駄文・散文帳
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2016年06月04日 (土) | 編集 |

天安門の元学生リーダー・王丹氏「人権状況大きく後退」
2016.6.3 MSN産経ニュース

 1989年の天安門事件で武力弾圧された民主化運動の学生リーダーだった王丹氏(47)が3日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し「(現在の習近平指導部発足以降)中国の人権状況は大きく後退した」と指摘、「89年に起きたことと、今中国で起きていることはつながっている」と訴えた。

 中国政府は同事件を「政治風波(騒ぎ)」として弾圧を正当化。習指導部も人権派弁護士を次々に拘束するなど言論・思想の締め付けを強化し、民主化要求を力ずくで抑え込む姿勢を鮮明にしている。

 王氏は、こうした状況はしばらく続くとの見通しを示し、中国の民主化にとって「暗黒の時代だ」と強調。習氏は毛沢東を参考にしていて、以前の胡錦濤前指導部などより強権的で「第2の文化大革命が起こり得る」とも述べた。(共同)


米国防長官が、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で講演し、中国による南シナ海の軍事拠点化が、周辺国に脅威を与えていると名指しで批判した。さらに、中国が地域で「自らを孤立させる万里の長城」を築く結果になると警告

南シナ海で中国と領有権を争うフィリピンがオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に提訴している。近く示される仲裁裁判所の判断が注目されるが、当の中国は裁判そのものを認めていない。中国政府は、平気でウソをつくことや、黒を白と言いくるめることなど得意中の得意であるから、世界から「覇権国家」とか「言論統制国家」などと批判されると怒りをあらわにして反論する。一見、メンタル面が強そうな中国だが、いつも気にしている。

先月、G7教育相会合が開幕した際、馳文部科学相は個人的に国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長と会談。中国が記憶遺産に申請した「南京大虐殺文書」が一方的に登録された問題で、日本が求めていた審査制度改革が進んでいることを確認した。

日本の歴史教育は加害者としてしか強調されていない。日本人被害の情報が隠される傾向にある。しかも、捏造である南京大虐殺や従軍慰安婦や強制連行ばかり教えてきた。日本が悪い国だとする捏造ばかり教えるのは良くない。教科書くらい、中国と韓国に内政干渉されずに作るべきだ。他国のように正当化せず、事実を教えるべきである。中国と韓国・北朝鮮などは正当化どころか自国をウソで美化した歴史教育をしている。日本は、そんな中韓に遠慮や配慮など全く必要ない。事実を教えないことは、むしろ教育上、非常に良くないことである。

通州事件に関しては日本人が中国人から受けた残虐極まりない行為にもかかわらず、知られていない。しかし、南京で「赤ん坊を空中に投げ、落下するところを剣で刺した」という話を中国政府は広めているが、そうした蛮行はむしろ中国人が日本人に対して及んだ行為であることが分かる。それが通州事件である。

「通州事件」日本などの民間団体がユネスコ記憶遺産に登録申請
2016.6.3 MSN産経ニュース

 反日活動の阻止を目指す「なでしこアクション」(山本優美子代表)など民間団体は3日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産への2017年の登録を目指し、「慰安婦と日本軍規律に関する文書」と、日中戦争の発端となった盧溝橋事件直後に200人以上の日本人が中国側に殺害された「通州事件」の資料などを期限までに申請したと発表した。

 「慰安婦」資料は日米の公文書など。日本枠2件は選定済みだが、複数国の共同申請は枠外でできるため米国在住日本人・日系人団体となでしこなどで申請。通州事件は「20世紀中国大陸における政治暴力の記録」として「通州事件アーカイブズ設立基金」(藤岡信勝代表)がチベット亡命政府前議員と共同申請。「慰安婦は性奴隷という誤解を解きたい」「政治利用ではなく一次資料を登録したい」などとしている。



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する