駄文・散文帳
2015年06月26日 (金) | 編集 |

「外交で友好関係を築き、自衛隊解消へ」 共産・志位氏
2015年6月23日 朝日新聞デジタル

■志位和夫・共産党委員長

 (党の安全保障のスタンスを記者に問われ)日米安保を廃棄する展望をもっているが、自衛隊を一緒に解消するという立場ではない。安保条約廃棄に賛成でも自衛隊必要と(いう人もいて)、国民的合意のレベルが違うと考える。自衛隊は違憲の軍隊だが、これは一気になくすことはできない。政権を担ったとして、平和外交で友好関係を築き、「自衛隊がなくても日本の安全は大丈夫」と、圧倒的多数の合意が熟したところで、(憲法)9条全面実施の手続きに入る。すなわち、自衛隊解消に向かう。政権を担っても、自衛隊との共存の関係が、一定程度、一定期間は続く。(日本外国特派員協会の記者会見で)



イベントで自民批判の曲 大和市が後援事後取り消しへ
カナロコ by 神奈川新聞 6月24日

 護憲団体「憲法九条やまとの会」が開催したイベントについて、大和市がイベントへの後援を事後に取り消す方向で検討していることが23日、分かった。イベントでは、アイドルグループが自民党を名指しで批判する歌詞を繰り返し歌ったため、「公共の自治体としてどうか」と自民市議らが抗議していた。市は「特定の政党を批判する内容は問題があるのではないか」と話すが、九条の会は「自由な意見を出し合うのが重要。後援すべき」と反発。市によると、事後の後援取り消しは異例という。

 イベントは市と市教育委員会が後援し、13日に市保健福祉センター(同市鶴間)で開かれた。九条の会によると、元防衛官僚の柳沢協二さんが国会審議中の安保法案をテーマに講演した後、「脱原発」を掲げる女性アイドルグループ「制服向上委員会」が出演した。

 曲目は脱原発や沖縄の米軍基地移設反対などをテーマにしたもの。歌詞に「諸悪の根源自民党」「大きな態度の安倍総理おじいさんと同じ、エリート意識・利権好きお父さんと同じ」などがあり、自民側が問題視していた。

 自民の小田博士市議は、表現の自由の観点からイベントには一定の理解を示す。ただ「自民に限らず特定の団体を批判するのであれば、公共である市が後援するのはふさわしくない」と説明した。


社民党も労組も衰退し、左翼の劣化は、「護憲」「反原発」「反基地」「親中韓」などをよりどころとする活動を見ても明らかに甚だしい。池田信夫氏は「朝日新聞も、慰安婦問題で瀕死の重傷だ。彼らが完全に消滅したあとに、初めて日本の本当の問題を語れるときが来るだろう。」と言う。それならば、朝日新聞には速やかに消滅してもらいたいものです。そもそも、反日または親中韓派の人々は、中韓の人々に対して上から目線で主張しています。韓国メディアに「良心的日本人」と呼ばれている人々。彼らは日本人だけでなく中韓の人々にも良く思われたくて優しい言葉を口にしていますが、これこそ傲慢なことである。中韓の人々にも言うべきことは言わなければならない。彼らを対等に扱うべし。韓国メディアでは、日韓の歴史認識や領土問題に関して韓国に都合良く日本に批判的な見解を示す日本人を「良心的日本人」と呼び、発言をしばしば引用するなど重宝がっています。ノーベル賞受賞者の大江健三郎氏などが代表的存在です。こうした人々が広めた韓国にとって都合がいい「日本人のものの考え方」が韓国人の対日観をゆがめ、日韓関係をこじらせているのです。

木走日記では朝日新聞を以下のように評しています。

もはや失うもののない者の強みを発揮する朝日社説~よくぞここまで安倍さんを上から目線でこき下ろし小馬鹿にすることができますなあ
2015-06-18  

よくぞ毎回、朝日社説はここまで一国の総理大臣を上から目線でこき下ろし小馬鹿にすることができますなあ。

 なんですか、朝日社説のいう安倍首相って整理するとこんな感じですか。

 首相は「何のために討論の場に立っているのか理解していない」ので、「延々と持論を展開したり」、討論相手にくだらない「レッテルを貼ったり」と、「法案への国民の理解を深めたいと本当に思っている人が取る態度ではない」と。

 でよくわかったのは、首相は「異論に耳を傾けようとしないし、異論をもつ人を説得する意思も持ち合わせていない」と。

 こんな首相と「こんな審議をどんなに重ねても」「法案の成立を許す免罪符」にもならないと。

 朝日社説のいう通りなら安倍首相って「何のために討論の場に立っているのか理解していない」ただの大ばか者じゃないですか。

 ばかな者をバカって、けなす方が大ばか者だと、私の母は幼い私によく戒めていましたが。

 それはともかく、いいですか、もし仮に朝日のいう通り安倍首相が「何のために討論の場に立っているのか理解していない」ただの大ばか者だとしたら、それは日本国の安全保障上の最高機密(?苦笑)を朝日新聞は愚かにも暴露したことになります。

 そうならば朝日新聞は国賊です、慰安婦捏造報道に続き国益を大きく害します、世が世なら即刻解散です。

 逆に事実として、安倍首相は実は何のために討論の場に立っているのかよく理解していて、つまり大ばか者でないならば、朝日は社説まで使って日本国総理大臣を「何のために討論の場に立っているのか理解していない」などと根拠なく「誹謗中傷」したことになります。

 「社会の木鐸」を自称し、「国民に真実を伝える崇高な使命を持つ」とうぬぼれていた新聞にとって、信用失墜の自爆行為であります。

 え? 朝日新聞に失墜する「信用」など、もはや、残っていないだろうってですか。

 うーん。

 そうか、もはや失うもののない者の強みなのか・・・ 

 どっちが「ひどいレッテル貼り」なのか、さっぱりわからない朝日社説なのではあります。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する