駄文・散文帳
2015年05月02日 (土) | 編集 |

【動画】テレビ朝日「安倍首相の米議会での演説、多数の議員が歓迎。反発してるのは選挙区に韓国系の住民を抱えるという事情もある議員」

【NYタイムズ】米国人記者「謝罪を要求する人たちは声は大きいが少数派」

歴史マニアうならせる安倍首相の見事な米議会演説
2015年05月01日 石井孝明

見事だった米議会での首相演説
2015年05月01日 井本 省吾

安倍首相のスピーチ力
2015年05月01日 本山勝寛

安倍首相の米議会演説、アメリカでの見出しをチェック
2015年05月01日  安田佐和子


米国のキャロライン・ケネディ駐日大使は29日、安倍首相の米上下両院合同会議での演説について「米国議会に向けての演説だったが、アジアの国々にも配慮した良い演説だった」というようなことを述べていました。そうなんですよね、安倍首相の演説を世界中の人々が聞いているかもしれないけれど、そもそも米議会に向けた演説なのです。

韓国のベルリン特派員によると、ドイツのメディアも「安倍の勝利」と評価したらしい。

しかし、韓国の執拗な日本批判はとどまるところを知りません。日本だけでなく米国でも、その執拗な日本批判にはウンザリされてしまい、結局、韓国の安倍首相演説阻止は叶わず、米国にも見捨てられたのでした。外交において、日米中は次のステップへと上がっていきましたが、韓国は孤立してしまった。韓国は今回の敗北を「ロビー活動の敗北」だという間違った分析しかできない。しかも、それも日本が悪いと。どんだけ日本に甘え、日本を憎悪しているんだ。ほんとうに卑しい。

美しいほどの「日本悪玉論」~そして韓国による執拗な反日「米議会闘争」は無限に展開されていくより抜粋
2015-04-30 木走日記

 安倍晋三首相の米議会演説を阻止するために、韓国は大統領、政府、外務省、国会議長、在米韓国人団体、主要メディアまで、その総力をもって「安倍演説阻止の米議会闘争」を展開していました。

日経ビジネス
「アベの米議会演説阻止」で自爆した韓国
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150424/280347/?P=1

 当初は演説の阻止が目的でしたが、それが困難と分かると後半では演説の中で韓国に謝罪させようとしました。

 韓国政府は安倍首相の米議会演説に韓国の主張を反映させるべく米広報会社と契約、猛烈なロビー活動を展開いたします、また朴槿恵大統領は、安倍議会演説の米側キーマンの一人であるペロシ下院院内総務に「慰安婦問題の解決は急務」と直訴、外遊中のブラジルでも、「日本に、正しい歴史認識を基にした誠意ある行動を期待」と発言します。


 しかし、この猛烈なオール韓国による「米議会闘争」は、アメリカにおいて思わぬ副産物を生んでしまいました。

 米国人当事者たちが韓国の執拗さに、いい加減うんざりしてしまったのです。

 3月以降、米国の外交・安全保障関係者のもとに韓国人が押し掛けてきては「アベの演説をやめさせろ」とうるさく言ってきたからです。

 米国の外交関係者が日本人に会うたびに「日韓関係は――韓国は何とかならないのか。韓国人にはほとほと疲れた」とこぼすのが恒例になったそうです。

 米国の「韓国疲れ」です。

 結果、ペロシ院内総務は「米議会でのアベ演説に謝罪を入れさせろ」という韓国の要求を事実上無視、受け流すことになります。

 そもそも他国の首相がよその国の議会で演説することに、ここまで反対してここまでその内容にこだわる韓国の人々のメンタルは、大変興味深いものであります。

 思うに彼らの日本批判は時空を超えて「正義」なのであり、時、場所を選ばず世界中で展開されて当然の日本の「侵略」「植民地支配」の被害者たる韓国にとって当然の「権利」なのでありましょう。

 であるからこそ、「告げ口外交」などと陰口言われても、大統領は世界中の訪れた国々で日本批判、謝罪要求を言明し続けたのであり、安倍首相はアメリカ議会においても「従軍慰安婦」への心からの「お詫び」をしなければならない、それが加害者日本の「義務」であるととらえているわけです。

 場所だけでなく時間も関係ありません。
 村上春樹氏の例の問題発言を、韓国メディア・東亜日報は「無限謝罪論」ととらえています。

(参考エントリ)

2015-04-23 村上春樹氏「日本は相手国が納得するまで謝罪すべき」発言に見る見事なストラテジー&タクティクス
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150423

 この発言の「相手国が納得するまで」をすっぽり切り落として発言をこう解釈します。

 「日本政府は慰安婦被害者に対して謝罪と贖罪をし続けなければならない」

(参考記事)

[オピニオン]2人の春樹の無限謝罪論
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?bicode=100000&biid=2015041838738

 この「外交的敗北」を、韓国ではどう総括しているのか、大変興味があります。

 安倍演説を受けての30日付の中央日報コラムはその意味でヒントになりますです。

【コラム】安倍首相を抑え込むには(1)
http://japanese.joins.com/article/756/199756.html?servcode=100§code=140&cloc=jp|main|top_news

