駄文・散文帳
2016年07月28日 (木) | 編集 |
自民党東京都連の石原伸晃会長は26日、党本部で開かれた増田寛也元総務相の決起大会で小池氏を酷評した。父親の慎太郎元都知事も駆け付け、伸晃氏を援護射撃、「厚化粧の女に(都政を)任せるわけにはいかない」と訴えた。

石原親子をはじめとする増田陣営の人々は、「厚化粧の女」などという発言が自分たちを非情に不利にしている言葉だときづかないのだろうか? 笑っていたよね。大馬鹿としか言いようがない。石原慎太郎氏は都知事時代に評価できる実績を残しているが、これで晩節を汚したと言えよう。もっとも慎太郎氏は「テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。」などと差別的な言動を繰り返してはいたが。

自民党東京都連は腐敗している。「都議会のドン」といわれる内田茂(自民党東京都連幹事長)が役員を務める会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注していたそうだ。オリンピック利権である。自民党東京都連にメスを入れられるのは自民党にかつがれ、しがらみができた増田寛也氏では無理である。小池百合子氏しかいない。


035ef4bb.jpg

「今日は薄化粧で来た」と石原発言に反撃した小池百合子氏(右)と
応援の若狭勝氏(左)、野口健氏(中央)
保守速報より


若狭勝衆院議員を除く自民党議員らも情けない。舛添氏以上に韓国派の増田氏を支持するとは、自民党支持者に対する裏切りである。ま、自民党のなかにも朝鮮半島利権に擦り寄る議員が少なからずいることはいる。自民党が腐敗すれば、また政権の座から降りることになる。政権交代可能な民主主義体制なのだから。

ちなみに権力は腐敗するのである。共産主義のように、国民は馬鹿だから一握りのエリート集団が国を引っ張っていくというやりかたは、一見良いと思うかもしれない。英国のEU離脱を問う国民投票を見て、国民の多くは政治・経済・国際情勢・外交・歴史などに詳しい知識を持たないので、国益を損ねる結果を招いたと思うかもしれない。しかし、共産主義は一党独裁であり、選挙がなく政権交代もない。言論の自由もないのだ。権力が腐敗したら恐ろしいことが起こる。共産主義国家の毛沢東やスターリンやポルポトは、反体制の国民を大虐殺したのである。戦争よりも多くの人々、しかも自国民を殺した。また、平等を掲げる共産主義国家なのに貧富の差が激しい。米紙によると、中国の温家宝首相の一族の資産が少なくとも約27億ドルに上ると報じ、習近平国家副主席の親族が数億ドルの資産を保有という。

そういう歴史の反省がないまま日本共産党は、民進党など他の野党と連携して選挙戦を繰り広げている。共産主義者の鳥越氏も、自民党を批判する前に、選挙に出る前に、共産主義という時代錯誤的な体制を総括すべきだったのだ。

鳥越氏と言えば、週刊新潮と週刊文春が記事にした鳥越氏の女性問題に関して、「これについての取材は法定代理人及び弁護士に全て窓口を一本化していますので、今日はここで私はその話をしたことによって、終わりにしてほしいと思います」と述べたという。まるで舛添氏とそっくりで、自身の言葉で弁明しない。「それ以上の話はやめてください」と言った。聞く耳を持っていると自身のことを言っていた鳥越氏の対応とは異なる。うそつきである。

小池氏「今日は薄化粧で来た」石原氏発言に徹底反論
2016年7月27日 日刊スポーツ



小池百合子氏「私は自民ではなく都連の一部と戦っている」より
2016年7月27日 日刊スポーツ

 石原さんに「虚言癖の厚化粧」と言われて、本当に驚いていますが、石原さんから話があったのは事実です。それで、〈都知事になったら何をしたらいいんですか〉と尋ねたら、四男さんの(関係していた都の)事業か何かを猪瀬さんが止めたとかで、イの一番に出てきたのが〈それを復活させてほしい〉でした。ビックリしました。本当にいいお父さんですよね。私には2020年開催の東京五輪の先を見据えた設計図がある。都民のみなさんのため、日本全体のためにもなるという自信もある。不安だったら出ませんよ。



“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注より
2016.07.27 週刊文春WEB

“都議会のドン”といわれる内田茂自民党東京都連幹事長(77)が役員を務める会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注していたことがわかった。



【週刊新潮】被害女性 「鳥越さんに全裸にされた。別荘以外でもキスをされた」
2016年07月27日 保守速報

鳥越が新潮を刑事告訴 「性被害者の証言だけを証拠とする姿勢は言語道断」 ← あれ?w
2016年07月27日

てめぇ慰安婦の時なんて言ってたんだよwwww



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する