駄文・散文帳
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2016年06月03日 (金) | 編集 |


シンザト容疑者を「利用」してヘイトスピーチ報道を繰り返す「報道ステーション」などは頼むからもう少し勉強してくれより抜粋
2016年05月25日 長谷川豊公式ブログ 

なぁ、朝日新聞さん、毎日新聞さん、報ステをはじめとする左翼偏向メディアの皆さん、一つだけ聞きたいんですけれど…あなた方って

「在日韓国人の一人がレイプ事件を起こしました」って言って…

「新大久保で大変なデモが起きています!」
「在日朝鮮人がいるからこんなレイプ事件が後を絶たないんです!」
「在日の人間は全員出て行けぇぇぇぇぇぇぇ!」

って叫ぶつもりですか?昨日、ヘイトスピーチの規制法案、国会で通ったが、あなた方が米軍に対して印象操作してる報道って、全部上記と一緒だぜ?頼むから誰か「論理的」に答えてくれよ。沖縄のメディアさんでもいいわ。上記とどう違うのか誰か答えてくれないかな?

シンザト容疑者というキチク男はこのままちゃんと罰を受ければいいのです。私にも娘がいます。ご家族・ご友人の皆様方のお気持ちを思うと、胸が締め付けられます。

が、「それとアメリカ軍基地が日本にある」ことはリンクしてないだろ。イメージ操作はやめろよ。

日米地位協定の見直しなどは議論の余地のある話だと思います。しかし、今回の話に関連付けてするのは、私はただの「差別的偏向」だと思う。アメリカ軍基地で普通に働く人たちに対して失礼だ。シンザト容疑者は特に全然アメリカの兵士ではないですが、そもそもこれが本当に一人のアメリカ兵であったとしても

「その一人をもってアメリカ軍全員を偏見の目で見る」

ことはあってはならない
と私は思います。幼稚な報道が行き過ぎています。見ていて情けなくなる。サヨク的な考えや思いはあってもいいと思いますが、差別をするなら私は非難する。


日本のメディア、特に朝日新聞・テレビ朝日・毎日新聞・TBSなどは「沖縄の真実」を一切伝えず、米軍基地反対のスタンスに立った報道しかしない。「沖縄は戦争で犠牲になり、その後も基地の負担が集中してかわいそうだ」というイメージを流し続けている。実際に基地が無くなることがないと思って、沖縄県知事も報道も言いたい放題である。しかも、米軍が土地を返還しようとすると反対運動が起こる。地元に賃貸料と補助金がおりなくなるからだ。

しかし、米国の大統領がトランプ氏になったら、沖縄から基地が無くなる可能性がある。そしたら沖縄も左翼メディアも本望なのか? 疑問である。日本が非武装になることを、本当に望んでいるのであろうか? 戦後70年余り、日本が平和で有り得たのは憲法9条があったからではない。米軍基地が抑止力になっていたのである。確かに、米軍基地は米国のためにあるのだが、存在自体が中国・北朝鮮に対して抑止力になっているのだ。

さて、野田政権下で「借金をこのままどんどん重ねていって、結局次の世代にどんどん借金を増やしていけば、それはどこかで行き詰まってしまうわけで、次の世代に対して責任を果たしたとも言えない。そういう中で、まず5%を引き上げていくことをお願いしたい」と10%への増税への理解を求めた岡田克也氏は当時、副総理として「社会保障と税の一体改革」の三党合意をまとめた責任者だった。

ところが、先日(5月18日)の党首討論では民進党の岡田代表は、消費税の10%への増税を2019年度まで延期するよう提案したのだ。「次の世代に対する責任」を強調していた岡田氏が、逆に再延期を主張したのだ。首相の「約束違反」を追及するなら、まず岡田氏が陳謝して代表を辞任するのが先だ。ま、民進党が岡田代表・山尾志桜里政調会長で選挙を戦えば負けるであろうから、無理にとは言わないが(笑)

自民党政調会長・稲田朋美氏は、「サミットの議論を受けて、安倍首相は消費税率引き上げを2年半延期することを決断した。負担増を延期するのだから、予定していた社会保障の充実も我慢するのは当たり前であり、赤字国債で充当するなどという民進党のような無責任なことはしない。」と述べている。とはいえ、少し前まで稲田政調会長は解散すべきだと首相に進言し、「1%でも増税すべきだ」と言っていたという。

内閣支持率が50%でさえ、安倍首相は参院選を前に、これまで間接税を引き上げようとした内閣がすべて倒れたという過去がトラウマになっているのか、たった2%の増税を忌避した。本来ならば党派を超えて、「次の世代に対する責任」を果たすために消費税の10%への増税を延期しないでほしかった。消費税2%分は約5兆円超の税収になるという。国会議員は当選したいがために増税を口にできないでいる。例え、増税が必要であっても。これは、有権者も悪い。2%の増税を70%の有権者が反対しているというのだ。年々増え続ける高齢者の人口を考えたら、税収が必要でしょ。増税しなくては追いつかない。一方で福祉の充実を叫び、一方で増税反対では矛盾している。もちろん、舛添知事のような税の無駄遣いをさせてはならないが。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する