駄文・散文帳
2015年05月06日 (水) | 編集 |

【世界遺産登録へ】
「日本のエンジン」評価 一括申請手法が奏功
2015.5.4  MSN産経ニュース

 世界文化遺産への登録が勧告された「明治日本の産業革命遺産」。8県23施設から構成される遺産群は製鉄所や造船所、炭坑など国家の近代化に不可欠な施設ばかりだ。坂の上へと自力で駆け上がった明治日本の“エンジン”としての大きな役割が評価される一方、個別申請のハードルが高まる近年の評価基準の変化も踏まえ、一括申請した手法も奏功したようだ。

 「鉄は国家なり」。産業革命遺産は近代化を推し進めた日本の歴史的遺産でもある。明治34(1901)年操業の官営八幡製鉄所(北九州市)は日清戦争の賠償金を充て建造された。石炭を供給したのは、同じく産業革命遺産で、島影から「軍艦島」として知られる端島炭坑(長崎市)だ。三菱長崎造船所(同)では、旧日本海軍が誇った世界最大級の戦艦「武蔵」も建造されている。

 国際記念物遺跡会議(イコモス)は登録勧告の条件として、「人類の歴史上の重要な段階を物語る」ことを挙げている。それぞれの産業革命遺産をたどると、日本近代史を振り返ることができ、「物語」の要件を満たしたといえそうだ。

 一方、「東洋の産業遺産」という側面も勧告に影響したとみられる。世界文化遺産は、教会建築など西洋の歴史的建造物の登録が先行し、遺産の種類や地域の幅を広げたい国連教育科学文化機関(ユネスコ)側の意向とも合致した。

 世界遺産の総数は1007件(うち世界文化遺産は779件)に上り、件数が増加すると管理状況の悪化につながる恐れがあるため、近年は審査のハードルを高くして新規登録を抑える傾向にある。

 日本政府は個別申請では勧告を得るのは困難とみて、同じ分野の遺産を一括にまとめ推薦する「シリアルノミネーション」という手法を採用。ユネスコ側に受け入れられやすいよう申請を工夫したことも功を奏したようだ。


世界文化遺産は西洋の歴史的建造物の登録が先行し、遺産の地域の幅などを広げたいユネスコの意向とも合致したという今回登録が勧告された「明治日本の産業革命遺産」。

日本の報道ではお祝いムード一色ですが、またしても韓国では難癖をつけているのです。韓国の外務省当局者は「強制労働の事実を無視したまま産業革命施設として美化して登録するのは世界遺産条約の基本精神に反する」と言うのですが、それならエジプトのピラミッドも奴隷が建設したものだから世界遺産に登録できないはず。ともあれ、「従軍慰安婦問題の国際化を図る朴政権は、ユネスコに絡む文化活動も活用、慰安婦問題資料の記憶遺産登録へ向けた作業を進めてきた。今後は“対抗策”として慰安婦資料の登録実現努力も強める」そうです。

「日本の不幸は蜜の味」である韓国としては、日本が世界に誇れる出来事には我慢がならない。日常的に国を挙げて日本をおとしめる運動をしているので、事あるごとに結束は固い。政府もマスメディアも各種団体も一斉に迅速に難癖をつける行動に出る。さすが世界一の「反日」国家である。

ますます日本人は韓国を敬遠し、嫌い、相手にしなくなる。筑波大学の古田博司教授の提唱する非韓三原則は正論なのです。

「助けない、教えない、関わらない」

朝鮮研究者として韓国滞在生活の長い古田教授は以下のように述べています。

「韓国の民衆は好きだが、支配層、知識層は大嫌い」だと、本書の前書きに書いている。前者が「率直・単純・端的・直入・きんきら・のびやか・あっけらかん」なのに対し、後者は「ウソつき・ほら吹き・卑劣・ごますり・ふまじめ・エラそうな・見栄っ張り」だからだ。

私の韓国体験はわずかだが、ほぼ古田氏に同意する。ただ、知識層でも夜、くだけた雑談をすると、前者の「率直・のびやか」な人も多い。古田氏も「根は正直」と書いている。

だが、韓国は支配層・知識層を中心に、日本を悪者にし、歴史を改ざんし、反日を貫かないと自らの威信が保てず、政治外交的にやっていけないという精神状況にある。それを改めるのは困難で、中国と一緒になって今後ますます反日活動を強めそうだという。

この中韓に対し、日本人はどういう態度で接するが望ましいのか。古田教授の示すポイントは次の3つだ。

第一に、日本のお家芸だった対中位負け外交をすてること。いまの中国は(日本人が学び、尊敬し、ために位負けしてしまう--引用者注、以下同じ)かつての孔子の国でもなければ、古代文明の伝統も引き継いでいない

第二に、アジア主義を諦めること。日本人がいくら頑張っても彼らには日本と連帯する意思はない

第三に、(過去の歴史を)贖罪するふりをして、彼らに同情しないこと。同情に付け込んでさらに要求度を高めてくる

ただ、問題は対中戦略の立場から韓国との協調を日本に強いる米国の政治家や政府高官、知識人をどう説得するか。この点について、古田教授は「日本は米国に次のように説明するのが良い」と具体策を書いている。

(一)反日が国是の韓国は、日本の領土(竹島)を奪い、日本を仮想敵国として軍事演習を行っている

(二)韓国は日本の元首を侮辱し、日本国民の不幸を祈念する、邪悪な対日敵対宣伝行為を全世界的に繰り広げている

(三)(日韓基本条約などの)国際的な基本条約、協定を反古にする司法に政府が加担し、三権分立を悪用するのみならず、反日の過去訴求法を実施し、自由民主主義に反する国民弾圧を行っている。もはや日本には韓国と共有する価値観は存在しない


日本の外務省も3月に、韓国との二国間関係を紹介する同省のホームページで、これまで使っていた「基本的な価値を共有する」との文言を削除しました。遅すぎるくらいで、戦後の日本政府は韓国に配慮し過ぎ、結果的に韓国は日本に対して恫喝すれば何でも通ると勘違いしてしまった。韓国の日本に対する「ゆすり・たかり」を、終らせなくてはならない。

今も、韓国政府とメディアは、憎悪が動機となっている反日運動を執拗に行っています。先月、「韓国女性弁護士会と女性平和外交フォーラムが、旧日本軍の慰安婦だった女性をノーベル平和賞候補に推薦する意向を表明した」そうです。そのほかにも、以下のように、とどまるところを知りません。

「日本に敗れた」韓国、高まる政府批判 慰安婦「記憶遺産」で攻勢

明治の産業革命施設 世界遺産登録を勧告=韓国の反発必至

在米韓国大使館、反安倍ロビー活動費に1870万円投入

■朝鮮日報「悪い日本」国際宣伝、韓国の戦略に限界 


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する