駄文・散文帳
2014年10月04日 (土) | 編集 |
680648f5.jpg

FIFA公式Weeklyマガジンの「日本人選手特集号」の表紙wwwwwwww

FIFA公式Weeklyマガジンの最新号、おとなり激怒必至w

旭日旗、FIFA公認www

世界中で人気の昇天旗www

「 旭日旗はデザインが美しい」 米アマゾンで旭日旗が高評価


<仁川アジア大会>疑惑の判定?米国でも注目「新しい俗語ができた。韓国するな=不正するな」「平昌五輪でも…」
Record China 10月3日

2014年10月2日、仁川アジア大会でボクシング女子ライト級に出場したインドの選手が、銅メダルの受賞を拒否したことが報じられ、米国のネットユーザーの間でも注目を集めている。

インドのサリタ・デビは準決勝の判定を不服として、表彰式で銅メダルを拒否。疑惑の判定で敗れた相手で、銀メダルを受賞した韓国のパク・ジンアに、自身が受け取るはずの銅メダルをかけた。韓国でインド選手のこの行為を批判する声が続くなか、米国のネットユーザーはインド選手の勇気を称賛し、韓国を批判するコメントが多く書き込まれている。

「韓国は不正が多過ぎる。2014年の韓国のばか試合だ」
「これが韓国のスタンダードだ。1988年のソウルオリンピックも、2002年の日韓ワールドカップもそうだ」
「これは2018年の韓国(平昌)冬季五輪のプロローグだ」
「世界的な新しい俗語ができた。韓国するな=不正するな」


「この不正に立ち上がってくれてありがとう。あなたは真のヒーローだ」
「勇気ある女性。尊敬します」
「心が引き裂かれる。けれど、負けた選手は今回の勇気ある行動によって、金メダリスト以上に人々の記憶に残ることになるだろう」
「本当のチャンプはサリタ・デビだ」
「銅メダルを返したことで、サリタ自身はダイアモンドになった!」
「インドの雌トラの彼女が、2016年の(リオデジャネイロ)オリンピックに出場してみんなを打ち負かすことを望む」



仁川アジア大会は「史上最低」の評価 韓国メディア「世界に恥さらした」
2014.10.02 ZAKZAK

 韓国・仁川(インチョン)で開催されているアジア大会の評判が最悪だ。サッカー男子準決勝・日韓戦の会場で、日本の初代総理大臣で初代韓国統監の、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根(アン・ジュングン)の肖像画が掲げられただけでなく、各国選手があきれ果てるトラブルが続発しているのだ。中国メディアも「スキャンダルだらけ」と指摘する同大会について、ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。

 仁川アジア大会は、今週末まで日程を残すが、早々と施設の質、大会運営の面で「史上最低の大会」との評価が固まってしまったようだ。決して“嫌韓派”が言っているのではない。韓国のマスコミが「世界に恥をさらした」と批判しているのだ。

 日本のマスコミは、サッカー練習場にシャワーがなかったこと、選手村のエレベーターが動かず22階まで上り下りしたこと、浴室の排水口が詰まっていたことなどを挙げ「アウェーの洗礼」と報じた。

 だが、選手村の件は日本を標的にしたわけではない。韓国人なら「新築マンションだって、そのぐらいは当たり前」と思うはずだ。彼の国の建築とは、その程度のレベルなのだ。

 韓国の通信社「ニューシス」の仁川本部長が、同国CBCテレビ(9月24日)に語ったところでは、「タイ野球チームは照明がつかずナイター練習ができなかった」「300億ウォン(約31億2660万円)かけた新しい射撃場なのに、選手たちが利用できるロッカーがない」「トイレットペーパーのないトイレがある」。

 そして、圧巻は「配管がうまくなく、尿が(会場外に)漏れ出ているところがある」

 日本ではバドミントン会場での「疑惑の風」が問題になったが、前段がある。同会場では前日、12分間の停電があった。使用電力量の推計を間違っていたためで、それが当日、エアコンをオンにしたりオフにしたりにつながった(ついでに韓国側に追い風になるようにしたのだろう)。

 停電に比べたら、大会のシンボルである聖火が10分間も消え、組織委が大慌てしたことの方がギャッグっぽい。センサーの故障とか。ただ、韓国紙は「事前検査をしなかったのでは」と疑問を呈している。

 韓国のボランティアがしばしば、入社試験の履歴書に添付する「ボランティア証明書」を得るために行われることは、拙著『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)で述べた通りだが、この大会でもいろいろあった。

