憲として自衛隊を廃止することもしない)国民、有権者にある。

自分で防衛責任をとらずに、米国に任せる居心地の良さを維持したい。でも、まったく軍備を持たないことも現実にはできない。で、憲法違反の疑いの濃い自衛隊を60年間も続けてきた。

ところが、昨今の中国、北朝鮮の軍事力拡張と米国の内向き志向で、自衛隊の存在がますます重要になってきた。震災などへの対処もあって、それでなくとも自衛隊の重要性は増している。その「ありがたさ」から違憲ながら自衛隊を存続させている後ろめたさが与党である自民党員にはある。それが安倍首相の演説に伴う自衛隊員らへの拍手、スタンディングオベーションを導き出したのである。

本来、自衛隊員を日本防衛の正規の職員として認める憲法改正を早急にしなければならないのである。

ところが、民進党はそれを理解せず、「平和の政党」であるかのようなイメージを維持するために安倍批判を繰り返している。

そのノー天気な姿勢を不安に思うから、国民の支持率が少しも上がらないのである。まともな大人の政党といえるだろうか。「いい加減にせよ」と言いたい。

そう言わずに、何度も民進党の安倍批判を掲載する大手メディアもどうかしている。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する