駄文・散文帳
2015年04月19日 (日) | 編集 |
TBS系列で、毎週日曜日の朝に生放送されている関口宏司会の報道番組「サンデーモーニング」">「サンデーモーニング」は、「朝日よりたちが悪い」と言われています。

その「サンデーモーニング」、本日は自民党がNHKとテレ朝の幹部を呼び聴取したことについて、岸井成格氏(元毎日新聞主筆、TBS系列「NEWS23」キャスター)が、「言論弾圧」と批判しました。毎回、同じ主義主張のコメンテーターだけを集め、司会者の関口宏氏と共に、日本を貶める韓国の反日運動よろしく安倍政権を批判し続ける「言いたい放題」の番組にレギュラー出演の岸井氏が、「言論弾圧」とはブラックジョークか! 

法令違反の番組を放置する方が問題です。「放送法違反」という法令違反が疑われるのであれば、管轄庁が事情を聴くのは当然であり、「圧力」でも「弾圧」でもない。

1993年に起きたテレビ朝日による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた椿事件を忘れたのであろうか? この事件の背景には「何でもよいから共産党を排除した反自民の連立政権を成立させる」ことにありました。そういえば民主党政権が誕生する前も、政権交代だけを目的とした偏向報道がありました。ちなみに、山口二郎氏は民主党政権が公約を実現できずに批判されたことについて「(政権交代を支援してきた自分は)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師の気分で身の置所がない」と発言したのでした(笑) 

それより、韓国による言論弾圧で起訴され8ヶ月にも渡り拘束された産経新聞前ソウル支局長に関する報道を、もっと声を大にしてやるべし。

NHKを呼び出し聴取なら、野党(民主党)だってやったではないか。
民主党はすでにNHK幹部が出席した部門会議で複数回にわたり「やらせ」疑惑を追及しているのです。

細野氏「報道の自由萎縮」 自民のNHKなど聴取を批判 民主は聴取済みだが…
2015.4.17  MSN産経ニュース

 民主党の細野豪志政調会長は17日、自民党の情報通信戦略調査会が報道番組で「やらせ」が指摘されたNHKと、出演者が官邸批判をしたテレビ朝日の幹部から事情を聴いたことについて「具体的な報道番組に立ち入った話だから心配事が出てくる。報道の自由に対し萎縮効果をもたらす懸念もある」と批判した。

 一方、民主党がNHKの籾井勝人会長を党会合に複数回呼んだことに関しては「NHK予算が適正か判断をするため会長から話を聞かなければならなかった。国会の役割を全うするためにやった」と述べ、問題はないとの考えを強調した。

 ただ、民主党は平成27年度NHK予算が成立した後の今月15日にもNHK幹部を呼んで「やらせ」疑惑について聞き取りを行っていた。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する