駄文・散文帳
2016年09月19日 (月) | 編集 |

蓮舫氏は「日本人ではないので国会議員になれない」
2016年09月18日 池田信夫

きょう放送の「そこまで言って委員会NP」で、金美齢氏が「2009年に日本国籍を取得するとき、法務局から先に台湾国籍を喪失して喪失証明書を持ってきてくださいと求められた」と証言した。原口一博元総務相も「国籍法14条違反だ」と言った。

第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。


原口「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」

これは八幡さんも私も指摘した通りだ。「外国の国籍を放棄する旨の宣言」をするためには、国籍法16条によって外国籍を離脱していなければならない。これ自体は努力義務だが、それはブラジルのように国籍離脱を認めていない国の場合であり、台湾は国籍離脱できるので、金氏もいうように台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できない。

つまり蓮舫氏は法的にはまだ台湾人なので、日本の国会議員にはなれない。したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失う。



【鳩山由紀夫元首相大いに語る(下)】
蓮舫氏の“二重国籍”問題に「その場の思いつきのように、後で事実はないと判明するようなことはおっしゃらないほうが…」とクギ刺す
2016.9.19 MSN産経ニュース



ホリエモン、蓮舫新代表の民進党に「なんの期待もないんでそのまま溶けちゃってください」
2016年9月17日 堀江貴文


原口一博元総務相によると、台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できず、したがって蓮舫氏は国籍法14条・公職選挙法・政治資金規正法などの違反になるそうだ。つまり蓮舫氏は法的にはまだ台湾人なので、日本の国会議員にはなれない。したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失うと。

蓮舫氏が、いつまで国会議員でいられるのか、あるいは党首を続けられるのか、そしていつ民進党が解党するのか待ちたい。

ドゥテルテ氏が日本の首相だったらより抜粋
2016.09.15 井本省吾

日本は中国や韓国、そして米国の思惑を気にしすぎてビクビクし、「国家」として縮こまっているからだ。まさに外務省の好きな言葉「ハンディキャップ国家」(国家として世界にカネは出すが、軍事貢献はしない国家)そのまま、である。

その外交政策は屈辱的で、国家としての誇りを感じさせない。外国人も国内での活動は自由勝手で、外国のスパイ行為を許している。このままで日本社会の安全と国益は大丈夫なのかと思うほどに。例えば、西村幸祐氏は北朝鮮の核・ミサイル開発が進む背景に、日本の構造汚染があると喝破する。

朝鮮学校への補助金拠出が巡り巡って北朝鮮が核・ミサイル開発に役立っている。パチンコなどの資金が北朝鮮に渡っていることは久しい以前からのこと。それだけではない。

<核・ミサイルの技術開発にどれだけ在日が関与しているか? 京大や立命館の教官にウヨウヨいるはずだ。そして日本以上に韓国が工作され、シナが隠された援助を行う>

日本のメディアも、日本が構造的に北の資金源になっている問題を追及しない。「日本にスパイ防止法ができなければ、永遠に日本の国民、富、資産、知的財産が収奪され続けるだろう」と指摘する西村氏は、先日亡くなった自民党の政治家、加藤紘一氏について、次の事実を紹介している。

<官房長官時代に北朝鮮にコメ支援を行った時には、北朝鮮労働党統一戦線工作部の工作員、吉田猛が加藤氏のスタッフになっていた。こんなことは氷山の一角で報道されない。日本の政界、メディアの中枢に巣喰うスパイの自由になる。普通の国なら加藤紘一氏にもスパイ容疑の嫌疑がかかるだろう>

ドゥテルテ氏なら、加藤氏を容赦しなかったろう。

だが、北朝鮮の船舶は中東で船名、国籍を変えながら取引をしているが、その国旗は日本の港で偽装されている。「北朝鮮はシリアとの関係を深め、核開発だけなくサリンなど有毒ガス兵器の開発に関与している。(それに伴って)実戦経験を積む北朝鮮軍は明らかに日本の脅威となる。日本の官憲、情報機関は何をしているのか?」と西村氏は憤る。

 ドゥテルテ大統領のような行動をとったら、かつて対中外交など米国からの相対的独立政策をとった田中角栄首相がロッキード裁判で米国から排除されたように、政治的生命を奪われる危険もある。

 考えて見れば、トランプ大統領候補が内向き志向で、「日本は自分のことは自分で守れ」と言っている今は、アメリカからの日本が相対的な独立を進めるチャンスなのである。

 国会議員の3分の2以上の賛成が得られる見通しとなった今、憲法9条の改正も可能という機会に恵まれている。やるか、やらないか。ドウテルテ大統領ほどでなくとも、一歩踏み出す意識があれば、事態は大きく変わる。



