駄文・散文帳
2015年07月04日 (土) | 編集 |

元慰安婦が支援団体「挺対協」批判 「当事者の意見聞かない」「事実と異なる証言集出した」
2015.7.3 MSN産経ニュース

 慰安婦問題で日本政府に謝罪や賠償を要求している「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」に対し、挺対協から“支援”されているはずの元慰安婦の女性が、韓国メディアとのインタビューで「当事者(元慰安婦)の意見も聞かず、日本との協議を拒否している」と強く批判している。

 元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(86)は、最近発行された週刊誌「未来韓国」の中で「日本が話し合おうといっているのに。会わずに問題が解決できようか」と挺対協のかたくなな姿勢を問題視した。また、挺対協が在韓日本大使館前での毎週行っている抗議集会について「何のためにしているのか分からない。ただ、『謝罪しろ』『賠償しろ』と叫んで集会の回数をこなせばいいというものではない」と疑問を呈した。

 李さんはさらに「なぜ自分たちの思うままにやるのか分からない」と挺対協の独善的な姿勢を問題視した。「抗議を毎週やれば性格も態度も悪くなり、健康にもよくない。挺対協の人たちは闘争家の側にいるようだ」とも批判した。

 一方、「証言は私の命同然なのに、挺対協は本人に確認もせず、事実とは異なる証言集を出した」と挺対協の情報収集のずさんさも指摘。「静かな場所で証言を聞かねばならないのに、食事をしながら問答したのが大部分。そのために、(自分の)証言にはめちゃくちゃになったものが多い」とも語っている。

 李さんは一方で、1965年の日韓請求権協定に触れ「日本から援助を受け浦項製鉄を作り、京釜高速道露を建設したのはいいことだ。あの時の金で(韓国が)経済発展をしたのなら、今度は韓国政府が慰安婦問題の解決に積極的になり、日本に先立ち私たちに賠償してほしい」とも述べている。

 また、李さんは「問題を解決するなら、韓国政府が慰安婦団体と被害者らを一つの場に集めて議論し、意見を聞かなければならない。そうすれば、被害者らが何を望んでいるかが分かり、解決策が出てくる」と韓国政府に訴えている。


北朝鮮は昨年7月4日に、特別調査委員会を設置し、拉致再調査に着手。1年をめどに再調査を終えるとしていたが、2日夜に北京の大使館ルートを通じ、「いましばらく時間がかかる」として報告の延期を連絡してきたという。このような遅々として進まぬ拉致問題の解決を思うにつけ、日本が核兵器でも保有して武力を背景に戦争も辞さない覚悟で脅かさない限り、無理なのかと虚しくなる。北朝鮮の卑劣な外交は、日本だけでなく韓国をも翻弄している。しかし、韓国には「北の振り見て我が振り直せ」と言いたい。さすが同じ民族、韓国も対日外交は卑劣極まりない

対日外交だけではない。韓国の著名な女性作家に、三島由紀夫の作品「憂国」からの盗作疑惑が持ち上がり、この作家は23日付の韓国紙の紙面で盗作を事実上認めました。しかし、この作家は以下のような説明をしました。

 「問題となった三島由紀夫の小説・憂国の文章と、自身の短編小説・伝説の文章を何度も照らし合わせた結果、盗作という指摘はもっともだと思った」
「盗作という問題が提起されるのはもっともだと思い、私も自分の記憶が信じられない状況になった」

これが韓国人なのかと苦笑する。盗作であることを明確には認めてはいないし、謝罪はしないのである。

慰安婦問題も然り。韓国政府は反日政策の最大の目玉として慰安婦問題を世界中に喧伝してきました。唯一、日本に勝ったのが慰安婦問題だからです。しかし、これは元々日本側から提供されたものであったし、その発信元であった朝日新聞が誤報を認めたのです。韓国政府は、もう朝日新聞に呼応して国家賠償を求めることができないことを悟るべし。

「ハルモ二の恨」を利用したのは誰か
2015年06月27日  長谷川良

韓国の外相は、「ハルモニは自身の過去を世界に証言したいと願っている」というが、本当にそう考えているのだろうか。どの国の慰安婦がその過去を公の場で語りたいだろうか。彼女らは本来、静かに余生を過ごしたかったはずだ。しかし、韓国側は反日攻撃の武器として慰安婦問題を活用してきたのだ。時間の経過と共に癒されつつあった「恨」に塩を摺り込み、目覚めさせた張本人は韓国政府だったのではないか。

