駄文・散文帳
2016年07月05日 (火) | 編集 |
ミミ

201607052100118a4.jpeg


増田寛也「ほとばしる無能」を都知事候補に担ぐ石原伸晃&自民都連
2016年7月4日  山本一郎



【都知事選】自民都議団、親韓派の増田寛也氏の擁立へ 民進都連は長島昭久氏・増田寛也氏ら軸に選定へより
2016年07月03日 保守速報

増田寛也

発言

民団と総連などによる合同式典が開かれた際、「本県で就労された数多くの朝鮮半島の方々に耐え難い苦しみと悲しみをもたらしたことに深い哀悼の意を表する。あらためて過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えながら国際親善、国際交流の一層の推進に努める」と誓いの言葉を述べ、徴用犠牲となった韓国人を悼んだ。

従軍慰安婦の問題
2014年2月1日、TBSの番組「時事放談」の収録で、従軍慰安婦の問題などについて持論を語った 。NHKの籾井会長の就任会見について、「目を背けたくなった」と批判。「若い世代が政治が右傾化することに肯定的になっている」と指摘し、「短絡的に飛びつくような傾向があり、危うさを感じる」と警鐘を鳴らした。

政策
2011年10月、日韓グリッド接続構想を提唱。
海底ケーブルを介し、韓国に電気を直流送電する。

電力を融通できる体制を整えておくという構想。
「2015年から20年までの間にめどを付けたい。
そのためにも、できるだけ早く韓国との協議を始めたい。」と述べた。


岩手県知事や総務相を務めた増田寛也氏(64歳)が、東京都知事選に出馬を検討している。山本一郎氏は「実務型として増田寛也さんが担がれておりますが、その実務でまったく良いところなく岩手県知事を降りたのが増田さんです。」と断言している。さらに「岩手県知事時代、総務大臣時代、そしてその後の日本創成会議での東京から地方へカネや人を流していこうという増田さんの主張は、東京都に税金を納め東京都に暮らす有権者にとって非常に不利で、相応しくないものだと判断せざるを得ません。」と言う。

増田氏は「海底ケーブルを介し、韓国に電気を直流送電する」などと主張する人だ。日本の安全保障を脅かしかねないことを平気で言う人だ。そんな人を都知事にしてはならない。舛添氏の意思を継いで、朴大統領の願い通りに韓国人学校を都内の一等地に建設するであろう。保育所より韓国人学校、都民より韓国外交を優先するであろう。

増田氏のような「反日・左翼」な人は、民主党が担ぐべし。

また、「石原伸晃氏と小池百合子氏の間での心情的な対立が根幹にある」ようで、「石原氏が小池氏を嫌っているらしい」という。石原氏は党のイメージダウンに加担しつつあるということに気づいているのか。全く器が小さく、軽い。父親の石原慎太郎氏とは大違いだ。自民都連を率いるのが石原氏じゃ駄目だ。勝てない。小池百合子氏一人に絞って行くべきである。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する