駄文・散文帳
2016年07月31日 (日) | 編集 |

猪瀬元知事、小池氏に「戦争になると思う」 自民都連への「恨み」告白より抜粋
2016/7/31 J-CAST ニュース

元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏が2016年7月31日夜、東京都知事選の特別番組に出演し、知事在職時代を振り返りながら自民党東京都連への批判を繰り広げ、都知事への当選を確実にした小池百合子・防衛相に対して「戦争になると思う」と激励した。

猪瀬氏は、報道番組「池上彰のニッポンの大問題~都知事選スペシャル~」(テレビ東京)「都連の闇を暴き立てる」といったコーナーで登場。開口一番、内田茂・都連幹事長を念頭に、「(都知事の在職中は)ボス政治にぶち当たった」と苦い顔で語った。

池上さんから「都知事の間そういうこと言いませんでしたよね」と返されると、「どこのメディアも雑誌も取り上げてくれない。でも今回、ネットでアピールしたら広がった。今回はネットの力がかなりのウエイトを占めた」

と振り返った。

猪瀬氏はここ1か月ほど、都連・都議会の問題に関する発言をツイッターで繰り返している。7月5日には「僕は知事選の際、自民の推薦をもらっていない。都連は選挙ポスターを突き返してきた」と明かした。

13日にはニュースサイト「News Picks」に「猪瀬直樹が語る『東京のガン』」と題するインタビュー記事を投稿。ある自民党都議が11年7月1日に自殺した原因を「内田氏にあります」などと「暴露」した。さらに、同日のツイッターで「(都議は)内田茂幹事長の陰湿ないじめに耐えられず自殺」と当時の状況を明かし、都議の「遺書」とされる文書の写真も合わせて公開した。

31日の番組内で飛び出した猪瀬氏の発言は、こうしたネット上での発言に沿ったもので、小池百合子・元防衛相との会話では、自民都連を念頭に「戦争になるかと思いますので頑張ってください」とエールを送った。


小池百合子さん、おめでとうございます!

伏魔殿(自民党東京都連)にメスを入れ

頑張ってください。


自民党議員の小池百合子氏をかつがないで、リベラル色の強い(本当は民進党がかつぐのが相応しい)増田氏を推薦した自民党東京都連は、やはり完敗した。自民党東京都連の内田茂幹事長、下村博文会長代行(総裁特別補佐)、会長の石原伸晃経済再生担当相らは、「保守分裂選挙」を招いた末に敗北した責任をどうとるのか。

野党陣営も統一候補を間違えたのだ。2012年と14年の都知事選に立候補し、いずれも90万票以上を獲得した宇都宮健児氏(元日弁連会長)にすべきだったのだ。しかも、人権派の弁護士として知られる宇都宮氏は、鳥越氏の「淫行疑惑」をツイッターで都民に認識させた。その野党4党の連携も堅固ではなかったということだ。保守分裂選挙だったのに勝てない候補をたてたので負けてしまった。

民進党の岡田代表が投票日の前日に9月の代表選に立候補しないことを表明したことも敵前逃亡の感が歪めない。

「一人の人間としても過去の素行に問題がある鳥越俊太郎氏を統一候補とした四野党幹部の無責任さであります、このような『ひどいタマ』をさしたる検討もなく安直に祭り上げるとは、野党よ、あまりに東京都民をバカにしていなかったか?」と言う人もいる。

「改革指向の女性支持の誕生を、与野党いずれもが前向きにとらえ利用する競争をしたほうが好ましい。」と言う人もいる。

候補者の鳥越氏も増田氏も、自民党都連会長の石原伸晃氏も、みんな「力不足」と敗戦の弁をのべていたが、負けたのは「力不足」もさる事ながら、二人とも都知事選の候補者としての器ではなかったからだと思う。鳥越氏に至っては偏狭なイデオロギーに毒された高齢者という感じだ。鳥越氏は「聞く耳を持っていなかった」から負けたとも言える。

野党陣営は、偏狭で時代錯誤なイデオロギーに毒されているから、こんなにも人気がないのだ。

【民進党代表選】民進・柿沢未途氏ツイッターで岡田克也代表を公然批判「人の気持ちが分かるのか!」 都知事選終盤での代表選不出馬表明で
2016.07.31  ZAKZAK

 民進党の柿沢未途衆院議員は30日、東京都知事選の投開票日前日の同日に次期代表選への不出馬を表明した岡田克也代表について、自身のツイッターで公然と批判した。

 柿沢氏は「岡田さん、あなたが言うから、複雑な思いを抱えながらも、真夏の炎天下で鳥越(俊太郎)さんの応援に駆けずり回ってきた」と投稿した。民進党が都知事選で共産、社民、生活各党とともに鳥越氏を推薦したことに不満がある様子だが、それでも「岡田氏の決断」に従って応援演説を行っている心情を吐露。その上で「そういう人達の気持ちが分かっているのですか?」と記した。

 衆院東京15区選出の柿沢氏は、民進党東京都連の幹事長代行を務めている。



【2016大乱闘 都知事選】野党“内ゲバ状態” 宇都宮氏が鳥越氏の応援に難色 「淫行疑惑」が影響か
2016.07.30 ZAKZAK「

 東京都知事選で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が苦境に立たされている。共闘を熱望した元日弁連会長の宇都宮健児氏(69)の応援が得られないばかりか、その理由として、週刊文春や週刊新潮が報じた「女子大生淫行疑惑」を指すとみられるツイートを発信されたからだ。選挙戦の最終盤で、野党陣営は“内ゲバ状態”に陥っている。

 宇都宮氏は28日午後、ツイッターに《鳥越さんの応援要請について(中略)女性の人権にかかわる問題についての対応という点で、残念ながら一致にいたっていません》と書き込んだ。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する