 野球の練習場では、ボランティアが選手を取り囲み、ボールへのサインをねだった。そのボールは持参したものではなく、これから競技で使うために用意されたボールだった。

 暇な時間だからと、会場裏でカード賭博(おそらく花札だろう)をするボランティアもいた。プロテスタント本流が「異端」と非難する教団から集団応募してきたボランティアは、イスラム圏の選手にも宣教活動していた。

 この部門での悪韓、いや圧巻は「待遇が悪い」とボランティアが大量離脱したことだ。韓国では「ボランティア=無料奉仕者」ではないのだ。

 韓国柔道連盟の会長は、取り巻き数人を無料入場させようとして、警備員からとがめられると「ここでは俺が王様だ」と息巻いた。

 役員や記者の入場証を借用して摘発された件数が、9月27日までに60人とか。


 韓国紙には「準備不足」「田舎の運動会」といった活字が躍るが、日本の田舎の運動会はもっとちゃんとしているのでは…。2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪がどうなるのか、心配になる。


盛り上がらぬ仁川アジア大会と韓国経済の暗い影 朴大統領は怪気炎… より一部抜粋
2014.09.11 ZAKZAK

韓国経済が落ち込んでいて、国民が幸せでない状況認識を語っているように思える。

 そして、あちこちの道路で突然の陥没(シンクホール)現象が発生している。まさに「韓国沈没」。国民が心やすらかでいられるはずがない。

サムスンと現代(ヒュンダイ)自動車の2大財閥の不振、対中輸出の落ち込みと、中国の類似産業部門での追い上げが、暗さの根底にある。

 そうした中で、朴氏は今月1日、「われわれが日本の失われた20年のような愚を犯さないためには、労・使・政が知恵を合わせなければならない」と演説した。

 日本は、その20年間にも、金融資産大国であり続けたし、リーマン・ショックで打ちひしがれた韓国を支援した。そんな現代史も、この大統領はご存じないらしい。

 それにしても、日本のような「愚を犯さないため」とは、よく言ってくれたものだ。「千年恨」以来の歴史に残る発言になるだろう。


元朝青龍もブチ切れた「あの国には行かん!!」 仁川アジア大会の醜悪ぶり

タイで嫌韓ムード過熱…嫌韓動画&「インチキ韓国」ハッシュタグ流行→韓国人、タイ国王侮辱で挑発→さらに嫌韓拡大、収拾つかず

【アジア大会】 女子ボクシングで韓国に八百長疑惑 敗れたインド選手は銅メダル受領拒否

【バドミントン】 韓国が空調操作疑惑に反論 「節電のため空調のオンとオフを繰り返しただけ」

【アジア大会】 バドミントンの風問題、4か国が抗議文提出 韓国「意図的ではない」


韓国・仁川(インチョン)で開催されているアジア大会は史上最悪と言われていますが、確かに上の記事の内容だけでも酷過ぎる。2002年日韓ワールドカップのときの韓国評を思い出したのは私だけではあるまい。韓国人はプライドが高いと言われていますが、そうではないと思う。プライドが高かったら、こんなことは起きない。プライドが高かったら、不正をしてまで試合に勝とうとは思わないはずですが、韓国は何をしても勝ちたいと思っているようです。ちょうど日本の左翼が、イデオロギーのためなら捏造報道も辞さないように、目的のためなら不正まで行ってしまうという愚かさ。

韓国は大統領が告げ口外交を行って世界中で日本の悪口を言いふらしたり、「日本引きずり落とし運動」を行ったり、米国に慰安婦像と石碑を設置したりしていますが、結局のところ、その努力もむなしく、世界中から韓国自身が嫌われてしまっている。当然ですが、そんな国は尊敬されません。米国でも「アメリカ人の好む国、日本は3位にランクイン」しています。韓国は「嫌いな国3位の中国」よりも下位。

朝日新聞の第三者委員会のためのアジェンダより抜粋
2014年10月03日 池田信夫blog

朝日新聞の慰安婦報道についての第三者委員会のメンバーが決まった。

注目されるのは、外交の専門家が3人(岡本・北岡・波多野)も入っていることだ。それも岡本氏は外務省OBで、北岡氏は安倍首相のブレーンとして集団的自衛権をまとめた、朝日の天敵である。外交のプロなら、コアの問題が請求権であることは理解しているだろう。

