駄文・散文帳
2015年07月17日 (金) | 編集 |

日本、アジアで首位 文化など非軍事国力「ソフトパワー」ランク
2015.07.15 ZAKZAK

 英国を拠点とする国際コンサルタント会社「ポートランド」は14日、文化など非軍事の国力「ソフトパワー」の世界ランキングを発表した。1位が英国、2位がドイツ、3位が米国。日本はアジア首位の8位で、韓国(20位)、中国(30位)に大差をつけた。

 政府、教育、文化、企業活動、外交、デジタルの6分野の数値で主要国を順位付けした。1位の英国は文化やデジタル、外交で高評価だった。

 日本は教育や企業活動で高ポイントとなった。同社は「独自の文化や技術開発力で優れている」と分析。弱点として「高い教育を受けていても英語によるコミュニケーションができないことがある」と分析した。

 韓国については、サムスン電子などの財閥系企業が牽引(けんいん)する家電分野での躍進を評価する一方で、「日本との長年にわたるトリッキーな関係」との表現で、日韓関係の悪化を「深刻な課題」と位置づけた。

 中国については「経済発展に政治制度が追いついていない」と分析した。中国共産党による一党独裁体制の弊害について、「インターネットの検閲や政治的な異論の封じ込めが国の起業家精神を湿らせ、社会の発展を妨げている」とも指摘。株式市場のバブル崩壊の懸念も悪材料とみなした。



米NYで韓国の犬肉食への抗議デモが発生・・韓国ネットは「なぜ韓国だけ問題にする?」「あなたたちとは関係ない」
7月14日  Yahoo!ニュース

朝鮮日報によると、韓国で夏バテ防止などのために犬肉スープなどを食べる習慣がある「初伏」にあたる13日、米ニューヨークで韓国の犬肉食の中止を求めるデモが行われた。

デモを行ったのは動物保護団体「NYCアニマル・ライツ」の会員ら。団体側はこの日を「韓国の犬と猫のための国際行動日」に指定し、「全世界で同時多発デモを開いた」としている。

マンハッタンの韓国総領事館の前では、デモ隊が犬たちが閉じ込められたままトラックに運ばれる写真を貼り付けたプラカードを掲げ、「韓国はこのような行為をやめろ」と訴えた。また、デモ隊は「韓国では毎年200万匹の犬が残酷に虐殺され、人々の食卓にあがる。韓国人は犬の肉がアドレナリンの分泌を促進し、精がつくと信じている」などと批判。続けて「韓国の猫たちも同じ。数万匹の猫がリウマチと神経痛の特効薬“猫焼酎”を作るために犠牲になっている」と付け加えた。

さらに、「こうした残酷さと苦痛は、韓国政府の無関心によって持続している。犬肉スープ業者は、公務員に賄賂を贈って動物保護団体を威嚇し、メディアには補身湯(犬肉スープ)を賛美させる」と、韓国政府も批判した。

NYCアニマル・ライツは、ネット上でも韓国の犬肉食などに抗議する運動を展開している。


ベトナム戦争被害者2名が訪韓 証言報じた韓国メディア皆無より抜粋
2015.06.26

 韓国が封印した「黒歴史」は、「元寇」の時や1965年の日韓国交正常化前の日本漁船大量拿捕など、日本人に対する残虐行為だけではない。近年、クローズアップされているのが、本誌でも度々報じてきたベトナム戦争における韓国軍の蛮行の数々だ。


安保関連法案が衆院通過し、韓国と中国から批判の声があがっているという。ま、想定内ですね。中韓は自国が批判されると内政干渉をするなと言うが、日本に対しては何故か上から目線で何かと内政干渉してくる。で、いつものことですが、中韓の主張は日本の左翼メディアと同じ。連携している時もあるし、日本の左翼メディアが中韓にご注進(告げ口)している場合もある。

極左の辻元清美氏や日教組議員がいる民主党をおぞましく思っている一人ですが、民主党の物忘れには呆れるばかりです。自分らが政権に就いていたころに連発していた強行採決、もう忘れてしまったのであろうか。その回数、1200日余りで実に21回も! しかし、今回の第二次安倍政権では933日(7月16日現在)でたったの1回だけの単独採決なのです。

さて、国会周辺での安保法案反対のデモについて、菅官房長官は「私は全共闘世代だが当時はこんなもんじゃなかった。」と答えたそうですが、警察関係者によるデモの人数6~7000人を、主催者発表では10万人と水増しして言わざるを得ないほどの規模だった。それじゃあ民主党や共産党などに敗北感が漂ってもしかたがない。安保闘争のときは、こんな規模だったのです。水増ししても比較にならないほどの規模。「所詮そんなものは『一過性のお祭り』に過ぎない」と言う人もいる。

