駄文・散文帳
2015年12月30日 (水) | 編集 |
トラ

1450652731687.jpg

韓国は主権国家という「近代の嘘」より一部抜粋
2015年12月30日 池田信夫

日韓の対立を喜んでいるのは、中国である。華夷秩序の特徴は、まさに国家を「道徳や倫理の実現」として語ることだ。中韓の「歴史問題」への執着は、彼らがいまだに華夷秩序の中にいることを示している。今回の日韓会談は、韓国の「近代の嘘」を明らかにしただけでも、安倍外交の勝利と評価していいと思う。



日韓外相会談で追い詰められたのは朴大統領だより抜粋
2015年12月29日 池田信夫

常識的には、政府間で合意したことを民間団体が拒否することはありえないが、韓国は常識的な国ではない。少女像を設置した挺対協は、今回の合意を「外交的談合」と否定する声明を出した。

平和の碑[少女像]は、被害者と市民社会が1000回を越える水曜日を見守り日本軍「慰安婦」問題解決と平和を叫んできた水曜デモの精神を称えた、生きた歴史の象徴物であり公共の財産である。このような平和の碑に対し、韓国政府が 撤去および移転を云々したり介入することはありえないことだ。

今までは、韓国政府が何を約束しても、挺対協が拒否権を発動した。今回の発表が口頭で行なわれたのも、撤去が確約できないためだろう。今のところ韓国メディアは、これまでのような全面否定の論調ではないが、求心力を失った朴大統領が、最強の圧力団体、挺対協を説得できるかどうかは疑わしい。

少女像が撤去されるかどうかは、単なる公道上の障害物の問題ではない。それは韓国が、国際法(ウイーン条約22条)違反の行為を是正する法的強制力をもっているかどうかの試金石である。それができなければ、韓国は主権国家としての統治能力がないことを世界に示す結果になる。

韓国が今回の合意を履行しない限り、日本は財団に出資する必要はない。そうすると朴政権は、致命的な打撃を受けるだろう。今回の交渉で追い詰められたのは、安倍首相ではなく朴大統領である。


韓国政府は統治能力を示せより抜粋
2015年12月29日 長谷川良

日本側は米国側の強い要求に応じて韓国との関係を正常化せざるを得なかったというのが外交の舞台裏ではないだろうか。日本側は今、韓国との関係を急がなければならない事情はないからだ。

日本は合意の際には多く譲歩したが、合意後は韓国が多くの責任を負う番となる。慰安婦像の撤去から国内の反日活動への監視など、その統治能力を証明してほしい。「政府は注意したが、彼らが一方的にやっていることだ」といった類の弁解はもはや聞きたくないからだ。

日本は韓国との確約を履行すべきだ。国内でも日本側の譲歩を批判する声が出てくるだろうが、外交交渉で合意したことは履行しなければならない。日本は国際社会で約束は守る国というイメージがある。国際機関への拠出金や分担金の支払いでも日本ほどその期限を順守して支払う国はない。韓国の出方もあるが、その国際社会の信頼を裏切らないでほしい。

懸念事項は韓国次期大統領選で誰が大統領に選出されるかだ。潘基文国連事務総長が大統領に選出されるようだと、残念ながら日韓関係が再び険悪化する事態も十分考えられる。慰安婦問題の次は強制労働問題が待っている、といった具合だ。

外交合意だけで日韓関係の正常化は望めないことは歴史が示してきたことだ。


今回の日韓合意は、両国に賛否両論が渦巻く事態に。元慰安婦の女性たちからも「受け入れたい」という声がある一方で、あくまで法的な賠償が必要だと不満の声も上がっています。日本側にも、謝罪と賠償を際限なく繰り返すなと言う声が上がっています。それは今に始まった声ではない。中韓は、何を言っても相手にしない国には抗議しないのです。中国は欧米に、韓国は中国に、家畜並みに扱われたり虐殺された歴史がありましたが、抗議しない。中韓は日本にだけ抗議し続ける。しかも、いまだに政権維持のために反日政策と反日教育を行っています。

