駄文・散文帳
2015年06月05日 (金) | 編集 |

民主・辻元が司法を軽視する大失言「学者が違憲て言ってるから法案撤回しろ」※合憲違憲の判断は最高裁
2015年06月05日 保守速報

防衛相、安保法案合憲と強調 民主「撤回を」、衆院特別委
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015060501001368.html


中谷・防衛相は5日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案について「憲法違反にはならない」と強調。

民主党の辻元氏は、4日の衆院憲法審査会で3人の参考人全員が「違憲」と明言したことを受け「政府は法案を一度撤回すべきだ」と要求した。

中谷氏は、憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定について「従来の憲法9条をめぐる議論との整合性を考慮した。政府による憲法解釈の裁量の範囲内で、違憲ではない」と訴えた。


衆院平和安全法制特別委員会での辻元清美氏の攻勢、ついに辻元氏も語るに落ちたか。安保関連法案に反対する辻元氏らは、学者が合憲と言ったら従うつもりだったということか。いつから合憲違憲の判断を学者がするようになったのか。「安保法制は憲法違反 参考人全員が批判」などと狂喜しているマスコミもその程度。 

こんなことで審議が進まずなんて国は日本だけであろう。日本以外の国は、自分の国は自分で守る気概がある。そのうえで他国と協力し合ったり、軍事同盟を結んだりするのである。

さらに、反日教育と反日政策を国是として日本を敵視している国々に囲まれているのに、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」では笑うに笑えない。

元社民党の辻元氏のような極左議員に、日本の舵取りを僅かでもさせてはならない。戦前・戦中・戦後と常に間違った主張をしてきた朝日新聞と同様、「反日」の人々には要注意。

「安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を求める憲法研究者の声明」なるものが発表された。無名の人ばかりだが、名誉教授など高齢者が多い。その中身は先月の左翼歴史学者と同じく、朝日新聞に洗脳された老人の繰り言である。

「昨年7月1日の閣議決定は『集団的自衛権の行使は憲法違反』という60年以上にわたって積み重ねられてきた政府解釈を、国会での審議にもかけずに、また国民的議論にも付さずに、一内閣の判断でくつがえしてしまう暴挙であった」というが、それを今、国会で審議しているのだ。それとも閣議決定の前に法案を審議しろとでもいうのか。

今の憲法を絶対化して、その解釈まで60年前と同じにしろというのは時代錯誤も甚だしい。本書も跡づけるように、明治憲法も一般に思われているほど不磨の大典ではなく、その解釈も時代とともに大きく変わったのだ。

他方で、安倍首相が思っているほど憲法が何かの障害になっているわけでもない。来年の参議院選挙で自公が2/3を取ったら、与党内で合意できる「環境権」などの人畜無害な改正をするつもりらしいが、改正のための改正なんて意味がない。本質的な問題は、明治憲法から受け継がれる明治レジームなのだ。

「明治レジーム」の起源より


「自民党がすばらしい党だと思って支持している人は少ないだろうが、どうみても野党よりはましだ。」と池田信夫氏は述べていますが、確かに劣化した左翼よりは、ずっとずっとましです。池田氏は、さらにこう言う。

「かつて左翼の中心だった朝日新聞も、慰安婦問題で瀕死の重傷だ。彼らが完全に消滅したあとに、初めて日本の本当の問題を語れるときが来るだろう。」

朝日新聞たちには日本のために、早く消滅してほしいものです。

民主党をはじめとする野党、こんなことでは自民党を超える日は来ない。

民主、攻勢中に若手が泥酔騒動 ここ一番でオウンゴールは相変わらず
2015.6.5 MSN産経ニュース



【画像】女性市議の胸触って「触診です」 大阪維新の会・井戸正利市議(52)が教育こども委員長を辞任へ
保守速報

YOMIURI ONLINE 2015年06月05日 09時08分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150605-OYT1T50020.html


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する