駄文・散文帳
2016年01月31日 (日) | 編集 |
トラ

20160128202321681.jpg

<U-23サッカー>韓国代表、ライバル日本に逆転負けより抜粋
2016年01月31日 中央日報

韓国五輪サッカー代表チームがライバルの日本に衝撃的な逆転負けを喫した。

申台竜(シン・テヨン)監督率いる五輪サッカー代表チームは31日、カタールのドーハで行われたアジアサッカー連盟(AFC)23歳以下(U-23)チャンピオンシップ決勝で日本に2対3で敗れた。韓国は2ゴールを先制したが、後半に3失点し準優勝にとどまった。

韓国はリオ五輪アジア最終予選を兼ねた今大会で3位までに与えられる五輪出場権をすでに確保しているが、無念さを残したまま帰国の途に就くことになった。

韓国は後半2分に追加ゴールを入れた。チン・ソンウクがイ・チャンミンのクロスを受けて感覚的な左ターンシュートで韓国2点目を決めた。

だがシャンペンを早く抜いてしまったのか、韓国は守備の集中力が急激に揺らいだ。後半22分に交替出場した日本の浅野拓磨にゴールを取られた。浅野がパスを受け右シュートで韓国のゴールネットを揺らした。韓国はすぐ同点ゴールまで許した。矢島慎也が左から上がってきたクロスをヘディングシュートで決めた。

韓国は後半33分にキム・ヒョンとキム・スンジュンを投じ同点ゴールを狙ったが、むしろ後半36分に逆転まで許した。韓国の守備ヨン・ジェミンが後方からのボールをうまく処理できず、その隙に浅野が左シュートで3点目のゴールを記録した。韓国は同点ゴールを入れるため総力戦を展開したが力不足だった。結局2対3で敗れた。


韓国は日韓戦というと試合前から異常にヒートアップし、スポーツの試合をそれ以上のものにしてしまう。日本側はマスメディアが「永遠のライバル」などと韓国に調子を合わせて熱戦報道しているが、一般の日本人は他の国々との試合と何ら変わらない気持ちだ。ただ、韓国側が異常な意気込みで日本戦を扱うので、その影響を多少は受けているかもしれない。

2012年のロンドン五輪では、試合後に韓国の選手が竹島の領有を主張するプラカードを掲げた。IOCが定めた五輪憲章に違反する行為だ。FIFAからも「FIFAの理念とスポーツマンシップに反するものであり、容認することはできない」として国際試合の出場停止などの処罰を受けた。そもそも竹島を強奪したのは韓国で、今も不法占拠しているにもかかわらず、スポーツの国際試合で異常な違反行為をすること自体、理解に苦しむ。

U23韓国代表監督は「(日本と対戦する)決勝戦で勝ったら、韓服(韓国の伝統衣装)を着て記者会見に臨むかもしれない」と必勝を誓ったそうな。正気の沙汰とは思えない。

13年にソウルで行われた東アジア・カップの日韓戦では、韓国側サポーターがハングルで「歴史を忘れた民族に未来はない」と記した巨大な横断幕を掲出。初代韓国総監の伊藤博文を暗殺した安重根や、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に日本軍と戦った李瞬臣の肖像画も掲げ、物議を醸した。

横断幕がFIFAの規定で禁止されている政治的なメッセージに該当するとの批判が集まると、「先人の教えだ」と開き直り、さらには日本のサポーターが先に旭日旗を振ったのが原因と責任転嫁した。

 その後、日本代表ユニホームの胸から放射状に11本の線が伸びたデザインが旭日旗に似ているとイチャモンをつけるなど、反日姿勢をエスカレート。旭日旗自体をナチスのハーケンクロイツと同等の軍国旗だとする議論そのものがおかしいのだが、とにかく挑発しないではいられないようだ。

 今回のリオ五輪世代が出場した14年の仁川アジア大会の日韓戦でも再び、安重根の肖像画が掲げられ、日本選手団が大会組織委員会に再発防止を求める事態となった。一部の韓国メディアは「前年の東アジア・カップで旭日旗が振られたから」と釈明。確かに、韓国は「歴史を忘れない」というか、「根に持つ」民族のようだ。

 同じように、歴史を振り返るなら、11年のアジア・カップの日韓戦では、PKを決めた韓国選手がゴールパフォーマンスで「猿」の物真似を行った。明らかな人種差別行為だったが、選手の言い分では、これも「スタンドで振られた旭日旗に逆上した」というのが理由らしい。実際に、スタンドに旭日旗があったのかは、明らかではない。

 韓国選手が「慰安婦のために」と発言するなど、今回の韓国側の異常な“盛り上がり”を見ると、またしても愚行が繰り返されてしまうのではないか、と心配だ。韓国の申台龍監督は「地球が滅亡するまで韓国と日本の戦いは続く」と息巻いているという。

 中央日報の記事は「サッカーを越えて」との小見出しの部分に主眼を置いているように思うが、サッカーの日韓戦が、サッカーの内容だけで盛り上がるようにはならないものか。韓国メディアの報道を見るかぎり、その道は果てしなく遠いように思える。

「竹島プラカード」「安重根」「猿真似」…「歴史戦」にする韓国の愚行は繰り返されるのかより


たかがサッカーである。「サッカーを越えて」とか「慰安婦のために」とか「歴史を忘れない」などというものではない。韓国の監督は「地球が滅亡するまで韓国と日本の戦いは続く」と息巻いているというが、そんな韓国を日本は相手にしてはいない。どのスポーツでも、一つ一つを大事に戦うのみ。相手が韓国だからといって特別視はしていない。

