駄文・散文帳
2016年06月22日 (水) | 編集 |
民進党の野田佳彦前首相が千葉選挙区の応援演説で「安倍政治は白鵬の相撲に似ている! 立ち合いが汚い! 左手で張ったと思ったら右ヒジを顔面に入れる。左手がアベノミクス、右ヒジが安保法の強行採決なんですよ、みなさん! で、眼窩底(がんかてい)骨折させられる。顔面は鍛えられないんです!」「王道を外れた邪道、覇道、外道の政治を倒そうじゃありませんか!」と言って、安倍政治を批判した。白鵬に例えたのは「一強」と認めたことにもなるし、モンゴル出身の横綱に非常に失礼なこととも言える。民進党にとっても失言である。

蓮舫氏も一緒に立っていたそうだが、民進党には、こんな下品な議員しかいないのか。15日に、参院選前の遊説として街頭でマイクを握った蓮舫氏も、香美市で「大変評判の悪い知事のいる東京からやってきた」と切り出し、前回の都知事選で舛添氏を支えた自民・公明両党の批判を展開した。

民進党・野田前首相、応援演説で呼び掛け「安倍政治は白鵬の相撲」
スポーツ報知 6月22日


都議会民進党が前鳥取県知事の片山善博・慶応大教授(64)に立候補を打診する方向であるという。最悪! 菅内閣が発足した際、唯一の民間人として閣僚入りしたのが片山善博総務相。地元では熱心な韓国好きとしても知られている。 知事になる前から何度か韓国に通っており、知事になってからは北朝鮮を訪問したこともあるという。片山氏は韓国語も日常会話程度ならできるらしい。伊藤博文を暗殺した安重根が書いた掛け軸を「安重根義士記念館」で買ってきて、県立図書館に掛けさせた。鳥取市の政治団体「あすの日本を考える会」は「テロリストの書を図書館に掲げるとは何事か」ということで県立図書館に抗議し、その結果掛け軸は撤去された。2002年6月の鳥取県議会一般質問での答弁において、「地方レベルの人権救済制度の必要性」に言及。2005年9月に鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例を可決させたが、人権擁護法案に類するこの条例に対しては反対意見が多く寄せられた。

このような人が都知事になったら、待機児童問題が解消されなくても、韓国政府から要請のあった韓国学校を増設する用地として、新宿区矢来町にあった旧都立「市ケ谷商業」の跡地を韓国政府に有償で貸し出しかねない。都民よりも韓国! だったら東国原氏の方がはるかに良い。反日議員は要らない。韓国に媚びる議員は要らない。

都知事選候補
民進都議、片山氏で一致 都連が調整へ

毎日新聞2016年6月22日


鉄道建設、台湾は中国製や韓国製を選ばない「確かな目」を持った国である。中国が高速鉄道インフラの輸出を積極的に推進しているが、メキシコで一時受注が決まったプロジェクトが入札過程に問題があったとして取り消しとなった。また、タイと中国を結ぶ高速鉄道においても、中国はタイと条件面で折り合うことができず、タイは中国側の資金を使わずに一部区間を建設すると発表した。中国がベネズエラから受注し、2009年に建設が始まったベネズエラのティナコ-アナコ間の高速鉄道建設計画も現在、「ほとんど放棄された状態である」という。

日立、台湾の鉄道建設計画を一括受注 約1100億円
2016年6月21日 朝日新聞デジタル



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する