駄文・散文帳
2015年09月14日 (月) | 編集 |

安倍内閣「支持」43% 「不支持」39%より抜粋
9月14日  NHK NEWS WEB

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より6ポイント上がって43%、「支持しない」と答えた人は、7ポイント下がって39%でした。

安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より6ポイント上がって43%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、7ポイント下がって39%で、ことし6月の調査以来3か月ぶりに「支持する」という回答が「支持しない」を上回りました。
支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が39%
、「実行力があるから」が22%、「政策に期待が持てるから」と「支持する政党の内閣だから」が、ともに12%でした。

集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案を、今の国会で成立させるという政府・与党の方針には、「賛成」が19%、「反対」が45%、「どちらともいえない」が30%でした。
安全保障関連法案について、これまでの国会審議で議論は尽くされたと思うか聞いたところ、「尽くされた」が6%、「尽くされていない」が58%、「どちらともいえない」が28%でした。

安全保障関連法案について、「憲法違反だ」という意見と「憲法違反ではない」という意見がありますが、どう思うか聞いたところ、「憲法違反だ」が32%、「憲法違反ではない」が16%、「どちらともいえない」が46%でした。



NHK世論調査 各党の支持率より
9月14日  NHK NEWS WEB

K10010234061_1509141932_1509141933_01_02.jpg



内閣支持率43・5%↑ 消費税負担軽減策「反対」7割超 橋下新党「評価せず」53%より
2015.9.14 MSN産経ニュース


デモをすべき場所は国会前ではなく中国大使館前ではないか H・S・ストークス氏より抜粋
2015.09.14 ZAKZAK

自公与党が来週中に参院で成立させる方針を固めたのに対し、野党は法案の成立阻止に向けて内閣不信任決議案の提出などを模索している。こうしたなか、米紙ニューヨーク・タイムズや、英紙フィナンシャル・タイムズの東京支局長を歴任した、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏が語った。

 野党の安保法案反対論を聞いていると、情けなくなる。共産党や社民党が「戦争法案」「徴兵制反対」などと無責任と思える扇動をするのは仕方ないが、3年3カ月でも政権を担当した民主党の幹部までが「法案は憲法違反」「廃案にする」と主張しているからだ。

 60年安保闘争に比べれば静かだったが、虚構の扇動に乗って、先月末に国会前で行われた大規模集会には約3万3000人(警察当局の把握)もの人々が集まった。残念というしかない。戦後70年過ぎても「国を守る」「国民を守る」という気概もなく、「安全保障は米国に任せておけばいい」というのか。

 すべての国家は自衛権を行使できる。それは集団的自衛権の行使も含まれる(国連憲章51条)。

 ただ、日本はGHQ(連合国軍総司令部)が懲罰として押し付けた憲法の第9条で、権利を「保有」するが「行使」しない、と解釈してきた。今回の法案は、その矛盾を少し改善したものだ。


 かつて、中国海軍の司令官が「太平洋を東西に二分割して、米中で管理しよう」と、米太平洋軍司令官に提案して一蹴されたが、本気だろう。中国は現在、東・南シナ海で軍事的覇権を目指している。台湾も沖縄も狙っている。これに反発する、日本や欧米諸国を牽制しているのだ。

 大規模集会に参加した若者について、一部の海外メディアが「日本の若者は目覚めた」と報じていたが、まったく視点がズレている。彼らは現実が見えなくなっているのだ。外国特派員のレベルの低さにはあきれる。中国首脳はきっと記事を読んで、ほくそ笑んでいるのではないか。

 現在、軍国主義と帝国主義を実践している大国は、中国である。安倍首相率いる日本ではない。野党や若者、左派メディアが抗議すべきは、人権を無視して軍拡に邁進する中国だ。目覚めよ日本人。大規模集会は国会前ではなく、東京・元麻布の中国大使館前で行うべきではないか。


テレビ朝日やTBSを見ていると、まるで日本人のほとんどが安倍内閣の安全保障政策に疑問を持っているような報じ方、安倍内閣が危険で愚かであるかのような報じ方をしていますが、実情とは異なる。ネットの発達により、偏向報道に辟易している人が多くなりました。それが、政党支持率や安倍内閣の支持率に如実に表れていますね。民主党の支持率9.8%って、どうしようもない感じがします。まさに、「民主党は解党して出直せ」である。