プルトニウムが中国、北朝鮮の攻撃を抑止する より抜粋
2016.09.19 井本省吾

日下公人氏のウィキペディアを読んでいたら、「プルトニウム」という箇所にこうあった。

<青森県に行ってみると、原子爆弾の材料になるプルトニウムが1千何百キロと積んである。……あれは猛毒だから、中国がもし日本に「原子爆弾を打ち込むぞ。尖閣諸島はおれのものだ」と言ったら、「日本も同じだけの仕返しをします」と答えればよい。(原子爆弾ではないが)猛毒で、3千年ぐらい消えないプルトニウムを、(大量に)水源地にばら撒けば、川の流れに流れて、もう回収できない。下流は、全部人が住めなくなる。「日本にはミサイルがない」「そんなもの要りません、旅客機から、ぱっぱと落としてもよい」。……これは武器に使えるとなぜ思わないのか。>


鳩山由紀夫元首相は、自称「保守リベラル」らしい。反米であることは周知の事実だったが、保守かなぁ? かなりの親中・親韓である。そして、日本の国益などと言ってはいるが、日本の歴史を必要以上に「悪」と決めつけ、中国・韓国の主張を全面的に受け入れている。これは史実を無視した意図的な目論見があるとしか思えない。日本の国益を大きく損ねている言動が多かったし。

真の保守派は井本省吾氏のような考え方に帰するのではないか。

【鳩山由紀夫元首相大いに語る(下)】
蓮舫氏の“二重国籍”問題に「その場の思いつきのように、後で事実はないと判明するようなことはおっしゃらないほうが…」とクギ刺す
2016.9.1 MSN産経ニュース

 「私はね、最初の旧民主党を立ち上げたとき、日本は独立国家であるべきだと(訴えた)。米国に依存する外交、安保をいつまで続けていくんだと。その先に、最終的な目標は米軍基地がない日本を50年、100年たっても、つくらなきゃいけない。でも、それは今すぐにできるものではない。どうするかというと、『常時駐留なき安全保障』という考え方がある。『常駐なき安保』という、例えばそういう発想ですよね。今、私は、こういう考え方は非常に重要になってきていると思うんですね」

 「ですから、こういう議論を思い切って、旧民主党のときにはあったんですけど、だんだん大きくなるにつれて、こういう発想はマイノリティーになって、消えていってしまいましたけど、私は首相のときも、残念ながら封印せざるを得ないときがありましたけど、今はその考え方のもとで、沖縄の問題を考えていくべきだと思っています。こういう議論をして、米国と堂々とやるとかね。後は、原発政策もそうかもしれませんけどね」

 「日本を本当に、真の意味で独立させようよという声って、出てこないですかね。むしろ野党から出したら、面白いと思うんだよね。本当の右寄りの人って、それを願っているはずですからね。それがリベラル側から出てくるっていうと、いいじゃないですか。そういう意味で保守リベラルと思っているんだけど。何でも米国に、AIIB(アジアインフラ投資銀行)もそうだ、TPPもそうだし、原発もどうもそのようだし、基地は言うまでもないし、米国の方向を向いてしか議論ができないような日本が、本当の国益を得ているのかということですよね、私が言いたいのは」



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
都議会自民党と民進党
始めまして。
内田屋茂左衛門一家の都議会自民党は、次回の選挙で生き残る術は無い所まできていますね。「小池新党が出来たら入りたい。」でしょうか? 無理だと思いますけど。
極道の妻-蓮舫姉御率いる民進党も同じ。
離党者続出で「すっから缶」に。
当の韓直人氏は玉木氏支援だそうで。


2016/09/22(木) 10:56:33 | URL | causal #-[ 編集]
蓮舫の一連の中華民国刑法第100条(普通内乱罪)容疑の事実(台湾メディアより)

●台湾籍を持つ者が、中国国民党(台湾政府)と内戦状態にある中国共産党の幹部と政治的な接触をおこなった。
●蓮舫の発言:台湾は中国の一地方であって国ではない、だから台湾国籍なんか存在するはずない。 → 台湾籍の者が台湾における中国共産党の支配を認め国外(台湾外)にて宣伝する行為
●台湾パスポートの使用履歴を調査した結果、台湾籍について虚偽の発言をしたことが判明 

これらの事から、台湾政府として普通内乱罪の容疑について事実確認のための取り調べを行う必要があり、国籍の喪失手続き
は事実上停止となっている。

台湾のメディアでは過去の普通内乱罪で逮捕された事件と比較し、蓮舫に対し帰国と出頭通知を行うのは間違いなく、 謝長廷駐日台湾代表から『蓮舫は正真正銘の台湾人。議員にした経緯を説明せよ』と外務省に要請、段階を経て蓮舫に通知を行うと報じている。
台湾政府は蓮舫の件については対中国共産党カードとして慎重に日本国政府と協議し処理を進めるとの報道。
2016/09/22(木) 22:11:04 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する