駄文・散文帳
2016年07月09日 (土) | 編集 |
評論家の石平太郎氏がツイッターで「石田純一さんは『野党の統一候補であるならば』との条件付きで都知事選の出馬意向を示した。誰から頼まれることもなく自分が勝手に『出馬する』と言い出したのに、よくもそんな厚かましい条件をつけることが出来る。今の日本で『平和』とか『反戦』とかを熱心に語る人は、恥知らずが多すぎるのである」と書き込んだ。

確かに街頭で「核兵器、反対!」などと訴えている団体を見ると、日本ではなく核保有国へ向かって言えと思う。平和な日本に「核廃絶」と言ってる矛盾に気づかない。日本は9条があるから平和だと言っている人たちがである。

そもそも、石田純一さんは、一番やりたいことの「子育て支援」に関しても理想を述べているだけで何一つ政策を述べていない。理想だけなら誰でも言える。石田さんは、安保法案反対の集会で「戦争は文化ではありません」と叫んでいたが、誰も戦争を文化だとは言ってないのに、何を勘違いして政治的発言をしているのか。それとも、不倫と同じレベルで発言しているのか。不謹慎にもほどがある。

また、「今の日本で『平和』とか『反戦』とかを熱心に語る人」は、安倍政権にウソのレッテルを貼っている。安全保障関連法案を「戦争法案」とか「徴兵制が始まる」などと不安を煽っている。恥ずかしくないのか。

ウソのレッテルを張って選挙に勝って、それで嬉しいかな……
2016.07.07 ZAKZAK

 岡田さん、その演説で勝って、それでその後、どうする気?

 岡田さんの演説内容は、そのほとんどが「安倍非難」に終始していました。
要は相手のいない場所で、安倍さんの悪口を言い続けてるわけ。

絶対的に「国民が選んだリーダー」であるはずの安倍さんに対する、国民が選んだ政権与党である「自民党」に対するリスペクトがない、というか……負け犬の遠吠え感が半端ないのです。なんで認めるべきところを認めないのかなぁ……。

 結局、自民党政権を選んだのも、東京で舛添さんを選んだのも全部、「有権者」な訳じゃないですか。岡田さんのあの演説って……「日本国民はバカだ」って言い続けていることに他ならないんだよなぁ……なんで分からないかなぁ……。


 そして一番問題だと感じたのが次のコメント。おいおい、岡田さん。ウソはいかんよ。ウソは。選挙中だろ? ちゃんと言わないと。

 「これでもし3分の2を取ったら、そのまま憲法改正までいきますよ? それでいいんですか? 皆さん! 日本を海外で、戦争できる国にしていいんですか?」

 勘弁してくれ。

 3分の2があろうがなかろうが、憲法改正は「発議」までしか国会議員「ごとき」は出来ない。憲法を改正すべきかどうかは「日本国民が選ぶ話」です。変なレッテル貼りをするなよ。単なるイメージ作りじゃないか。

 3分の2を取ったら憲法まで変わっちゃうんですよ~

 3分の2を取っちゃうと、戦争が始まっちゃうんですよ~~

 そんなイメージを連想させるコメントを言い続けて、それで票を獲得して勝ったとしましょう。で、その後、正常な政権運営でも出来ると思ってるのか? ウソついて、レッテル貼りして得た票ってうれしいか?

 なんだかな~。それは違うんじゃないの? と、どうしても感じてしまいました。

 憲法改正は国民がすることです。国民投票でね。そんなことよりも、日本をどうしたいのか? それをどう実行できるのか? もっと示してほしかったです。


長谷川豊氏は「3分の2があろうがなかろうが、憲法改正は『発議』までしか国会議員『ごとき』は出来ない。憲法を改正すべきかどうかは『日本国民が選ぶ話』です。変なレッテル貼りをするなよ。岡田さん、ウソついて、レッテル貼りして得た票ってうれしいか?」と言ってる。まさに、「憲法改正は国民がすることです。国民投票でね。」という事実を無視して、まるで参院選で自公政権が勝利したら憲法改正になり戦争になるみたいなウソをついている。有権者を、国民を馬鹿にしているのか!

野党は、有権者は馬鹿だから共産党一党独裁体制にして、自分らエリート集団が日本を引っ張っていきたいと思っているのだ。そういう体制を目差しているのだ。そういう体制は言論の自由などなく、政権に逆らうと粛清される(逮捕され拷問され殺されたりする)。強力な軍隊も持つ。天皇制と皇室を廃止する。日米同盟を廃止して、日中同盟を結び、東アジア共同体をつくろうとする(中国の衛星国になる)。人権とか平和とか言論の自由などと言っている人たちは、国民には「人権・平和・言論の自由」などを奪う体制をつくろうとしているのだ。共産党の甘い言葉に騙されてはならない。民進党も共産化しつつあるから同じ。民進党の岡田代表をはじめとする幹部は、共産党と同じウソをついて安倍政権を批判し、国民を愚弄している。

日本には、こういう人がいる(中国や韓国にもいるが、弾圧されたり社会低地位を奪われる)。

鳩山元首相が中国主導のAIIB諮問委に 「世界は日本が加わらないことに不安感」と快諾の意向

「沖縄独立の可能性を否定しない」鳩山元首相の発言に中国ネットは「鳩山さんはちょっとやりすぎ」「鳩山同志の命が危険に…」と心配の声

鳩山元首相は本当にAIIB顧問になる?単独取材で「AIIB不参加なら日本は孤立」と発言―香港メディア

鳩山由紀夫氏のような、日本では誰からも相手にされなくなった元首相を、中国や韓国が自国の国益のために利用する。利用されていることは多少わかっていても、チヤホヤされて嬉しいようだ。日本の国益を考えたら、非情に迷惑な話だ。小泉元首相ですら総理大臣時代は原発推進の立場だったが、東日本大震災後には「脱原発」を主張するようになり、2014年の東京都知事選で脱原発を争点に立候補した細川護熙氏を支援したりした。過去の栄光にすがり、もう一度、目立ちたいのだ。

ともあれ、参院選での野党共闘は民進党の失敗に終わり、共産党の当初の目論見どおり「共産党の勝ち」という結果になる。しかも「安倍政権一強」は続く。

参院選直前チェック⑦ 若い世代ほど自公政権支持な理由より抜粋
WEB第三文明2016年07月07日

 政権選択可能な二大政党制の夢を託されていたはずの民進党は、支持率の低迷に焦り、何を血迷ったか共産党に取り込まれてしまった。おそらく選挙結果は厳しいものになるだろう。負け具合によっては早々に分裂するかもしれない。
 その民進党を食ったことで勢いを増すのは共産党だ。実績もない、経済政策もない、政権担当能力もない、どの国とも対話ができない、「革命」を叫ぶイデオロギー政党が、人々のネガティブな感情を煽り、おいしいところを獲る。
民進党にとって悔やんでも悔やみきれない選挙になるだろう。



長野選挙区の野党統一候補=杉尾秀哉を許すな!
2016/07/07 依存症の独り言



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する