駄文・散文帳
2016年07月18日 (月) | 編集 |
小池百合子氏は勢いがあって人の集まりがすごいようだ。

一方、鳥越氏には日に日に問題が続出している。鳥越氏はテレビで取り上げられるほど支持率を下げて行くだろう。

医師でもある共産党の書記長の小池晃氏が、鳥越俊太郎氏の癌は「完治」したと断定していることについて、池田信夫氏が「鳥越氏が知事の任期4年をまっとうできる確率は15%以下である。」と反論している。さらに池田氏は鳥越氏を擁立した野党を以下のように批判している。
「たぶん共産党にとっては、鳥越氏の生命より党利党略のほうが大事なのだろう。それがスターリン以来の伝統だが、民進党はこんな病人を酷暑の中で選挙運動に走り回らせて大丈夫なのか。また知事の任期中に彼が倒れたら、岡田代表は責任を取るのか。」

演説もテレビ出演もまともに出来ない候補者では、激務な都知事の職を務めることは無理だ。

さて本日、鳥越氏は巣鴨の街頭演説演説に遅刻して聴衆をさんざん待たせたあげく、肝心の演説せず、せっかく集まった人たちを激怒させた。「人を集めておいて、あんな馬鹿な話があるか!」などの怒号が飛んだ。鳥越氏は「今日はですね、私の30年40年来の友人である歌手の森進一さんが応援に駆けつけてくれましたので早速、森さんにバトンを渡してお話をいただきますので、よろしくお願いします。」なんて言って、またしても政策を言わないばかりか、演説をしない。演説に来たのかと思えば、世間話をして終わり。政策や展望を語れないのなら、知事に立候補するなって話だ。

しかも、鳥越氏は自分の選挙の投票日すら、忘れちゃってるらしい。もう、候補者としては論外。鳥越氏の生命より党利党略のほうが大事な共産党や民進党は、責任をとれ。今からでも立候補をとりやめよ。

巣鴨での鳥越氏の街頭演説が酷すぎて怒号が飛ぶ 「なんだよ、ばかやろー」
2016年07月18日 痛いニュース(ノ∀`)



巣鴨で鳥越候補が街頭演説 聴衆が激怒「人を集めておいてあんなバカな話があるか」(動画・森進一が応援に駆けつけ歌って終了)
2016年07月18日 保守速報



【動画】都知事選 鳥越俊太郎候補、投票日を忘れる「3月、あいや4月31日には何が何でも鳥越って書いてやるよと」 投票日7月31日(日)、4月は30日までより
2016年07月18日 保守速報

自分の選挙の投票日すら、忘れちゃう鳥越俊太郎さん。 「三月、あいや、4月31日には・・・」。そもそも選挙は7月。そして4月に31日はない。誰がみても、心配になるレベル。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する