駄文・散文帳
2016年06月24日 (金) | 編集 |
民進党の岡田克也代表は「共産党と政権をともにすることはない」と明言しているが、民進党の候補者は共産党が勝たせるのだそうだ。民進党と共産党の議員は同志なのだそうだ。で、民進党が共産化して、やっぱり得をするのは共産党らしい。

【参院選】
序盤情勢 改憲勢力、3分の2うかがう 与党は改選過半数の勢い 民進は10議席以上減が確実 共産は躍進か
2016.6.23  MSN産経ニュース



「共産党をなめるな。乗っ取られるのは勘弁だ」 石破茂地方創生担当相が民進党の将来を危惧
2016.6.10 MSN産経ニュース



民進党がどんどん共産党に蝕まれている…岡田代表、ホントにこれでいいんですか?
2016.6.20  MSN産経ニュース


来月の参院選から「18歳にも選挙権」が適用される。昨日の朝のテレビ番組で、18歳の男子がインタビューでしっかりした答え方をしていた。「高齢者の投票率が高いと高齢者向けの政策が多くなるので、若い人も投票した方が良い」というようなことを言っていた。そうだね。若い人のための政策が大事だよね。

「若肉老食」のシルバー民主主義でいいのかより
2016.6.23  論説委員・井伊重之

少子高齢化の進展で高齢の有権者が増える一方、若年世代は相対的に人数は少ない。そのうえ高齢者が高い投票率を維持し、政治への関心が低い若年世代は投票率も低いようでは、政治に与える影響力に大きな差が出るのは当然だ。

 人口が多い高齢者の政治的な影響力が高まる「シルバー民主主義」の下では、医療費の自己負担の増加を求めるといった高齢者に痛みを強いる政策は打ち出しにくくなる。だが、それは財政赤字の拡大を招く要因となる。それは将来世代に負担を先送りする消費税増税の再延期でも同じことがいえる。


6年前に舛添氏が自民党を離党する際、「自民党の歴史的役割は終わった」と、泥舟から逃げるかのように離党した。当時の世論調査では「首相にふさわしい人」のトップに名前が挙がっていたため、いい気になっていたようで、谷垣総裁(当時)に「自分が自民党総裁になるなら党に残ってもいい」などと豪語したそうだ。除名処分は相当だったわけで…。こんな人が総理大臣にならなくてよかった~、想像しただけでもゾッとする。谷垣さんが好い人に見える(笑)

舛添氏が反撃開始 妻子の取材に対しフジテレビをBPO提訴
2016年6月23日


韓国紙を見てみると、「日本が、夏休みを計画している韓国消費者から最も高い人気を得ていることが調査された。 」そうだが、一方「 5月に韓国を訪れた日本人観光客は減少したことが分かった。 」という。世界一の反日国家である韓国へ観光に行きたい日本人って、少数派でしょう。

韓国政府、慰安婦関連記録物のユネスコ登録支援予算を全額削減
2016年06月22日 中央日報



米副大統領「日本は一晩で核兵器を製造できる」
2016/06/23  朝鮮日報



「韓国は世界一の詐欺大国」 日本のニュースサイトが報道
2016/06/23  朝鮮日報



5月の訪韓観光客11.9%増…日本人は減少
2016年06月23日 中央日報



韓国人の夏休みの関心事は「日本」…昨年比45%急増
2016年06月23日 中央日報



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する