 うむ、このコラムではアメリカ人に「韓国疲れ」まで招いた韓国による執拗なロビー活動「米議会闘争」が敗北したのは、日本による水面下のロビー活動、「米国の心臓部にひそかに食い込んだ日本」によりもたらされたのだというのです。

 そしてこのコラムは、なんと更なるロビー活動の強化を、「費用がかかっても米国を動かす人に公式・非公式的に接近して心を動かせる手堅い広報とロビー戦略が必要だ」と訴えます。

 「果敢に外国広報・ロビー・戦略・マーケティング企業を雇用する案も積極的に考慮しなければならない」と再びオール韓国で「米議会闘争」を展開すべきであると主張しているのです。

 ロビー活動が失敗したのも「日本が悪い」「日本のせい」なのであります。


日韓関係は今がサイコーでしょう。関係が良好になったりしたら大変です。日本の国益を損ねます。以前そうだったように、日本国民の血税が韓国に垂れ流されます。それだけは阻止しましょう。これだけ日本に憎悪を持った国に、何を言っても無駄。韓国自身が変わらない限り、まさに「触らぬ神に祟りなし」。「韓国を助けるな、教えるな、関わるな」なのです。

慰安婦はノーベル平和賞に該当せずより抜粋
2015年04月30日 長谷川 良

韓国メディアによると、同国の韓国女性弁護士会と女性平和外交フォーラムが28日、旧日本軍の慰安婦だった女性をノーベル平和賞候補に推薦する意向を表明したという。

慰安婦が平和賞候補に該当しないと考える最大の理由は、特定の国(日本)への憎悪が背景にあることだ。憎悪が動機となっている団体、個人が平和賞を受賞すれば、ノーベル平和賞は文字通り、その瞬間、その死刑宣言を表明したことになるだろう。世界の平和を願って賞を創設したアルフレッド・ノーベルはどう考えるだろうか。

韓国は先進諸国の中でも性犯罪発生率が最も高い国の一つだ。世界で女性が最も多く性犯罪の犠牲となっている国の慰安婦たちが「女性への性犯罪防止」云々の理由で平和賞を受賞できるだろうか。

韓国では2月、姦通罪が廃止されたが、ここにきて売春合法化の動きも出てきている。慰安婦たちは何をしているのか。女性への性犯罪関連法が廃止されるというのに、彼女たちは反対、抗議のデモ集会を開いたのか。

慰安婦が「戦争時の性犯罪の犠牲者」というならば、韓国兵士のベトナム戦争時の戦争犯罪も旧日本軍のそれと同列にして女性の権利のために訴えるべきだが、慰安婦たちが韓国兵士の性犯罪に抗議したというニュースは聞かない。

慰安婦たちを批判する考えはない。一部の反日職業活動家たちが彼女たちを反日運動の道具として利用しているのだ。批判されるべきは彼らだ。ノーベル平和賞候補云々は慰安婦たちを不必要な騒動に陥れるだけで、ひいては彼女たちを侮辱することにもなる。



「韓国はなぜ日本だけを標的にする?」歴史問題で欧米から疑いの目を向けられるようになった韓国妄執“自業自得”より抜粋
2015.4.25 政治部編集委員 阿比留瑠比

韓国が日本だけを標的に歴史問題にこだわればこだわるほど、欧米で「なぜなのか」という疑問が高まり、客観的な事実関係を知ろうという新しい動きが出てきているのだ。

 今年に入り、韓国メディアは相次いで次のような米国の元政府高官の「妄言」を伝えている。

 「日本は過去、恐ろしいことをしたが、韓国もベトナム戦争の際は非常に冷酷だった。ベトナムではそれが非難を浴びている」(デニス・ブレア元国家情報長官・太平洋軍司令官)

 「日本は韓国人戦争犠牲者に8億ドルを支払ったが、当時の朴正煕政権が慰安婦と呼ばれる被害者たちに伝えていなかった。古傷が治癒しない理由がここにある。韓国は、ベトナムで韓国軍が民間人に犯した行為を脇へ置いて、韓国と国交を結んだことを考えるべきだ」(ロバート・シャピロ元商務省次官)

 欧米メディアも昨年来、韓国側の負の歴史に注目するようになり、日本を執(しつ)拗(よう)に非難する韓国の外交姿勢に疑問の目を向け始めた。次のような報道がだんだん目立つようになってきた。

 「慰安婦問題は、政争の具として利用されるべきではない。結局、日本から支払われた何億ドルもの賠償金を、犠牲者のためにではなく、莫大(ばくだい)な公共事業のために使ったのは朴大統領の父親だ」(米フォックス・ニュース)

 「ライダイハンはベトナム戦争中、ベトナム人の母親と韓国人の父親の間にもうけられた子供を指す。多くは韓国人兵士によるベトナム人慰安婦への虐待から生まれた」(米CNN)

 「韓国には、米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。ここで働いていた元米軍慰安婦120人以上が、『韓国政府が米軍のために組織した』として、1人1千万ウォンの賠償を求めて韓国政府を提訴した」(英BBCニュース)

 元米軍慰安婦の訴訟に関しては昨年末、米軍準機関紙「星条旗新聞」も取り上げている。朴大統領が慰安婦問題を提起し続けた結果、韓国が触れてほしくない問題もまた、白日の下にさらされることになった。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する