海外メディアは概ね歓迎ムードで速報した模様。中国のみ安倍政権を牽制しましたが。

「同盟国の関係改善」米政府が歓迎 国際社会に合意支持を要請
2015.12.29 ZAKZAK



英BBC、日韓決着「国際社会で互いに非難控える」と報道
2015.12.29  MSN産経ニュース


独外務省が歓迎声明「新たな始まりへの展望が開かれる」
2015.12.29  MSN産経ニュース


インドネシア 「対話を歓迎」日韓関係改善に期待感
2015.12.29 MSN産経ニュース


シンガポールメディア高く評価「日韓は懸案のまま解決ができずにいた慰安婦問題で歴史的合意に達した」


そんななか、北朝鮮と台湾と中国では、慰安婦問題に対する日韓合意を見て、わが国にも謝罪と賠償をすべきとの声があがっているようです。やはり、中華圏は浅ましい。

「韓半島には北と南がある」北朝鮮も慰安婦被害者の賠償要求
中央日報日本語版 12月29日



台湾元慰安婦にも謝罪と賠償を=駐日代表に交渉指示―馬総統
時事通信 12月29日


中国紙は批判的「中国の被害者にも謝れ」「終止符打たれてない」 人民日報は淡々
2015.12.29 MSN産経ニュース


韓国は、反日政策と反日教育が祟って、今回のように日韓両政府が慰安婦問題の決着で合意しても、国民が反日活動を中止しない。ソウルの日本大使館前にある慰安婦問題を象徴する少女像移転にも66%が反対しています。反日政策と反日教育の成果であり、自業自得である。つい先日の会見まで、朴大統領は安倍首相の語りかけにもそっぽを向いていたのだから、仕方がない。それでも韓国紙は、朴槿恵大統領が直接、当事者に会い、説得すべきだと訴えています。

ともあれ、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像が、外国公館の品位を維持する義務を定めたウィーン条約違反であることは明白。韓国政府と韓国民の非常識さが分かるというもの。また、日本も黙っていないで国交断絶ものであることを指摘すべし。日本以外の国だったら、大使館を閉鎖するであろう。

政治活動を中止 慰安婦碑設置の韓国系団体「歴史的合意を喜んでいる」
2015.12.30  MSN産経ニュース

 米東部で慰安婦の碑の建立などに携わってきた韓国系団体「韓米公共政策委員会」(ニューヨーク州)のイ・チョルウ会長は29日、日韓両政府が慰安婦問題の決着で合意したことを評価し、今後は同問題をめぐる政治的な活動をやめる意向を表明した。共同通信の電話取材に答えた。

 合意をめぐっては、カリフォルニア州グレンデールの慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア韓米フォーラム」が28日、慰安婦の強制連行を認めておらず、河野洋平官房長官談話を後退させるものだと非難しており、賛否が分かれた格好だ。イ会長は「歴史的合意を喜んでいる。今こそ両国が抱擁を交わし、(関係改善に)共に取り組むべき時だ」と強調。今後は碑の建立などの政治的活動でなく、現代絵画の展示会や音楽祭を日韓で共催するなど文化交流を推進する考えを示した。(共同)



評価できる慰安婦問題合意
2015年12月29日 岡本裕明

欧米は休みでニュースが少ない中、ある意味、世界中がこの会談の行方に注目していたと思います。

韓国がこの問題に異様に熱くなったのは2011年の憲法裁判で慰安婦の個人的請求権はある、と判断されたことです。これが時の李明博大統領に火をつけ、それを引き継がざるを得なかった朴槿恵大統領が厳しい姿勢を貫いたのであります。今回の日本政府による10億円規模のファンドの創設は資金の出所が日本政府であり、判決にある個人的請求権に基づく支払いが出来ることが担保できたわけです。韓国政府としては憲法裁判所の判決に基づき、政治的解決が出来ました。

これは非常に大きな成果
なのですが、ほとんどのメディアの記事はこの論理的落としどころを指摘していないようです。

政府レベルでの合意は韓国政府が市民団体に一定の抑止力を持たせるということになります。つまり、「違法で迷惑な」慰安婦像が市民団体により勝手にあちらこちらに建立されることを強権で撤去する手段を作り出しました。勿論、急にそんなことすれば熱い韓国人、特に韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は反発します。よって多少時間をかけながら説得工作に入るものと思われます。ちなみにこの挺対協の英語名はThe Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan であって正に「慰安婦問題の為の韓国協議会」であります。政府レベルで合意に達したことで市民は感情的な思い出は別として新たに事を起こすことは困難にならざるを得なくなります。

これは世界の各地で建立されてきた慰安婦像の更なる拡散を抑止する力も働くはずです。例えばアメリカはこの合意が歴史的なものであり、高く称賛しています。もちろん、アメリカの腹は対北朝鮮外交において韓国と日本が同調するための外交戦略と言えますが、日本からすれば次々と建立されようとしていたアメリカ国内での慰安婦像計画を進みにくくさせるとも言えます。サンフランシスコも市議会は建立への同意はしたもののまだ建っていないはずですし、シカゴも動きが止まっているかと思います。トロントは私有地への建立に留まり、まさに慰安婦像の無秩序な拡大もその方向転換されたような気がしています。

但し、挺対協より怖いのはカリフォルニアの世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)やそのカナダ支部である第二次世界大戦アジア史保存カナダ連合(カナダALPHA=Association of Learning and Preserving the History of WWII in Asia)であります。こちらはマイクホンダ議員など政治家を絡ませながらの極論を振りかざすグループであり、こちらの対策を今後重点的に行う必要があると思います。

世界でニュースが少ない時の合意話は世界がこの問題に気を止め、一定の考慮をするというフォローの風も吹くでしょう。ムービングポストゴールと言われる韓国でここまで世間の注目を浴び、朴槿恵大統領の笑顔の意味するものは歴史的合意との評価につながり、ゴールポストが動かせなくなる気がします。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する