鬼怒川氾濫、太陽光発電の乱開発が影響した可能性
2015年09月11日 石井孝明



【悲報】 大惨事 鬼怒川のソーラー発電 建設業者「あんまり騒ぐと、ここに住めなくなるよ?」 と住民脅迫
2015年09月12日 保守速報



太陽光発電の環境破壊を見る(上)-山梨県北杜市から
2015年07月07日 GEPR



太陽光発電の環境破壊を見る(下)-無策の地方自治体
2015年07月07日 GEPR

4fa25cce.jpg

再エネ振興は菅直人首相(当時、左)と民主党政権が進め、反原発を唱えた文化人の支持が重なり、補助が膨らんだ。その価値はあったのか。(11年夏の映像。テレビ東京ニュースより)

画像:保守速報より


護憲や反原発・反米(米軍基地反対)・反自衛隊・反皇室など、およそ日本人とは思えない人々(反日主義の日本人)の活動は、今もなお続いています。ノーベル賞作家の大江健三郎氏から菅直人元首相や孫正義氏まで、一定の影響力を持つ人々の反日主義には怒りさえ覚えます。共通点は左翼であることですが、左翼であっても反日主義でなければ存在する意義はあります。韓国は言論の自由がないほど極右の国ですが、そのような国あるいは、もっと言論の自由のない共産党の一党独裁国家にはなりたくないものです。おかしなことに、言いたい放題の反日日本人らは、そのような言論統制された国が大好きですね。それは傲慢だとも言えます。日本のような議会制民主主義国家においては、政治に関して知識がなくても有権者に選挙権が与えられ、選挙に勝った政党が政権を握る。反日日本人らは、有権者を馬鹿にして、自分たちこそ選ばれた政治家および識者であるというエリート意識を持っている。自分たち一握りのエリートが国の舵取りをするから、国民は黙ってついて来なさいと…つまり、一党独裁体制の中国のような国にしたいと。

米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏は日本の「反日・左翼」な人々を「安保関連法案に反対する人々は『70年間も守られた。今後も米国に守ってもらおう!』と主張する。パラサイト(寄生)的なわがままを恥だと思わない、『米国依存症』の重症患者である。」と言う。日本の国防に片務的な責任を負っている米国が、いつまでも黙って守ってくれるとは思いません。日本だけが米軍に守られていた片務的な同盟ではなく、相互に守りあう双務的な日米同盟にする(新ガイドライン)、そのための集団的自衛権の行使容認は自然な流れである。戦後70年の平和維持は自衛隊と日米安保条約(米軍基地)のおかげであり、9条のおかげだと本気で思っている人はいないと思います。

ところで、「自主防衛を唱える主婦が朝日新聞に登場」したそうな。小林よしのり氏が述べています。

52歳の東京都の主婦の投稿だ。

「いつまで米国に依存して言いなりになっているのか」「米国の戦争に巻き込まれる」という声もあるが、これらを解決するには、日米安保条約を破棄して自衛隊を国防軍にし、真の自主防衛をするしかないだろう。

・・・そう主婦は訴えているのだ!

恐るべき女性だ。

結局、同調圧力に屈せず、勇気ある発言ができるのは女か?

これを載せる朝日新聞も凄い!

自主防衛を主張している者は、わし意外にも、宮台真司や西部邁がいる。

あくまでも思想畑の者が数人という状態だったが、ついに一般国民の中からも、そして女性から声が上がって来た。

しかもその声を取り上げたのは、全新聞の中でも、朝日新聞だった。



民主党が支える安倍政権より抜粋
2015.09.13 井本省吾

権力者に媚びる日本人が増え、彼らは媚びない日本人を告発し、弾圧の手先になる。降伏後に進駐してきたマッカーサーとGHQに対して、日本人の示した卑屈な態度と不服従の日本人を積極的に告発する姿。その無残な有様を克明に記した著書に鈴木敏明著「逆境に生きた日本人」(展転社)がある。

鈴木氏の「日本の文化伝統がめちゃめちゃになるのを気にしないのが日本民族である」という指摘を読むと、そうかも知れない、と思えてくる。

独裁国家である中国は民主国家の米国以上に酷薄な施政を貫くだろう。それでも「死ぬよりはましだ」と言うのだろうか。

だが、めちゃめちゃになっては困ると感じている日本人も多い。過半数の日本人が安保法案に反対しながらも、対抗馬である民主党の支持率が6%前後で、一向に高まらないのはそのためではないか。

自民党に愛想をつかし、一度は民主党を選んだものの、尖閣領域に進出する中国や竹島、北方領土上陸を試みる韓国やロシアの首脳の動きになすすべなく右往左往。対米関係は冷え込み、東日本大震災時の対応も危なっかしかった。これでは国は任せられないと、民主党への期待は今もしぼんだままなのだ。

民主党以外の野党の政治力はそれ以下であり、ほかにいないから自民党、それも外交に強い安部政権に任せるしかない。有権者はそう思っている。民主党の体たらくが安倍政権を支えているのである。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する