駄文・散文帳
2015年04月01日 (水) | 編集 |
民主党議員の言動を注視すると、この党は「百害あってい一利なし」という印象を持つ。愛国心などかけらもない。愛国心のない政治家なんて、他国では考えられないでしょう。日本の左翼だけが特殊なのです。民主党代表として初の首相となった鳩山由紀夫氏は、米紙でルーピーなどと評され、産経新聞には「憲政史上に残るほど愚劣な宰相」と批判されました。そもそも旧社民党の辻元清美氏や日教組議員を抱えているだけでも虫唾が走る。二度と政権を担わしてはならないと、改めて思いました。ま、「日教組の組織率が過去最低を更新 39年連続で低下」だそうですが。

追悼式典、五島列島、予算通過など
2015年3月13日 石破茂オフィシャルサイト

 11日は震災から四周年の追悼式典が天皇・皇后両陛下ご臨席のもとで行われました。

 民主党政権のもとでの追悼式典は、両陛下ご臨席・ご退席の際も参加者は着席のまま、国歌は斉唱ではなく陸上自衛隊中央音楽隊による演奏のみという実に異様な形式で、強い違和感を覚えたものでした。
 日本において、政権交代可能な二大政党は存在すべきですし、民主党に立派な議員がいることも事実ですが、皇室や国歌に対する畏敬の念や対応が我々とは根本的に異なる政権が日本に存在していたことの恐ろしさを今更ながらに思います。



「菅直人」元首相、韓国で“脱原発”行脚へ…ソウル国会で講演、野党党首と対談も
2015.3.16 MSN産経ニュース

 民主党の菅直人元首相は17~19日の日程で韓国を訪問し、東京電力福島第1原発事故や「脱原発」推進について、ソウルの国会など4カ所で講演する。現地の環境保護団体や最大野党で左派系の新政治民主連合などが招請した。菅氏の事務所が16日発表した。

 発表によると、講演は「福島原発事故4周忌、菅直人元総理招請-原発から安全な東アジアのための韓日交流」と題した企画の一環。19日には新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表との対談も予定されている。


民主・岡田代表「蓮舫、辻元氏はトップ狙える!?」
2015.3.27 MSN産経ニュース

 民主党の岡田克也代表は27日に出演したインターネット番組で、「蓮舫代表代行と辻元清美政調会長代理はトップを十分、狙える人たちだ」と称賛し、両氏が将来の党代表候補との認識を示した。次期国政選挙などで女性候補者の発掘を目指す同党の方針を説明する中で言及した。


さて、沖縄も何だかなぁ・・・日本から独立して中国の属国になりたいらしい。沖縄県民は、本土からやってくる左翼の連中に踊らされることなく、政府の補助金に頼ることなく、自立してから身の振り方を考えた方が良いと思いますよ。沖縄の海兵隊は長期的には縮小・撤退の方向です。「基地反対」という茶番劇は、もうやめましょう。 左翼は「ネタの尽きた平和運動のシンボルとして沖縄を食い物にしている」のですから。

政府との対立緊迫する中なぜ… 翁長沖縄県知事の来月訪中を危惧する声より抜粋
2015.03.30 ZAKZAK

 政府と沖縄県の対立が緊迫化している。林芳正農水相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、翁長雄志知事が沖縄防衛局に出した作業停止指示を一時的に無効とする「執行停止」を決定した。防衛局側の「外交・防衛上の損害」という主張を認めたもので、海底ボーリング調査などの作業は続行される。こうしたなか、翁長氏の訪中計画が注目されている。

 こうしたなか、沖縄タイムズと琉球新報は25日、「翁長知事 来月に訪中 貿易促進協に同行」「翁長知事、経済交流促進で来月訪中 要人面談も」と、それぞれ報じた。あの河野洋平元衆院議長が会長を務める日本国際貿易促進協会の訪問団の一員として、4月に訪中するという。

 物流や観光などの分野で経済交流促進を働き掛ける意向というが、このタイミングでの訪中をどう受け止めるべきか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「核を持った大国である中国が、沖縄県の一部である尖閣諸島周辺に連日のように侵入している。翁長氏はこの国防上の危機を理解しているのか。地政学上、米軍のプレゼンスは必要だ。政府との関係がギクシャクした時期に訪中すれば、中国が仕掛けている『琉球独立論』に利用されかねない」と語っている。


中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」をめぐり、さまざまな意見が出ていますが、どうなのでしょう?  英国など欧州主要国は、透明性の必要については日米と共通の認識だが、「むしろ参加してAIIBのルール作りに関与し、透明性確保に努める」との判断とされる。それなら、欧州主要国が内側で、日米が外側で中国を監視すれば良いのか。

政府、投資銀への参加表明見送り 中国主導、運営に不安と麻生氏

【AIIB】中国財政相「申請期限を過ぎても、日本と米国の参加を待ち続ける」

AIIB不参加を評する 北尾吉孝

中国投資銀、日本は「参加不要」の根拠 アジア開発銀で主導権取れる 大前研一

続々とAIIBへの参加を決めたのは、「欧州が米国を捨て、中国についた」ことを意味する。北野幸伯


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する