駄文・散文帳
2015年09月16日 (水) | 編集 |

民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた…自民・佐藤正久氏の暴露に民主党猛反発
2015.9.15  MSN産経ニュース

 14日の参院平和安全法制特別委員会で、民主党の岡田克也代表ら歴代代表が以前、「集団的自衛権の行使を容認すべきだ」と主張していたことが明るみに出た。質問に立った自民党の佐藤正久氏が“暴露”した。民主党議員らはなぜか反発して議場はヤジに包まれ、審議は一時中断した。

 佐藤氏は、岡田氏の発言が掲載された平成15年5月の読売新聞と「中央公論」17年7月号、野田佳彦元首相の著書「民主の敵」から発言を抜き出してパネルに示した。佐藤氏の求めに応じ、石川博崇防衛政務官がパネルを読み上げた。

 「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある。今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明できる」(岡田氏、読売新聞)

 「仮に集団的自衛権を憲法なり、法律なりで認めるとしてもきちんと制限を明示したほうがよいだろう。いずれにせよ、より具体的な形で議論すべきだ。最後にはその時々のリーダーが政治生命をかけて決断しなければならない」(岡田氏、中央公論)

 「いざというときは集団的自衛権の行使に相当することもやらざるを得ないことは、現実に起きうるわけです。ですから、原則としては、やはり認めるべきだと思います。認めた上で乱用されないように、歯止めをかける手段をどのように用意しておくべきかという議論が大切になってくるわけです」(野田氏、著書)


 佐藤氏は「まさに必要性を認めている。しかしなぜか6月の党首討論で岡田氏は『集団的自衛権は必要ない』と断言した」と指摘。岡田氏が米艦防護は個別的自衛権や警察権で対応できると主張を変えたことについて「外形上、他国防衛を集団的自衛権でなく個別的自衛権で行うのは危険だ」と切り捨てた。

 また、佐藤氏は、前原誠司元外相や長島昭久元防衛副大臣も行使を認める立場であることも付け加えた。


民主党の発言、特に自民党に対する攻撃発言は、必ずブーメランのように民主党に戻ってきて、民主党にダメージを与えるということは有名です。今回の「民主党歴代代表も集団的自衛権を認めていた」という事実も笑い話のようではないか。しかし、その事実を指摘されただけで、「民主党議員らはなぜか反発して議場はヤジに包まれ、審議は一時中断した。」とはおかしな話ですね。

さて、安保法案に反対するデモがピークに達しているようですが、「野党がデモ隊と呼応して安全保障関連法案に反対すればするほど、支持率が低迷するという政治現象を巻き起こしている」という事実も直視しましょう。連日、テレビで報道されている安保法案反対のデモを見て、一般の人々の顰蹙を買っていることにデモ当事者たちは気づかないのであろうか? 

FNN世論調査で分かった安保反対集会の実像 「一般市民による集会」というよりは…
2015.9.14  MSN産経ニュース

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が12、13両日に実施した合同世論調査によると、国会周辺など各地で行われている安全保障関連法案に反対する集会に参加した経験がある人は3.4%にとどまった。共産、社民、民主、生活各党など廃案を訴える政党の支持者が7割を超えた。最近注目を集める反対集会だが、今回の調査からは、「一般市民による」というよりも「特定政党の支持層による」集会という実像が浮かび上がる。

 集会への参加経験者の41.1%は共産支持者で、14.7%が社民、11.7%が民主、5.8%が生活支持層で、参加者の73.5%が4党の支持層だった。

 集会に参加したことがない人は96.6%で、このうち今後参加したい人は18.3%、参加したいと思わない人は79.3%だった。



国会前反対集会で機動隊員を群衆に引きずり込んだ疑い 警視庁、60代女を逮捕
2015.9.15 MSN産経ニュース


小池晃副委員長は、日本共産党が国会で暴露した一連の防衛省・自衛隊の内部文書について「軍事独裁ともいえる状況であり、重大な問題だ」と批判しましたが、安保法案に反対する政治家や識者の「ヘイト・スピーチ(憎悪表現)」が日に日にひどくなっています。あまりにも感情的に安倍首相を罵っているので、政治家や識者とは思えない。ヘイト・スピーチが出るとは、まさに敗北宣言をしているようなものです。

首相をサタン呼びする日本人より抜粋
2015年09月15日 長谷川 良

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設することに反対する市民団体が12日、東京・永田町の国会議事堂周辺で集会を開いたが、集会参加者は「安倍晋三政権打倒」を訴え、一部の参加者が「安倍はサタンだ」と叫んだという(沖縄県の翁長雄志知事は14日、名護市辺野古の埋め立て承認の取り消しを正式表明)。

日本のキリスト教会では伝統的に左翼思想の強い信者が少なくない。東京都内のキリスト教会は左翼シンパ活動家たちの拠点となっていたことがあったからだ。

安倍首相を「サタン呼び」し、日本の「安保関連法案」を「戦争法案」と呼ぶ日本の反政府活動家は国民に不必要な不安を駆り立てている。明らかに危険なプロパガンダだ。プロパガンダでは討論にもならない。

いずれにしても、安倍首相をサタン呼ばわりする前に、日本語を学びなおすべきだろう。言葉の荒れは心の世界の乱れを反映しているのではないか、と心配になってしまうのだ。



[古森義久]【安倍首相に対する常識外れの罵りに疑問】~「お前は人間じゃない!」と叫ぶ大学教授
9月14日 古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授)