朴大統領は今月、ワシントン・ポストとのインタビューの中で、「慰安婦問題の協議は最終段階に来ている」と述べたという。この発言は慰安婦問題を国主導で推進してきたことを半ば認めたようなものだ。慰安婦問題とは、「ハルモニの恨」云々ではなく、対日交渉で有利な状況を勝ち得るための政治道具だったことを、朴大統領の発言は図らずも明らかにしているのだ。「ハルモニの恨」を晴らすことが主要関心事なら、「慰安婦問題の協議が最終段階に来ている」とは絶対に表現しないだろう。「恨」には最終段階や初期段階など存在しないのだ。

日本側は過去、「河野談話」、「村上談話」などを通じて謝罪を表明してきた。そして、「アジア女性基金」を創設して慰安婦救済に乗り出してきた。慰安婦たちもそれを聞いてきたはずだ。
一方、韓国では、慰安婦問題で日本側から謝罪を勝ち取りたいという誘惑に駆られてしまう政治家が余りにも多いのだ。これは韓国の「政治の後進性」を示すものだ。


「息をするように嘘をつく韓国」と言われますが、池田信夫氏は韓国人が平気で嘘をつくのは、その悲惨な歴史に原因があると分析しています。興味深い。しかし、韓国人のなかにも自身の国の民族のことをよく知っている人はいるようです。
→ うそで塗り固められた詐欺王国・韓国
→ 鮮于鉦(ソンウ・ジョン)記者は香ばしい韓国メディアにおけるいっぷくの清涼剤

韓国人はなぜ壊れたのか
2015年06月26日 池田信夫

おとといの日韓条約の記事がいまだにアゴラでトップなので、補足しておこう。金慶珠というのはホリプロに所属して反日言論でワイドショーを盛り上げる芸人らしいから、まじめに相手にする価値はないが、このように彼らが平気で嘘をつくのは、その悲惨な歴史に原因がある

日韓条約はもともと必要のない条約で、戦後賠償でも謝罪でもない。植民地に対して賠償や謝罪をした旧宗主国はない。これは朴政権の危機を救済するための経済援助であり、8億ドル(無償3億ドル・有償2億ドル・民間3億ドル)は当時の韓国の国家予算の2.3倍だった。

朝鮮半島は伝統的に中国の一部で、14世紀に始まった李氏朝鮮国は中国の冊封国として、500年以上にわたって軍事的支配と徴税体制に組み込まれてきた。そこでは中国の科挙制度が丸ごとコピーされ、儒学原理主義の極端なエリート支配が続けられた。


今の朴槿恵政権は、国内的にも対外的にも破綻に瀕しており、長く続くとは思えない。大して重要な国でもないので、軍政以来の「開発独裁」が終わり、まともな対話のできる政治体制になるまで、ほっておけばいい。

 もちろん、まっとうな地方紙もたくさんあると思います。ただ、地元の大企業然として「井の中の蛙」になり、言論の中身については、朝日の記事や共同の配信を有難がって思考停止しているだけでは、新聞界全体のためにもならないと思います。本書を責任編集していただいた日下先生が担当した論文にこんな下りがあります。

 ≪(地方の)知事は東京からお金を取ってくることを誇るのではなく、自らの足で郷土をつくる気概を持つべきだし、地方のメディアも中央のメディアに依るのではなく、独自に報道、評論活動をすべきである。ある地方紙の幹部にこう話したところ、幹部は「我々は県庁の主を決めることができる」と見当違いの誇りを語った。また別の地方紙の局長は「県庁に行けば下にも置かない扱いを受ける。県紙に何と書かれるかで彼らの出世も決まる」と昂然と言った。≫



韓国人は実は日本が大好き
2015年06月28日 池田信夫

「そこまで言って委員会」でも話題になったことだが、反日デマを流しているのは金慶珠のような職業的な反日芸能人だけで、実際に韓国で「日本はきらいだ」というコメントを取ることは困難だと思う。韓国のテレビではBS経由で日本の番組が流れ、日本の歌やファッションもすぐ伝わる。

ソウルに40年以上住んでいる黒田勝弘氏もいうように、韓国での日本のプレゼンスは非常に大きい。人々は日本の文化が好きなのだ。
どこの国でもそうだが、文化的優位は経済的優位の関数である。日本人がアメリカ文化をまねるのは、アメリカが金持ちだからで、文化そのものに優劣はない。

韓国人が日本にあこがれるのも、経済的・文化的に日本のほうが自由で豊かだからで、政府やマスコミがいくら反日宣伝しても変えられない。これが朴槿恵政権の最大の弱点で、彼女の反日キャンペーンを心から支持している韓国人は少ない。今さら慰安婦に金をよこせと思っている人もほとんどいない。

だから彼女も日韓50周年式典で「歴史問題という重荷を下ろすことが重要だ」と語り、日韓首脳会談で政権維持をはかろうと軌道修正を始めたが、安倍首相が妥協する必要はない。朴政権の政治的基盤は脆弱であり、ほっておけば向こうから歩み寄って来るだろう。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する