駄文・散文帳
2015年03月08日 (日) | 編集 |

鳩山元首相のクリミア訪問計画、菅氏も批判「首相まで務めた方…」
2015.3.6  MSN産経ニュース

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、鳩山由紀夫元首相が、ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島への訪問を計画していることを批判した。「極めて遺憾だ。訪問取りやめを強く働き掛けている」と述べた。

 日本政府がロシアのクリミア編入を認めていない点を踏まえ「首相まで務めた方だから、影響は極めて大きい」と懸念を示した。



鳩山元首相がクリミア訪問を計画 「政府の立場と相いれない」と外務省が再考を要請
2015.3.6 MSN産経ニュース

 岸田文雄外相は6日午前の記者会見で、鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部クリミア半島への訪問を計画しているとして、外務省が取りやめるよう要請したことを明らかにした。

 岸田氏は「仮に鳩山氏がクリミアを訪問すれば、ロシアによる一方的なクリミア併合は決して認められないとする政府の立場と相いれない。再考するよう強く求めている」と述べた。


民主・枝野氏、クリミア訪問計画の鳩山元首相を「元自民」と突き放し 「今は民主にも属していない」

 民主党の枝野幸男幹事長は6日、鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部クリミア半島への訪問を計画していることに関し「その方は元自民党の議員でもあり、元民主党の議員でもある。今は少なくとも民主党に属している方ではない」と述べ、不快感をあらわにした。国会内で記者団に語った。


鳩山由紀夫氏以上に「日本人として許せない」人のなかに河野洋平氏がいます。上智大学名誉教授の渡部昇一氏は「月刊正論」のなかで、以下のように述べています。

「政治家として彼を正真正銘の『国賊』だと思いました。『日本人の敵』だと思う。これほど戦後の日本で日本人の名誉を貶め、日本人に恥をかかせた政治家は他にいないのではないでしょうか。村山談話を出した村山富市首相や鳩山由紀夫首相、或いは菅直人首相もけしからんと思います。しかし、後世に至るまで私達日本人の歴史に汚点を残し、辱めたという意味で河野氏は桁違いに罪が大きいと言わざるを得ません。」

日韓併合もそうです。日本は、韓国併合に別に熱心だったわけではない。一番熱心だったのは米国と英国だったのです。日本は併合する勇気がなくて当時の清国にもロシアにもフランスにもみんな聞いたほどでした。日韓併合について韓国が悪かったというならば、当時のロシアにもシナにも全世界中に文句を言ってほしいものです。そのくらいの認識を持って事に当たらなければいけない。

 それに、日韓併合のわずか三十数年で、著しく立ち後れていた朝鮮半島を一気に近代化してしまったのです。


 ですから別に日本が自慢する必要はないが、ペコペコする必要など絶対ないのです。実際、戦後の総理大臣はそのことを知っていたから全くペコペコしていませんでした。ところが、河野氏はそうではありません。漠然と日本は悪いことをした、謝ることが正しいと思い込んでいるようにしか私には見えないのです。

「河野洋平は戦後最も日本を貶めた政治家である」より


朝日新聞も、なぜここまで日本人を貶めなければならないのかと疑問に思うほど異常な紙面づくりをしています。中韓の機関紙とも言える内容が多い。毛沢東が中国人を数千万人虐殺しようが、カンボジアのポルポト政権が人口を半減させようが、事実を報道しないし、あろうことか、その政権をかばう。韓国が竹島を強奪しても、韓国軍による日本人漁民殺害や日本漁船拿捕を正当化するような記事しか掲載しない。若宮啓文主筆は「いっそ日本が竹島を譲ってしまい、韓国がこの英断を称えて『友情島』となづけて周辺の漁業権を日本に認める」といった夢想を提示する始末。