「お前は人間じゃない!」 こんな言葉を大勢の人が集まる場で浴びせられたら、あなたはどうするか――
その表現の非常識さにあきれて、言葉を失うかもしれない。だが同時にその表現の粗暴さを逆に非難するかもしれない。いずれにしても、相手を人間ではないなどと断ずる表現は言葉の暴力だといえるだろう。

前述の言葉は実は法政大学教授の山口二郎氏により安倍晋三首相に浴びせられた公開の場での発言だった。産経新聞の報道などによると、8月30日、国会周辺での安保法制関連法案反対の集会での演説だった。

安保法制法案への反対のなかでは、映画監督の宮崎駿氏も安倍首相を「愚劣」と断じた。専修大学教授の広渡清吾氏も「バカか、嘘つきか」と述べた。この反対運動での学生団体「SEALDs(シールズ)」代表の奥田愛基氏は安倍首相の名をあげて「バカか、お前は」と述べたという。いずれもニュースメディアの報道に記録された発言である。これらはいずれも常識の範囲を超えたののしりだといえよう。簡単にいえば、悪口雑言、最近の流行の用語を使えば、「ヘイト・スピーチ(憎悪表現)」である。

いよいよ大詰めを迎えた国会での安保法制関連法案の審議は国民の間でも当然、大きな論議の輪を広げる。反対側ではとくに国会の付近に多数の人数を集め、連日のように気勢をあげる。そうしたなかでの反対派の代表たちが安倍首相個人へのこんな乱暴なののしりを発するのだ。

こうした言葉はどうみても市民社会の発言としては理性も礼儀をも失った表現として響く。とくに平和や生命の大切さを説くはずの陣営の言葉としては自己否定とも受け取れる。

そんな言葉の暴力について中国出身の評論家の石平氏が産経新聞への寄稿で「日本の『リベラル』すでに死んだ」という一文を書いていた。1989年の天安門事件に象徴される中国での民主化運動にも加わった石平氏は「私たちは中国共産党の独裁者たちに対しても『お前は人間じゃない』などという乱暴な言葉を吐いたことはない」と強調する。そのうえで「こんな言葉の暴力を容認する日本のリベラル派はすでに死んだのか」と疑問を呈するのだ。

意見の異なる相手への言葉の激しさ、鋭さ、険しさ、言論の自由はあっても誹謗の自由というのはないだろう。


本当に有識者? 首相呼び捨てで批判「安倍の頭にくぎを」「安倍は絶対倒す」「安倍を返り討ちに」
2015.9.15 MSN産経ニュース

 市民団体「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」が主催して14日夜に国会周辺で行った安全保障関連法案に反対する集会には、民主党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長ら野党幹部に続き、ノーベル賞作家の大江健三郎氏ら有識者が登壇し、廃案を訴えた。主な登壇者の発言の要旨は次の通り(安倍晋三首相の呼称は登壇者の発言を尊重しました)。

作家の佐高信氏「戦争に向かって、安倍晋三とその一派はまっしぐらに向かおうとしています。断固として私たちはそれをやめさせなければなりません。民主の『主』の字を解剖すれば、『王の頭にくぎを打つ』という言葉がある。王の頭、つまり権力者の頭にくぎを打つことが民主主義だとするならば、私たちは安倍の頭にくぎを打たなければならない。私たちの力で安倍の頭にくぎを打ちましょう

(主催者がマイクを握る)

警察部隊が危険な警備をしているために、市民の皆さんが抗議をして車道に出ている。車道に出ざるを得ない状況になっている。この警官隊の不当な警備に抗議をして、危ない状態で抗議をして行動している。皆さんの行動を支持します。しかし絶対にけが人を出さないように行動してください。ゆっくりと動いてください。周りに最大限の配慮をして行動してください。私たちの行動は非暴力だ。警官隊は市民に対する不当な挑発をやめなさい。警官隊は市民の行動に対する不当な挑発をただちにやめなさい」

「警察官は安全に万全を期すべきです。市民をこのような状態においた責任をとれ。市民の安全を全力を挙げて警察官は安全のために働くべきだ。参加者を一人も負傷させることは絶対に許さない。私たちは今日、戦争法案に反対する大行動をしている」


(この後、学生団体「シールズ」のメンバーがコール。「安倍はやめろ」「憲法を守れ」「憲法を読めない総理はいらない」「戦争を知らない総理もいらない」「安倍を倒せ」などと叫ぶ)

(主催者が最後のあいさつ)

「この警察車両は、いったいなんなんですか。私たちは憲法の権利に基づいて、ここで集会をやっています。集会に対して警察車両で包囲して、警官がわれわれを監視している。これはなんなんですか。こんなことが許されるんですか。私たちは絶対に許せない。われわれを包囲する警察車両はただちに帰れ!(帰れコールが続く)」

「これが安倍政権の本質だ。そんなことは許さないぞ! 私たちは絶対負けない。負けてたまるか! 私たちは今まで戦い続けてきた。今から2週間が私たちの戦いの最大のヤマ場になる。8月30日、私たちの平和を願う声は全国に広がった。また今日は4万5000人の仲間が国会を取り囲んでいる。引き続き戦いたい。日本の平和と民主主義と未来のために最後までがんばりたいと思います」


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する