駄文・散文帳
2016年10月01日 (土) | 編集 |

民進党の蓮舫代表を追及させたら蓮舫代表が一番!? 「蓮舫VS蓮舫」に編集されたパロディー動画「ブーメランの女王」が大人気より
2016.10.1 MSN産経ニュース



民進党には、国会などで相手に対して強い語調でただす議員が数人いる。辻元清美氏と蓮舫氏と山尾志桜里氏らである。あのクイズ王と言われている小西博之氏も顔負けの剣幕で容赦なく攻め立てる。しかし、彼女らは自身の不正に対して責められると、問題をすり替えたり、納得のいかない言い訳に終始し、逃げている。辻元氏など逮捕されて泣いていた(辻元清美秘書給与流用事件)。山尾氏は常識外れな多額のガソリン代やコーヒー代の支出など「政治とカネ」をめぐる数々の疑惑が指摘されたが、いまだにきちんとした釈明をしていない。人呼んで「ガソリーヌ」疑惑。蓮舫氏は論外である。民進党の良識を疑う。

動画でも分かるように、蓮舫氏は行政刷新担当大臣時代に▶「人を指差すだけはやめた方がいいのかなぁと」と言っていたが、自分でも人を指差している。▶「いや、ちょっとよく考えてください。これは、まぁいいじゃんというレベルのものではありません。この感覚に鈍感さに呆れるんです。私は一度ここはケジメを付けられた方が良いと思います。引責をして、再出発をするというお考えが何処かで検討していますか?」などとも言っている。

まだまだある。▶「あのー法律を全く自分に都合のいい解釈をしないで頂けますか?」▶「認識されているんじゃないですか?でも認めると自分が法律違反していると、認めるから言えないだけであって二転三転して、全く整合性が取れていないということを、御自身で一度整理をされた方が良いと思うのですが、どっちが正しいんですか?」▶「疑いを受ける事を行なってしまった。これからやりませんではなく、やった人を任命したのは、不適任だったと、思わざるを得ません」▶「約束守ってない奴が、変なとこで常識ぶるんじゃないよ!まず理事会やれ!まず理事会やれ!!ウソつきだろお前等は!!!(絶叫)とんでもねーよ!(絶叫)」▶「トップとして、その意識で宜しいのでしょうか?職務に専念する事で、責任を果たして行くと答弁していますが、責任は感じるだけではなく、とって欲しいと思います。自らが時の総理に言われたように、適任は果たすではなく、とって貰うように進言するべきではないでしょうか?」

小泉進次郎氏は「私は、今の答弁を聴いていて、蓮舫さんが、なぜ人気があるのか分かりませんね。全然、ハッキリしないんですよ」と呆れていた。そう、蓮舫氏は人には「あのー全くハッキリしない。らしくない答弁をありがとうございました。これも国民の理解を得られると100パーセントの自身を持って言えますか?」と攻撃していたが、自分も「ハッキリしない、らしくない答弁」を繰り返しているのだ。

この辺で、蓮舫氏は胸に手を当てて、今まで人に何を言ってきたか思い返してみよ。そして、人に言ってきたことを自分にも言いなさい。まさにブーメランの女王だ。

瓦解する民進党より抜粋
2016年09月29日 北尾吉孝

あれだけ他人(のウソ)を批判してきていながら、自分自身の(大)ウソを指摘されると見苦しい言い逃れをするような人を代表にせざる得ない時点で、(民進党には)より悪い印象を持ちました--之は先週リツイートした日経電子版記事、『民進の印象「刷新しない」86% (クイックVote)』の中で紹介されていた30代男性の一コメントです。

蓮舫二重国籍問題」に対しては、国民的批判を受けながら民進党の中では結局、「口先だけの女性で余計にイメージが悪くなった」人を野党第一党の次期党首に本当に選んで良いのか、という議論が全くなされませんでした。

本件民進党が如何に駄目な政党かを如実に物語っていると言えましょう。「手続きが終わったら、この問題は終わり」で済むはずがありません。象徴的には此の蓮舫問題ですが、此の代表の決定という最重要な事柄にぴしっと筋を通した結論を下せぬ政党に存在価値はありません。

政治というものは畢竟「人を動かし、世を動かすこと」ですが、人も動かせねば世も動かし得ない人物不在の民進党は、日本の将来の為にも早々解体すべきでしょう。

もっと言うと極め付けは「民主党衰退の張本人」野田佳彦氏の幹事長就任で、ここまで来ますと私には理解不能です。嘗て胡錦濤体制から習近平体制への移行期という極めて大事な状況下、当然起こるべき事態を予測もせずに都知事ごときに振り回され、米国も反対した尖閣諸島国有化などという暴挙にあのタイミングで無神経にも出てしまった、その人こそ正に野田佳彦という政治家なのです。

先日リツイートしておいた産経ニュース記事、「蓮舫氏の二重国籍疑惑を不問に付す民進党は、国家を否定・軽視して大混乱を招いた旧民主党時代と何も変わっていない」では「民主党は、国家解体を志向する政党だった」との指摘も見られました。

「自身の国籍も、国籍の持つ意味も理解しないような人物が、堂々と自衛隊の最高指揮官である首相を目指し、周囲から疑問も異論も出ない」民進党は、最早常識の世界を超えてしまっているというのが偽らざる私の心境です。浅学菲才な私のような者には、とてもじゃないが付いて行けない、という感がします。


蓮舫氏は上の動画にもあるように、国会で自民党の議員をただす際に、「議員が法律違反の疑いがあるなら、自身の解見を促して、党として調査をして、そして処分をするのが、これが筋ではないですか?」「提案します。今からでも、法律違反の疑いのある御党の議員にちゃんと調査をして、そしてこれが問題がないのか、あった場合には、議員辞職勧告を私は、するべきだと思いますが如何でしょうか?」と責め立てていた。他者に厳しく自分に甘いでは済まない。自身にも厳しく辞職勧告せよ。

なお、蓮舫代表の「二重国籍」問題では、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」が29日、蓮舫氏あてに公開質問状を提出した。質問状を出した理由として、「現状では、国籍選択をされたのか、本当に『二重国籍』状態は解消されたのか、蓮舫氏の一方的な説明に過ぎない」「もし、蓮舫氏が疑惑を追及する立場だったら、舌鋒鋭く『なぜ、証拠書類を出さない』と迫っていたはず」と記している。

鈴木宗男氏は「総理が演説の際、スタンディングオベーションが起きたのは何も今回が初めてではない。政権交代した鳩山由紀夫首相の最初の所信表明演説の後、民主党議員は立ち上がり拍手をした。自然に感動し、スタンディングオベーションをすることに違和感はない。自分達がしたことは善しとして他人はいけないと言う頭作り、考えは極めて一方的ではないか。もっと幅広い大人の対応をするべきである。」と民進党に苦言を呈している。蓮舫氏だけでなく、民進党自体がブーメランなのだ。

以下、楽しいニュースです(^^♪

羽生結弦が史上初!4回転ループに成功 SP首位発進 オータム・クラシック
2016.10.1  MSN産経ニュース



宇多田ヒカルも驚いた!新アルバムが初登場で全米iTunesアルバムランキング6位を記録&称賛の声
E-TALENTBANK  9月29日



アニメ映画『君の名は。』が記録的ヒットに 人気の背景を探る
BBCニュース 2016年09月30日



「ペンパイナッポーアッポーペン」動画が世界的ヒット。ジャスティン・ビーバーもお気に入り
2016年09月28日  ハフィントンポスト日本版



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する