「朝日文化人」がいないことも特徴だ。しいてあげれば保阪氏が朝日の立場に理解を示しているが、彼も強制連行がなかったという認識は同じだ。他にも秦郁彦氏などが準メンバーだから、常識的な線でまとまるだろう。

最大の懸案は世界に広がった「性奴隷」の誤解をどう解くかだ。

私のところに来る外人のツイッターは、慰安婦=性奴隷=強制連行=人身売買=ホロコーストといった混乱した話をする。この誤解を訂正することは困難だが、まず朝日新聞が正しい事実関係を確定し、英文で海外に発表する必要がある。

朝日は「吉田証言は嘘だが、強制連行はあったかもしれない」という話をしているが、少なくとも外交的に係争中の朝鮮半島では、軍が慰安婦を連行した事実はない。この点を朝日が全面的に撤回すれば、海外メディアも事実関係を調べ直すだろう。

そうすれば元慰安婦の証言も嘘だと気づき、慰安婦問題そのものが「壮大な虚構」であることは、プロならわかるはずだ。政府は河野談話から踏み出せないので、朝日新聞にできることのほうが多いと思う(この点は朝日のOBも同意した)。


さて、昨夜の報道ステーションに出演していた社会学者の古市憲寿氏が、3日の衆院予算委員会での自民党議員の発言に関して批判をしていました。稲田朋美政調会長が「「吉田証言をもとに日本の名誉は地に落ちている。世界中で広まるいわれなき不名誉な汚名を不作為によって、そのままにしておくのは将来に禍根を残す」と述べたことなどに関して、「右傾化」「靖国参拝」「独裁者」などという言葉を駆使して、「慰安婦」だけでなく、「安倍首相」が世界からどう思われているのかと問題提起。しかし、安倍首相に批判的なのは、それこそ共産党の一党独裁国家である中国や、世界一の反日国家で常に日本に対してヘイトスピーチを行っている韓国、朝日新聞をはじめとする日本の左翼メディア、朝日新聞と提携している米メディアなどです。時の権力を批判するのはメディアの仕事かもしれませんが、偏向報道は許されない。日本のほんの一部の人々、数百人のヘイトスピーチを批判するなら(ヘイトスピーチには反対なので批判しても良いが)、長年にわたって国家ぐるみで日本に対してヘイトスピーチしている韓国をも批判すべし。韓国の場合、「反日」政策と「反日」教育は人種差別とも言える。安倍首相を独裁者と言うなら、周辺国家には超・超・独裁者ばかりいる。靖国参拝は中国外相の言葉を借りると「内政干渉」に当たる。

慰安婦問題「朝日も産経もない。国民運動で名誉回復を」自民・稲田氏
2014.10.3 MSN産経ニュース

 自民党の稲田朋美政調会長は3日の衆院予算委員会で質問に立ち、朝日新聞が慰安婦報道についての誤りを認めたことに関し「報道の自由が憲法上優越的な地位を認められているのは民主主義の基盤だからだ」と指摘した上で、「優越的地位にふさわしい責任、真実に謙虚に向き合うべきだ。朝日は自らの責任を認識し、真摯(しんし)に検証をした上で全力をあげて日本の名誉回復に邁進(まいしん)してもらいたい」と要求した。

 また、「この問題には与党も野党も朝日新聞も産経新聞もない。党も政府も政治家も言論人も経済人も日本の名誉のために国民運動として邁進するべきだ」と訴えた。

 さらに「自民党としてもどのように名誉回復をはかっていくのか、具体策を検討する場を党内に新たに設けたい」と述べた。


良いニュースにも注目しましょう。

日本の薬でフランス女性快方へ 富士フイルム傘下企業が開発 インフル薬を投与
2014.10.3 MSN産経ニュース

 リベリアで医療活動中にエボラ出血熱に感染したフランス人の女性看護師が、日本の製薬会社が開発したインフルエンザ治療薬を投与された後、快方に向かっていることが分かった。フランスメディアが3日までに報じた。

 治療薬は、富士フイルム傘下の富山化学工業(東京)が開発したファビピラビル(販売名・アビガン錠)。今年3月に日本で承認を取得したが、エボラ熱に対する承認は得ておらず、エボラ熱の患者への投与は初めてだった。

 フランスからの要請を受けた富士フイルムが、日本政府と協議の上で薬を提供。看護師は9月19日から服用を始めていた。(共同)


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する