<U-23サッカー>日本戦に向けて練習開始…韓国監督「自信満々」より抜粋
2016年01月29日 中央日報

申台龍(シン・テヨン)オリンピック(五輪)代表チーム監督が改めて日本戦に対する強い自信を示した。

28日、カタールサッカー協会練習場では代表チームのリカバリートレーニングが行われた。27日の準決勝・カタール戦で勝利した後、一日のオフを挟んで練習を再開した。リカバリーに焦点を合わせたトレーニングで、日本戦への準備に向けた初めての練習だった。

ところが練習場にはあちこちで明るい笑い声が上がった。日本戦を控えた緊張感はなかった。カタール撃破の歓喜と日本戦に対する自信から来る笑いだった。選手たちは明るい表情で練習に臨んだ。申監督の表情にも笑顔が絶えなかった。自信にあふれた笑顔だった。

練習が終わった後に取材に応じた申監督は、活気に満ちた練習の雰囲気について「きょうはリカバリーに焦点を合わせた。練習場の雰囲気が良い。このような雰囲気は我々選手が日本戦に自信があるという意味だ。日本戦は自信満々だ」と話した。

日本戦への準備について申監督は「日本戦の映像を見ながら分析をした。ここで詳しく話すわけにはいかないが、勝てる戦略を立てる」としながら「日本戦の雰囲気と勝利の意志、精神は選手たちに特に話さなくてもいい。選手自身が皆よく知っている」と勝利に向けた意志を再確認した。



<U-23サッカー>韓日戦に緊張?…笑い声響く韓国の練習場より抜粋
2016年01月29日

韓国代表チームはこのような自信で団結しながら練習場で汗を流した。「日本征伐」が近づいている。



<U-23サッカー>韓国代表チーム選手「韓日戦、どの試合よりも重要…必ず勝ちたい」
2016年01月29日 中央日報



大韓サッカー協会、日韓戦応援スローガンに「日本は私たちの優勝自販(JAPAN)機」を選出
2016年01月30日 保守速報



<U-23サッカー>今夜「アジア盟主」プライドかけた韓日戦より抜粋
2016年01月30日 中央日報

「日本戦は覚悟が必要ない。無条件に勝つ。手段と方法は問わない」-申台龍(シン・テヨン)韓国監督(46)

「本当のアジアナンバーワンになる。ロンドンの借りを返す」-手倉森誠日本監督(48)

60年近く激しく競争してきた両国は、今大会で優勝トロフィーと「アジアサッカー盟主」のプライドをかけて対戦する。

国際舞台で先に頭角を現したのは日本だった。日本は1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した。80年代に入ると、韓国の反撃が始まった。83年にスタートしたスーパーリーグ(プロサッカーKリーグの前身)が滋養分の役割をした。韓国は86メキシコワールドカップ(W杯)アジア最終予選第1・2戦で日本を連破し、32年ぶりに本大会に出場した。80年から20年間、日本と26回対戦し、15勝5敗6分けと圧倒した。

韓国サッカーの急成長に刺激された日本はスーパーリーグを徹底的に分析した後、93年にJリーグをスタートさせ、飛躍の土台を築いた。Jリーグを通じて実力と経験を積み重ねた日本は、2000年代に入ると3回(2000、2004、2011年)もアジアカップの頂点に立ち、韓国を追い抜いた。同じ期間、韓国は準優勝1回(2015年)だけだ。最近は韓国が日本サッカーのクラブ運営とユース育成システムの長所をベンチマーキングしている。

韓日両国はサッカーで激突するたびに国民的な関心を集め、激しい神経戦を繰り広げた。
92バルセロナ五輪の予選では、韓国は後半終了間際にキム・ビョンス(46、現嶺南大監督)が決勝ゴールを決め、日本に1-0で勝利した。試合前に日本の監督が「韓国サッカーはもう紙の虎」と挑発したのに対し、当時のキム・サムラク韓国監督(76)は勝利の後、「日本はもうサッカーをしようと思わず、野球でもしなさい」と返した。4年後の96アトランタ五輪の予選でまた対戦した両国(韓国が2-1勝利)のテレビ生中継の視聴率は70.5%を記録した。

歴史的な背景と重なるたびにいがみ合うが、両国サッカー界は最近、韓国と日本は「相互補完的な関係」という認識を共有している。韓国サッカー代表のサポーター「レッドデビルズ」は97年11月、ソウル蚕室(チャムシル)メーン競技場で行われた日本との98フランスW杯アジア最終予選の当日、「Let’s go to France together(一緒にフランスへ行こう)」と書かれた横断幕を設置した。当時パフォーマンスを企画したヤン・ウォンソクさんは「ライバル(rival)という言葉は『同じ川辺に住む人々』というラテン語の語源に由来する。好きでも嫌いでも多くのことを共有する関係であるだけにお互い尊重は必須」と語った。韓日サッカー英雄の洪明甫(ホン・ミョンボ、47)と中田英寿(39)は国境を越えた友情を込めて『中田英寿・洪明甫TOGETHER』という本も出した。

今回の韓日戦は2012年ロンドン五輪で4強入り(韓国3位・日本4位)した両国が、その間どれほど成長したかを見る舞台だ。4年前のロンドン五輪3位決定戦では、韓国が朴主永(パク・ジュヨン、31、ソウル)、具滋哲(ク・ジャチョル、27、アウクスブルク)のゴールで2-0で勝利した。両国五輪チーム間の歴代対戦成績は14戦6勝4敗4分けと、韓国がわずかに優勢だ。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する