日本のことを悪く言う日本人は、「皇室を敵視している人たちが多い」と言われます。確かに、先の選挙で「大躍進をした」と言って増長している共産党も、天皇制(現象徴天皇制含)に反対の立場をとっています。日本は、国を興してから2000年間、天皇家を中心に国を発展させてきました。天皇家は、政治の象徴として2000年間、国家の代表として存在し続けてきました。そんな日本は世界で「古代から唯一滅んでいない国家」。天皇を中心として、これほど悠久の歴史を保持している国はありません。ちなみに、ロシア革命でソ連・共産党は、ロマノフ王朝の皇帝、皇后、皇子、更に皇帝の乗っていた馬まで殺しました。

ところで、民主党の参議院議員である有田芳生氏の芳生(よしふ)という名前は、元ソ連共産党書記長ヨシフ・スターリンに因んでいるそうな。 政敵や批評家などの知識人、反対論者を片っ端から強制収容所に叩き込み、虐殺したスターリン…。

ともあれ、「日本の中にも敵あり」なのです。

古賀茂明氏がテレビから追放されたのは当たり前の話より一部抜粋
宇佐美典也 2015年03月05日

最近私の古巣の経産省の先輩でもある古賀茂明氏が「I am not Abe」などと言ったことを契機に報道ステーションのコメンテーターから追放されたようで、たいへんめでたく思っております。

古賀茂明氏に限らず、さんざん「福島の野菜は汚染されている」などと言い続けた上杉隆氏や武田邦彦氏も同じことで、こうした人たちを使い続けることをいい加減テレビメディアはやめなければいけないと思うわけです。「素人がテレビに出て、恐怖をあおって、国をめちゃめちゃにして、それで何の責任も取らない」なんていうことがまかり通ってはむしろ言論の自由の危機なわけです。言論の自由だから、コメンテーターだから何を言ってもいいわけないんですよ。

少なくとも3.11という我が国未曽有の災害を、自らの名を上げるために利用して歪んだ情報を流し続けた古賀茂明氏や上杉隆氏のような輩は、二度と良識あるメディアはコメンテーターとして起用すべきではないんじゃないでしょうか?



2015-03-02 差別撲滅のために差別で正義実現を試みる有田芳生先生
木走日記

 在特会のヘイトスピーチは悪いヘイトスピーチ。

 在特会を「豚」呼ばわりして「いじめ」るのは良い「批判」。

 「正義」レベルが違うのですね。



2015-02-26 残念な芸風になった内田樹先生より一部抜粋
木走日記

 うーん、どうしたのでしょうか最近の内田樹先生のエントリーは。

 芸風がすっかり場末の海外翻訳ブログのようになってしまっています。

 かつての深い洞察力はどこにいってしまわれたのでしょうか?

 上記のような「思い込み」「事実誤認」「推論の間違い」を一方的に書きなぐるような「質の悪い情報」提供者ではなかったはずなのに。

 安倍政権批判はあっていい。

 自民党批判もあっていい。

 しかし、「天皇とホワイトハウスしか自民党の「革命」を止める実効的な勢力が存在しないというような時代を生きているうちに迎えることになるとは思ってもみなかった」などという、「思い込み」「事実誤認」「推論の間違い」を一方的に書きなぐり、あとは海外記事の翻訳でごまかすとは、これこそ「質の悪い情報」提供そのものではないでしょうか。

 これでは議論を膨らませる余地などありません。


民主党には、辻元清美氏のような社民党出身の議員や、旧社会党出身の議員が少なからずいます。社民党からでは選挙で落選するので、民主党に鞍替えしている。彼らは事あるごとに中韓寄りの主張をする。とても日本人とは思えない言動ばかり。そして、ことごとく日本の弱体化を図るような提案をする。

日本の弱体化を図ると言えば、日教組(日本教職員組合)。一部の組合員は生徒と授業を放り出して、国会前での座り込みなどを行う。日本をダメにした元凶とも言われる。

日教組のボスと言われている輿石東氏は、民主党の参議院議員。「山梨県教職員組合の教員による政治活動問題」では、教職員の政治的な活動を禁じた教育公務員特例法や政治資金規正法に違反している疑いがあり、教員らの証言によれば、「輿石議員への政治献金として裏口座でプールされた」という。また、輿石氏は「教育の政治的中立はありえない」と述べています。こういう人が、いまだに国会議員でいられることが不思議でならない。

