駄文・散文帳
2014年11月03日 (月) | 編集 |

手すき和紙の技術 無形文化遺産登録へ
2014年10月28日 NHK NEWS WEB

世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に、日本が推薦した伝統的な手すき和紙の技術が登録される見通しになりました。

ユネスコの無形文化遺産に登録される見通しになったのは、島根県の「石州半紙」、岐阜県の「本美濃紙」、それに埼玉県の「細川紙」のいずれも「こうぞ」だけを原料に伝統的な手すきで作られる和紙です。
このうち「石州半紙」は平成21年にすでに登録されていますが、政府は日本の和紙作りの技術を世界により強くアピールしようと、去年、3件をまとめて新たに推薦していました。
その結果、事前審査を行うユネスコの補助機関は日本時間の28日未明、「『こうぞ』の栽培を促進したり手すきの体験活動を行ったりするなど、世代を超えて技術が継承されている」として登録がふさわしいと勧告しました。
文化庁によりますと、登録がふさわしいという勧告が覆された例はないということで、来月パリで開かれる政府間委員会で正式に登録が決まる見込みです。
下村文部科学大臣は「大変喜ばしいことであり、勧告どおりに登録されるよう最善を尽くしていきたい」とするコメントを出しました。
ユネスコの無形文化遺産には去年、和食の食文化が登録されるなど、日本ではこれまでに22件が登録されています。

1300年に及ぶ歴史

「本美濃紙」は、岐阜県美濃地方で作られる美濃和紙の中でも厳選されたこうぞを原料に、昔ながらの手すきで1枚1枚仕上げるすきむらのない美しい高級和紙です。
美濃地方で作られた和紙は、正倉院に残る戸籍の紙にも使われており、その歴史は1300年に及ぶとされます。
なかでも本美濃紙の技術は、美濃市の保存会の職人たちに受け継がれ、国の重要無形文化財に指定されています。
「細川紙」は埼玉県小川町と隣の東秩父村に受け継がれてきた手すきの技術です。
歴史は1300年と言われ、丈夫で薄い和紙を作る技術は国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

改めて提案した登録

本美濃紙はユネスコの無形文化遺産として、平成21年に一度、登録の提案をしましたが、すでに登録されている島根県の石州半紙に似ていることから登録が見送られました。
このため、文化庁は去年、石州半紙や埼玉県の細川紙と共に改めて本美濃紙を「日本の手漉き和紙技術」として、無形文化遺産に登録する提案書をユネスコに提出していました。

“チョコの祭典”日本人パティシエ最優秀賞より抜粋
2014年11月1日 日テレNEWS24

 フランス・パリで開かれているチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で、兵庫県のパティシエ・小山進さんが外国人部門の最優秀賞に選ばれた。

 今年で20回目を迎えた「サロン・デュ・ショコラ」は、毎年10万人以上が訪れる世界最大のチョコレートの祭典。今年で4回目の参加となる小山さんは、抹茶とパッションフルーツを混ぜ込んだチョコレートなど新作4点を出品。外国人部門の最優秀賞を獲得し、先月31日に表彰された。

 審査員「すべてがおいしく、完璧でした。審査員は皆、コヤマのチョコはどれも抜群と採点した」


日本の職人芸は伝統工芸から料理まで世界に誇れるものです。運行ノウハウや人材などのソフト面を含む総合力に長ける日本の鉄道技術なども素晴らしく、「おたく」とも言える国民性の成せる技なのであろうか。

さて、朝日新聞が悪あがきをしている模様。

「一面的内容なら不適切」と文科相 朝日新聞作成の中学・高校生向け「教材」で 
2014.10.29 MSN産経ニュース

 朝日新聞が今夏、沖縄戦について「日本軍は住民を守らなかったと語りつがれている」などとする中学・高校生向けの教材を作成し、希望する学校に無料配布している問題で、下村博文文部科学相は29日、衆院文部科学委員会で「一面的な記述ならば副教材として不適切」との見解を示した。田沼隆志議員(次世代)の質問に答えた。

 朝日新聞が作成、配布しているのは教育特集「知る沖縄戦」で、日本軍が住民に集団自決を強要したり、幼児を抱えた母親を避難壕(ごう)から追い払ったりする場面など残虐な記述が多く、教育関係者から「偏向的であり生徒に誤解を与える」との批判が上がっている。

 この日の衆院文科委では、田沼議員が「非常に一方的な内容だ。学習指導要領の趣旨から逸脱し、教育現場にはふさわしくない」などと指摘した。

 これに対し下村文科相は「報道によると、歴史の光と影の、影の部分しか記述がないのではないか」と懸念を示した。その上で「バランスのとれた内容であれば問題はないが、そうでなければ、副教材として(学校で)使うのは適切ではない。まずは私自身が全文を読んでみたい」と述べた。



朝日新聞教材 説明文でも日本軍の嫌悪あおる記述 専門家「一面的な歴史観に貫かれている」
2014.10.26  MSN産経ニュース

教育関係者からは「子供たちがこれを読めば日本軍を嫌悪し、その思いは自衛隊への悪感情にもつながるかもしれない」と懸念する声が上がっている。

 一方、日本軍が県民を保護して必死に戦ったり、県民が沖縄を守ろうと率先して日本軍に協力したりした様子は、ほとんど書かれていない。


子供の嫌いな者に学校の先生にはなってもらいたくないように、日本を嫌いな者に政治家やジャーナリストになってもらいたくないものです。なぜなら、国益を大きく損ねるからです。慰安婦問題を捏造して世界に拡散した朝日新聞や、低俗な内容と誇張や虚構にもとづく内容の記事を世界に配信した毎日新聞社の英語報道メディア(毎日デイリーニューズ)など典型的な例です。日本が嫌いだから出来ること。
→ 毎日デイリーニューズWaiWai問題

先日も、安倍首相が「撃ち方やめになればいい」と発言したと朝日新聞などが報じたことに関し、安倍首相は国会中継中に枝野幹事長の質問にこう答弁しました。「きょうの朝日新聞ですかね、『撃ち方やめ』と私が言ったと報道が出た。これは捏造です。朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としていると、かつて主筆がしゃべったということです。私に確認すればすぐ分かることです。私が言ってもいない発言が出ているので、大変驚いたところです」。さらに安倍首相は30日付朝日の「野党の追及が弱まることを期待した発言だが、かえって反発を買う可能性もある」との記述に対して「火のないところに火をおこして風をあおっている」と語気を強めました。

「朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としていると、かつて主筆がしゃべった」…この主筆とは若宮啓文氏のことで、朝日新聞の主筆時代に三宅久之氏との対談で、三宅「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか」、若宮「できません」、三宅「何故だ」、若宮「社是だからです」との発言があったとされる。(Wikipediaより)

若宮氏は現在、韓国の東西大学碩座教授、国立ソウル大学日本研究所客員研究員。

朝日新聞 世紀の大誤報
2014年10月31日 池田信夫blog

『朝日新聞 世紀の大誤報』(アスペクト)が、電子書籍で発売されました(紙は11月末)。朝日新聞が20年以上にわたり誤報し続けてきた慰安婦問題。日韓問題を取り返しのつかないほどこじらし、国際社会における日本の名誉を大いに傷つけた、この戦後最大のメディア犯罪はなぜ起きたのか? 

20年以上前にこの問題を取材し、慰安婦の強制連行が存在しなかったことを指摘し続けてきた著者が、朝日新聞が誤報にいたった経緯、そして今回の記事訂正までの経緯を解説しつつ、慰安婦問題の全体構造を読み解く。さらに今後の処方箋も提案。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する