民主党よ、ブーメランもたいがいにしなさいより抜粋
2015-07-16  木走日記

民主党の辻元清美議員は15日午前、衆院安保特別委員会の安全保障関連法案の締めくくり総括質疑で、「今日採決するのは本当に愚行の極みになる。断じて認められない」と、自公による「強行採決」を強く批判いたしました。

民主の岡田克也代表は記者団に「違憲の疑いが極めて濃い法案が強行採決されたことに強く抗議する」と語っています。

民主党の長妻昭代表代行も国会で「国民の理解が得られていない中での強行採決は到底認められない」と批判しています。

 与党は法案の審議時間は14日までに113時間を超えて審議は尽くされたと主張したのですが、民主党は「審議は尽くされていない」の一点張りであります。

 では、民主党政権時代はどうだったのか、すこしばかり古い5年前の記事を見てみましょうか。

郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」
2010/5/31 19:10
米軍普天間基地の移設問題の影に隠れて目立たないものの、国会では、異例のペースで法案の強行採決が行われている。特にそれが際だつのが郵政改革法案で、審議入りしたその日に、わずか6時間の審議で強行採決。「前代未聞の暴挙」(共産党)をはじめ、野党側が激しく批判しているのはもちろん、与党側の一角からも疑問の声があがっている。
今国会の衆院委員会では、2010年5月12日には国家公務員法改正案、5月14日には地球温暖化対策基本法案、5月25日には放送法改正案などが、相次いで強行採決されている。
(後略)
http://www.j-cast.com/2010/05/31067690.html?p=all


どうでしょう、審議入りしたその日に、わずか6時間の審議で強行採決ですよ、民主党さん。

 しかも、これ記事にもありますけど、この月は「2010年5月12日には国家公務員法改正案、5月14日には地球温暖化対策基本法案、5月25日には放送法改正案などが、相次いで強行採決」、都合民主党政権としての「強行採決10回目」であります。

 日本の憲政史上、強行採決を連発して最も民主主義の否定に走ったのは実は民主党政権時代なのであります。

 その回数、1200日余りで実に21回です。

 今回の第二次安倍政権では、933日(7月16日現在)で1回だけです。


 民主党よ。

「強行採決」は民主主義の否定であるとするならば、あなたがた自身が民主主義の否定そのものですから。


安保反対を唱える民主の「不都合な真実」 肝心の世論は…より抜粋
2015.7.16 MSN産経ニュース

 岡田氏は本会議前の党代議士会で「2カ月前と比べ法案反対は10ポイントぐらい増え、10ポイントぐらい賛成が減った」と述べ、報道機関の世論調査を根拠に政府を批判した。だが、岡田氏は、ある「不都合な事実」には触れなかった。

 民主党は安保法案への反対闘争で、「国民の皆さんの大きなうねりと連動して闘っていきたい」(枝野幸男幹事長)と期待するものの、現実はシビアだ。主要報道機関の世論調査では、6~7月の民主党支持率は7~10%。法案が審議入りした5月より減少した調査結果さえある。安倍晋三内閣の支持率は下落傾向だが、肝心の自党の支持率が低空飛行を続けている。


【動画】記者「国会周辺では若い人達が反対の声を挙げているが…」菅義偉長官「私は全共闘世代だが当時はこんなもんじゃなかった」
2015年07月16日 保守速報

菅官房長官、定例会見

どこの記者か不明
国会周辺では若い人達が反対の声を挙げているが。

菅官房長官
私は全共闘世代だが当時はこんなもんじゃなかった。

記者沈黙


【サヨク悲報】国会前、安保反対集会に10万人(主催者発表)6~7千人(警察発表)が参加より抜粋
2015年07月16日 保守速報

国会前では法案に反対する人たちが集会を開き、法案の廃案などを求めて声をあげた。  「強行採決、断固反対!」  主催者発表では10万人、警察関係者によると6~7000人が参加し、うち数百人が夜11時過ぎまで法案への反対を訴えた。


民主議員はなぜプラカード掲げ、「委員長!」と叫ぶのか 「テレビ映像を意識した行動」との批判もより抜粋
2015/7/16  J-CAST ニュース

民主党の対応を、読売新聞は7月16日付の社説で、

「疑問なのは、多数の民主党議員らが採決時に委員長席に詰め寄って怒号を上げ、与党の『強行採決』を『演出』したことだ。カラフルな文字の紙を掲げるなど、テレビ映像を意識した行動だった」

と批判。それ以外にも民主党への批判が出た。散会後、プラカードを議場の床や机の上に放置したまま立ち去った民主党議員がいたからだ。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する