駄文・散文帳
2016年02月04日 (木) | 編集 |
タマ

20160203181439611.jpeg


「覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)」というニュースには驚きました。今年は、多いですね、「びっくりポンや!」と思わず叫んでしまう出来事が。以下は、ちょっと注目した記事です。

英国防相はこう繰り返した…「日本は同盟国だが、中国は違う」
2016.01.31 ZAKZAK

平昌五輪、開催に不安…“鉄橋崩落”手抜き工事の疑い 高月靖氏リポート
2016.02.01 ZAKZAK



世界時価総額500大企業のうち韓国企業わずか3社…日本は32社
2015年04月16日 中央日報

<韓国の牽制に出た中国>中国、WTO・FTA規定を無視
2016年02月01日 中央日報

「韓国人、本も読まずノーベル文学賞望む」
2016年02月01日 中央日報



チャイナリスクへの露出度、韓国は世界3位=現代経済研究院
2016/02/01  朝鮮日報

米でも大人気の大谷、ピオリア市が専属ボディーガードを雇用
016/02/02  朝鮮日報

韓国のがん患者数が毎年増加 日本の1.3倍
2016/02/03 朝鮮日報



ミシュラン、日本人3人に一つ星 仏版、星付きは計24人に
2016年02月01日 共同通信



ベッキー騒動 一番悪いのはゲス川谷の妻
2016年02月01日 長谷川豊



中国受注の高速鉄道「準備不足で計画失敗のリスク高い」 インドネシア有力紙が批判

2016.2.2  MSN産経ニュース



なぜ共産党は嫌われているのか?ー設立から振り返る
2016年02月02日  Platnews(プラットニュース)


最後の記事「なぜ共産党は嫌われているのか?」は、「民主党はなぜ嫌われるのか」とセットで読むといいですね。日本の野党が、いかに酷いかを再認識できる。

今、日本のテレビでは、米国の大統領選挙が本格スタートした模様が連日放映されているけれど、ペルーでは4月の大統領選で日系人のケイコ・フジモリ氏(40)が最有力候補らしい。アルベルト・フジモリ元大統領の長女。

民主党の辻元清美氏はBS日テレ番組で、かつて自身が秘書給与流用事件で議員辞職した後に国会に参考人として出席したことを挙げ、金銭授受疑惑で辞任した甘利氏の参考人招致を求めたという。そういえば、辻元氏には前科があったんですよね。こういう人が国会議員に復帰しても信用できない。また、こういう国益を考えない左派議員と手を切らない限り、民主党は共産党以下になるであろう。

参院選を半年後に控えて―岡田「民主」凋落?沈没?より抜粋
2016年02月03日  屋山太郎

 参院選挙を半年後に控えて、民主党の姿勢が定まらない。

 民主党の岡田克也代表は当初、前原誠司氏や維新の「解党」提案に強い拒否反応を示していた。「次の選挙で民主党が政権を獲る」と頑張っている。しかし党が4分の1に沈んだということは同じ名前の再建はないということではないか。党員の多くはそれをひしひしと感じている。

 民主党の没落は偏に外交・国防政策の破綻と言えるだろう。安倍氏は消費税の3%引き上げを行った上にTPPを合意まで引っ張ってきた。それでも失業率は減少し、内閣支持率は45~50%を示している。岡田氏がやるべきことは何よりも安保反対勢力と手を切ることではないのか。そのためには「解党」が相応しい。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する