【阿比留瑠比の極言御免】民主と日教組の関係はどうなのか
2015.3.5  MSN産経ニュース

 安倍晋三首相が先月の衆院予算委員会で、閣僚の献金問題を追及する民主党議員に「日教組はどうするんだ」とやじを飛ばした問題が物議を醸している。首相はこのほか「教育会館から献金をもらっている民主党議員がいる」と答弁し、後に事実誤認を認めて発言を撤回、陳謝した。

 自らの答弁が勘違いであると分かれば、ただちに訂正するのは当然だ。ただ、首相が質問者と直接関係ない日教組に言及し、それに民主党側が「デマ首相」(枝野幸男幹事長)と批判するほど強く反発したのはなぜだろうか。

 ここをきちんと押さえておかないと、何が問われているかが分からない。そこで「日教組のドン」と呼ばれる民主党出身の輿石東(こしいし・あずま)参院副議長の地元、山梨県の元教員に感想を聞くと、こんな答えが返ってきた。

 「山梨の場合、教育会館は山梨県教組の選挙資金の集配所になってきた。同時に、ここに組合員を集めて投票依頼の電話をさせる選挙活動の拠点だった。安倍さんは言い方はともかく、本質的に間違ったことを言ったわけではない」

 日教組は民主党の有力支持団体であり、中でも山梨県教組は組織率9割を背景に高い集票力を誇る。
昨年12月の衆院選でも「活発に選挙活動を展開し、自民党候補を選挙区で落選させた」(元教員)とされる。

 また、長年にわたって国政選挙など重要な選挙がある年には、選挙資金としてボーナス時に校長3万円、教頭2万円、一般教員1万円、OB教員5000円の半強制カンパが行われ、数千万円単位のカネが使途不明のまま闇に消えていた。

 例えば山梨県教組の政治団体「県民主教育政治連盟」の政治資金収支報告書は当初、平成11~15年の寄付金額をゼロと記載していた。ところが、産経新聞がこの不透明な資金の流れを報じると15年の報告書の寄付金額を1021万円と修正し、輿石氏の選挙があった16年には5142万円を計上したのである。

 あまりに不自然だが、輿石氏はこの政治団体の役員である「顧問」を務め、国会で「私自身の政治団体」と述べたこともある。

 この問題をめぐっては政治資金規正法違反の罪で山梨県教組幹部らが略式起訴され、教育公務員特例法に抵触したとして停職などの処分を受けた教員らは24人に上る。にもかかわらず、輿石氏は民主党内で何も問題視されず、それどころか現在の地位に上り詰め、いまだに参院民主党で隠然たる勢力を維持している。

 ちなみに16年12月の自民党による調査報告によると、山梨県内に9つある県教育委員会所管の公益法人である教育会館のうち、中巨摩(なかこま)では事務室内に輿石氏のポスターが貼られ、東八代(ひがしやつしろ)では輿石氏の顔写真が額に納められて掲示されていた。さらに各教育会館の管理責任者は山梨県教組支部の書記長だったという。

 加えて政治資金収支報告書によると山梨県民主教育政治連盟の本部は、県教育会館内にあることになっていた。民主党は首相の勘違いをそんなに偉そうに非難できる立場だろうか。

 ■「中立などありえぬ」

 「(日教組は)政権交代にも手を貸す。教育の政治的中立などといわれても、そんなものはありえない」

 民主党が政権を取った21年の日教組の新春の集いで、輿石氏はこう高らかに宣言していた。民主党が日教組に触れられると激烈な反応を示すのは、うしろめたいものがあるからではないか。(政治部編集委員)


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する