駄文・散文帳
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2016年07月12日 (火) | 編集 |

憲法「変える必要ある」49% 投票で重視は14% 朝日新聞社出口調査 参院選
朝日新聞デジタル 7月11日



日本に夢を取り戻そう

"安倍政権の安定化"は世界中で最大の拠り所
ヒロ 2016年07月11日


マスメディアは「自公両党に改憲勢力とされるおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党、無所属の「改憲派」を加えた議席は非改選を合わせて三分の二を超え、憲法改正の発議が可能な政治状況になった。」と騒いでいる。選挙前の報道は「今回の参院選の争点は憲法」と連日唱えていた。視聴者に擦り込むように繰り返し執拗に言っていた。しかも、安倍首相は憲法の「け」の字も言わないと批判していた。だから有権者には判断材料が乏しいままだったというのだ。一方、安倍首相は改憲案を最終的に承認するのは国民投票であることなどを指摘して「選挙で争点とすることは必ずしも必要ない」と説明していた。 「どの条項から改正すべきか議論がしゅうれんしていない」とも言っていた。今回の選挙では、有権者がマスメディアの偏向報道に騙されず、洗脳されず、冷静に判断したと言える。それを共産党の小池晃書記局長が、安倍政権の独裁政治を許さないとか何とか批判していたが、選挙結果に文句をつけるのは民主主義を否定しているということだ。やはり、共産党はエリート集団による一党独裁政治を目差してしるわけで、安倍政権を独裁と批判するなんてブラックユーモアか。

それにしても左翼メディアは尋常ではない。冷静ではいられないらしい(笑)

▼東京新聞:参院選は終わった。しかし、有権者としての役割はこれで終わったわけではない。一人ひとりの力は微力かもしれないが決して無力ではないはずだ。私たちの新聞は引き続き、有権者にとっての判断材料を提供する役目を真摯(しんし)に果たしたい。覚醒した民意こそが、政治をより良くする原動力になると信じて。



毎日新聞:憲法は国民全体で共有する最重要の合意だ。したがってそのあり方を点検することに異論はない。ただし、審査会の再開にあたっては条件がある。自民党が野党時代の12年にまとめた憲法改正草案を、まず破棄することだ。

自民党草案は、前文で日本の伝統を過度に賛美し、天皇の国家元首化や、自衛隊の「国防軍」化、非常時の国家緊急権などを盛り込んでいる。明らかに近代民主主義の流れに逆行する。野党が「安倍首相による改憲」を警戒する根本には、この草案がある。逆に自民党が草案を最終目標に掲げている限り、与野党による落ち着いた議論を阻害し続ける。政権党として冷静な憲法論議の環境を整えることが自民党の責務だろう。



朝日新聞:この選挙結果で、憲法改正に国民からゴーサインが出たとは決していえない。



共産党・小池晃書記局長:改憲に前向きな勢力が3分の2に届いたとしても「改憲に信任が得られたというのは許されない(認められない)」


参院選でも失敗が指摘されている「民共連携」路線を、都知事選でも継続するのかが注目されている。民進党の急速な左翼政党化が支持離れの要因になっているのは間違いない。候補者選びで難航している野党が誰を擁立しても、自民党が擁立する増田寛也氏と思想的には「反日・左翼」という点で一致しているので、有権者の内、左派は票が割れるであろう。一方、有権者の内、右派は小池氏一人にまとまる。ということで、小池氏有利だ。初の女性都知事が誕生する可能性が高い。

【速報】都知事候補の小池百合子氏「不評の五輪ユニフォームも変えたい」
2016年07月10日 保守速報



小池百合子氏、ツイッターで「都議会のドンの都政運営改める」 自民党都連への依頼を取り下げ 無所属で出馬へ
2016.7.10  MSN産経ニュース



増田寛也氏「ファーストクラス使いながら、他人の使用は批判」
2016年07月11日 渡瀬裕哉



自民党は都知事選挙で小池百合子を候補者に決めて、全国の激戦区に彼女を投入すれば比例区も含めて3~5議席増やせたと思う。
2016年07月11日 株式日記と経済展望


民進党都連は11日、元経済産業省課長の古賀茂明氏(60)に出馬を要請した。古賀氏は「宇都宮さんと話をして最終的な判断をしたい。強力な自民党候補と伍していけるかは、都民の思いを一つに結集できるかにかかっている」と語り、反自公候補の一本化が必要だとの認識を強調した。古賀茂明氏とは以前「報道ステーション」で、番組と関係ない私怨を語り始め、放送事故と言われた人だ。常識など通用しない人だ。


9d85ff11.jpg

古賀茂明氏


「自民圧勝」と韓国速報「余裕生まれた安倍政権が中国牽制続ける」
2016.7.10 MSN産経ニュース



石田純一、CM差し替えで賠償請求「数千万とか。天文学的数字」
2016.07.10 ZAKZAK



【参院選2016】TBS記者「目クソ鼻クソ選挙」(画像あり)
2016年07月10日 保守速報



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する