駄文・散文帳
2016年03月06日 (日) | 編集 |
朝日新聞社員を逮捕 駅や電車内で女性に暴行か
2016年3月5日 NHK NEWS WEB

【朝日新聞】国歌を歌わないのは、そんなに恥ずかしいことなのか
2016年03月05日 保守速報

違和感覚えた朝日「日曜に想う」 軍事条項を外し緊急事態対応を 日本文化大学学長・大森義夫
2016.3.6 MSN産経ニュース

朝日新聞の「印象操作」や「捏造」や「歪曲」は今に始まったことではない。また「安倍政府打倒は朝日の社是」も有名な話。朝日とは、その程度の新聞である。ネットの発達と共に化けの皮が剥がれ、今や読者離れが止まらない

さて、韓国の経済危機と外交不安も止まらない。

韓国メディア「白旗」に激怒 韓国外相、国連で演説も「慰安婦」で沈黙…
2016.03.04 ZAKZAK

 韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が、同国メディアに猛批判されている。スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた国連人権理事会で2日に演説したが、これまで取り上げてきた慰安婦問題に言及しなかったのだ。同本部では先月、日本政府代表が「慰安婦の強制連行を裏付ける資料はない」「性奴隷は事実に反する」と説明している。韓国メディアは「白旗」と受け取ったのか、激怒しているようだ。

 《過剰な配慮との指摘が免れないとみられる》《批判の声はさらに高まる見通しだ》

 聯合ニュース(日本語版)は3日付で、尹氏をこう批判した。

 尹氏は注目の演説で、北朝鮮の人権状況について「人権のブラックホール」などと非難したが、慰安婦問題には触れなかった。

 外務省の杉山晋輔外務審議官が先月16日、同本部で開かれた女子差別撤廃委員会の対日審査で、慰安婦の強制連行説を否定し、国際社会に誤解が広がった背景として、吉田清治氏と朝日新聞を名指ししていただけに、韓国側の立場を説明する可能性があるとみられていた。

 実は、日韓両国は昨年末の外相会談で、慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意し、国際社会で互いの非難を自制することでも一致している。尹氏は今回、日韓合意を踏まえて対応したとみられる。

 杉山氏の発言は、女子差別撤廃委員会が昨年8月、日本政府に質問したことに答えたもので、日韓合意には違反しない。杉山氏の一連の発言は、国連や日本外務省のHPにも掲載されており、慰安婦問題の真実公表、日本の名誉回復の一助となりそうだ。

 ただ、韓国メディアは収まらない勢い。

 ハンギョレ新聞(日本語版)も4日付で、《反論するどころか沈黙で一貫したこと自体、批判は避けがたい》《“外交的失敗”との指摘は免れない》と憤慨している。


韓国には「日本人だけは必ず絶滅させなければならぬ」と書く記者がいるほどで、韓国関連の情報を見ると、反日教育を受けた国民の恐ろしさを目の当たりにする出来事が多い。経済や安全保障の観点から、日本など近隣諸国と手を携えてやっていった方が国益に叶うと分かっていても、韓国のメディアは頑なに「反日」記事か、日本を利用したい場合の「用日」記事に終始する。これでは韓国政府が日本と協力したくても怖くて出来ない。韓国の悲劇の元は「反日教育」である。しかも、その教育は捏造と歪曲と虚偽のオンパレードである。朝日新聞も福島瑞穂氏らも本望であろう。

正視に耐えぬ最悪の慰安婦映画
2016.3.5  MSN産経ニュース

 慰安婦を主人公にした映画『鬼郷』が人気を集めている。1週間足らずで早くも観客動員100万人突破!などとニュースで大いにもてはやされている。もともと7万人以上の個人募金を集めて制作された独立プロダクションのキャンペーン映画だが、いわば“時流”に乗り、マスコミの宣伝が加わって大衆映画として大ヒットしている。

 しかしこの映画はひどい。1970年代から韓国の映画やテレビ、舞台で数多くの反日ドラマを見てきたが、これは最悪である。「慰安婦として強制連行された可憐(かれん)な韓国の少女たちと極悪非道の日本兵」という図式で、日本兵による少女たちに対する殴る蹴る引き裂く…の残虐な暴行、拷問場面の連続は正視に耐えない。

 客席からは悲鳴が上がるほどで、暴行によって少女たちはいつもみんな顔が腫れ上がり、唇は切れ、体は血だらけ、傷だらけだ。しかも驚くべきことに、日本兵は慰安所から脱走しようとしたとして少女たちを野原に引き出して全員銃殺し、死体は穴に蹴落とし石油をまいて焼いてしまう。

 映画はわざわざ「元慰安婦たちの証言による事実にもとづく」と銘打っている。
荒唐無稽なストーリーもさることながら、マスコミや識者、文化人から異論や批判はまったく出ず、絶賛一色という知的現実が実に切ない。(黒田勝弘)



 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する