駄文・散文帳
2016年09月16日 (金) | 編集 |

【野党の存在価値】蓮舫氏「二重国籍」問題に揺れる民進党 欧米先進国の常識採り入れるべきだより抜粋
2016.09.16 八幡和郎(やわた・かずお) 

 民進党の岡田克也代表は8日の記者会見で、「二重国籍」疑惑が浮上していた蓮舫代表代行について、以下のように語った。

 「多様な価値観というのは、わが党にとってキーワードだ」「(蓮舫氏の)お父さんが台湾出身ということと、(蓮舫氏本人が)女性であることは、多様性の象徴でもあり、民進党の代表としてふさわしい」

 「蓮舫氏の日本国籍と台湾籍のいわゆる『二重国籍』疑惑に関しては、お父さんが台湾の人だから、何かおかしいかのような発想がどこかにあるとすると、極めて不健全だ。民進党はそういう考え方とは対極にある」

 この見識は、あまりにも低いのではないか。

 「野党第1党の党首を目指す以上、台湾籍離脱の証明をすべきだ」という問題提起に対し、まるで「不健全な発想がある」と印象付ける発言をするのは、失礼極まる。

 大体、広い意味での外国系政治家を否定的に見るつもりはないが、「好ましい」というのは逆差別ではないか。

 そもそも、今回の件は、政治家や政党の「コンプライアンス(法令順守)」の問題であり、重要な「国籍」について発言を二転三転させた蓮舫氏の「信頼性」の問題である。それを、「人権」「差別」「多様性」といった言葉に隠れて論じ、問題提起者を攻撃するのは、暗黒政治であり言論弾圧である。

 こういう発想のまま、民進党が政権を獲得したら、どんなやり方で反対派を抑圧するか分かったものではない。


民進党の15日の臨時党大会で党代表に選出された蓮舫氏だが、「二重国籍」問題で見られたように彼女の資質の軽さには、行政刷新大臣であった時に尖閣諸島について「東シナ海に領土問題は存在しない」と政府の見解とは違った見解を述べてしまったこととも重なり、党首としても政治家としても危なさを感じる。知識も薄い。今回の国籍に対する蓮舫氏の不可解な対応には誰もが呆れた。発言に一貫性が欠けたままだった。

民進党内にも二重国籍問題(台湾政府が国籍喪失を認めるまでは、今もなお二重国籍)を抱えた蓮舫氏の代表就任に、危機意識を持つ議員がいる。二重国籍は日本では違法である。蓮舫氏は二重国籍を隠していた疑いが強い。党員・サポーターの郵便投票の終わった13日になって「台湾国籍が残っている」と認めたのは、党員を欺くものだ。「虚偽事項の公表」による不正選挙となった。非情に悪質である。法務省の担当者が「結婚や出産、親の死亡届など、普段の暮らしで役所の手続きをしていれば、どこかで自分の国籍に思い当たる機会があったと思うのですが…」と言ったそうだが、蓮舫氏が今まで台湾籍を放棄していないことに気づかなかったなど信用できない。ウソをついてきたということ。国籍法違反のうえに経歴詐称である。違法状態にある蓮舫氏を党首にした民進党であるから、長くはもつまい。まさしく野党ボケだ。

蓮舫氏は台湾国籍を離脱できるのか
2016年09月16日 池田信夫

私は「台湾出身だから代表にするな」と言ったことは一度もない。彼女が台湾国籍を抜かないまま「日本の首相をめざす」と言っているのは国籍法違反だという事実をいっているだけで、これは彼女が在日アメリカ人であっても同じだ。

蓮舫氏は、二重国籍を認めない台湾の国籍法にも違反している。さらに深刻なのは、この違法状態が解消できるかどうかわからないことだ。日本国籍を取得してから31年もたって台湾国籍の喪失を申請し、「一つの中国」と発言したことに台湾国民は激怒し、上の画像のように「狼心的女人」(残酷な女)などと罵倒するテレビニュースも出ている。

台湾の国会では、野党が「台湾政府は蓮舫氏に抗議するよう台北代表処の謝長廷代表(元首相)に訓令を出すべきだ」と追及し、政府は「必ず適切な措置を取る」と答弁した。台湾政府は国益にならないと判断したら、国籍喪失を認めないこともありうる。その場合は、彼女は日本国籍を失って在日台湾人になる。

そんなことになったら彼女は国会議員の資格も失うので、最終的には台湾政府は国籍喪失を認めると思うが、このカードを利用して蓮舫氏に「一つの中国」という発言を撤回させ、台湾への忠誠を求めるだろう。彼女の本音は「国籍は日本だが心は台湾」ということらしいから、それを公式に言明するよう求めるかもしれない。

台湾は「中国の一地方」ではなく、主権国家としての要件をそなえた民主国家であり、日本に対して友好的だ。その友好関係を保身のためにめちゃくちゃにした蓮舫氏は、八幡さんのいうように「嘘つきというより頭が悪い」のかもしれない。岡田代表を初めとする執行部も、首相候補が国籍不明という状態を何とも思っていないのは野党ボケというしかない。



蓮舫問題の超簡単な論点整理より抜粋
2016年09月15日 池田信夫

国籍選択:国籍法14条では、22歳までに国籍を選択しなければならない。しない場合には法務省が催告し、その後1ヶ月以内に国籍を選択しなければ日本国籍を失う。蓮舫氏の場合は、1985年に日本国籍を選択したが、台湾国籍をまだ離脱していない。
国籍離脱:国籍法16条では「選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない」と定めている。「努力義務」にしているのはブラジルなど国籍離脱できない外国を想定しているので、台湾のように離脱できる国については義務と解すべき。したがって彼女は、今も違法状態である

経歴詐称:公職選挙法235条では、職業もしくは経歴などに関し虚偽の事項を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金。蓮舫氏は少なくとも2013年まで公式ホームページに「台湾籍から帰化」と書く一方、「私は台湾籍」と発言しており、故意の経歴詐称の疑いがある。

不正選挙:彼女は9月6日の記者会見で「台湾政府の確認が取れない」と発言したが、その後、手元にパスポートがあったことを認めた。これは台湾国籍が残っていたことを意味するので、党員・サポーターの郵便投票の終わった13日になって「台湾国籍が残っている」と認めたのは、党員を欺くものだ。

政治責任:以上は一般人の問題だが、首相になる可能性のある民進党代表には、これより高い基準が求められる。外交官の採用は外国籍を離脱することが条件なので、外交を指揮する首相にも同じ条件が求められると解するのが自然だろう。いまだに台湾政府が国籍離脱を許可するかどうかもわからない蓮舫氏が、自衛隊の最高指揮官である首相になることは危険だ。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する