駄文・散文帳
2014年09月23日 (火) | 編集 |
日本では日本人選手のメダルダッシュの話題で持ちきりですが、韓国・仁川のアジア大会が酷いことになっているようです。まともな大会運営ができてない模様。21日のバドミントン男子団体で日本は惜しくも韓国に敗れましたが、ゲーム中に会場の風向きを意図的に変えたのではないかと、日本をはじめとする4か国が大会の組織委員会に抗議文を提出しました。これに対して、韓国側(担当者)は「意図的なものではない」とコメントしていますが、常に韓国に有利な風が吹いてるのに意図的でないわけがない。さすが、捏造でも慰安婦問題を喧伝する韓国、勝つためなら平気で不正をする。

バドミントンで風操作か 対韓国戦 日本コーチがJOCに報告
2014.9.22  MSN産経ニュース

 仁川アジア大会バドミントン日本代表の舛田圭太コーチは22日、韓国に敗れた21日の男子団体準々決勝で場内の風が日本に不利になるように操作された可能性があると日本オリンピック委員会(JOC)に報告したことを明らかにした。

 最近は熱中症対策などで空調を使うことが多く、現時点で大会組織委員会に抗議はしないが、舛田コーチは「個人戦で他の国からもクレームが出た場合は同調する」と話した。

 問題となったのはシングルスのエース田児賢一選手(NTT東日本)が格下選手に逆転負けした一戦。田児選手は相手の打球が伸び、自分のショットが失速する向かい風を感じたという。バドミントンのシャトルは5グラム前後で風の影響を受けやすく、舛田コーチは「第2ゲームから不利な向かい風が吹いた。最終ゲームでサイドが入れ替わったら、また向かい風になった。さすがに不可解」と話した。(共同)



アジア大会、選手用の弁当からサルモネラ菌 76個廃棄
AFP=時事 9月22日

韓国・仁川(Incheon)で開催中の第17回アジア競技大会(17th Asian Games、Asiad)の組織委員会は22日、選手用の弁当からサルモネラ菌が検出されたため、用意した76個を全て廃棄処分し大規模な食中毒を未然に防いだことをAFPの取材に明らかにした。

関係者赤面、アジア大会で聖火消える珍事

 サルモネラ菌は、21日に仕出し業者が準備した弁当の肉から検出されたもので、射撃、フェンシング、重量挙げ、セパタクローを含む競技の出場選手らがこの弁当を希望していた。選手たちには代わりのパンと牛乳の軽食が用意されたが、配られたのは数時間後で、結局昼食を食べなかった選手もいたという。

 組織委の広報担当者によると、問題を起こした仕出し業者は契約解除となり、別業者との契約が結ばれたという。


続・アウェーの洗礼 アジア大会出場中の若き日本代表を襲うピッチ外の戦い
Soccer Magazine ZONE web 9月15日

宿舎の浴室もエレベーターも故障

 U-21日本代表は、14日の韓国・仁川のアジア大会初戦で、クウェートと対戦して4-1で勝利を飾った。だが、さらなる“アウェーの洗礼”を受けていることが明らかになった。

 15日午前10時半、チームは仁川の選手村から車で15分程度の距離にある練習場で汗を流した。リカバリーメニューのみをこなしたクウェート戦で2得点を決めた新潟FW鈴木武蔵は選手村の“惨状”をこう明かした。

 「お風呂は修理に来る人が見に来たみたいだけど、直してもらえるかは不明です。それからエレベーターも壊れていて、(居室の)22階まで階段を上り下りしている」

 好調のストライカーも「トレーニングになった?」と聞かれ、「そうですね」と苦笑いするしかなかった。大会後に分譲マンションとして売り出す予定の新築の選手村だが、日本代表の部屋は不備だらけ。気温25度以上と蒸し暑いが、クーラーはなし。扇風機でしのいでいる状態だ。鈴木の部屋は浴室の排水機能が故障しているが、修理はまだされず。マンション内のエレベーターも故障。22階のサッカー日本代表のフロアまで歩かなければいけないという。

 選手村はインフラ面の貧弱さを露呈している
が、アフリカなどで行われる国際大会はこの大会よりも設備が整っていない宿舎も存在する。日々、襲いかかるアウェーの洗礼を乗り越え、若武者はピッチ外でもたくましく成長する。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web


【取材日記】スポーツ英雄を脇役にしたアジア大会の開会式より一部抜粋
2014年09月22日 中央日報

「盛大な体育行事が韓流コンサートとなった。厳しく批判すれば史上最悪の開会式だ」(台湾の聯合報)

「聖火は美しく設計されたが、俳優の点火は前例を破る」(日本の時事通信)

19日に開幕した2014仁川アジア競技大会の開会式に対する酷評だ。台湾・日本など隣国のメディアの指摘に言い返す言葉がない。開会式は韓国の関門でありアジアのハブである仁川の魅力を誇る機会だった。なんと4時間にわたり大韓民国のビジョンをアジア全域に知らせることができたこの舞台は、残念ながら数人の韓流スターの広報行事のようになってしまった。俳優チャン・ドンゴンが文化行事の開始を知らせた。ドラマ『星から来たあなた』で有名になった俳優キム・スヒョンも文化行事で主演の役割をした。開会式の序盤にはEXO(エクソ)、中盤はJYJの歌の公演が続き、PSYが2年前にヒットした「江南スタイル」を歌って行事を終えた。


仁川ア大会:アーチェリー会場に260人分の弁当届かず
2014/09/23  朝鮮日報


仁川ア大会:消えた聖火・停電した会場…まるで町内運動会より抜粋
2014/09/22 朝鮮日報

20日午後、仁川市内の桂陽体育館。多くの市民が首を横に振りながら外に出てきた。この日午前9時45分ごろ、バドミントン女子団体予選3試合(台湾対香港、インド対マカオ、モルディブ対インドネシア)が行われていた最中に体育館内の照明の大部分が突然消え、試合が中断されたためだ。一部観客は慌てて携帯電話のライトをつけた。組織委員会は急いで非常用の発電機を稼働させ、試合は5分後に再開されたが、案内放送も速やかに行われず、会場の所々でしばらくざわめきが続いていた。

 アジア中の注目を集めている仁川アジア大会だが、開幕2日目にして運営能力の未熟さによりひんしゅくを買った。同日、仁川市西区にあるメーンスタジアムでは、聖火が約12分間にわたり消えるという騒動が起こった。聖火がこの日午後11時38分から50分まで完全に消えてしまったため、組織委員会は競技場の聖火管理室に保管されていた安全ランプの火種で再び聖火台に火を付けた。組織委員会は聖火が大雨などで消えた場合に備え、インドのニューデリーで聖火を採火した際、別のランプに聖火の火種を移して保管していた。

 国際スポーツ大会にふさわしくない運営上のミスに対する不満も相次いだ。20日から予選が始まっている仁川市・松島のビーチバレー試合会場にはきちんとした更衣室がないため、選手たちは砂やほこりが舞う簡易テントで着替えた。「通行人に見えてしまうのでは」と片手でテントのすき間が開かないよう抑えていなければならない状況だった。


【取材日記】チケットが売れない仁川アジア競技大会
2014年09月19日 中央日報


さて、朝鮮日報は昨年も、米紙ワシントン・ポストに掲載された記事を引用し、「韓国の人種差別は世界的に見ても極めて深刻だ」と伝えていましたが、今年も米紙に批判されています。執拗で異常な「反日」も人種差別であり、ヘイトスピーチであり、韓国の最も際立った特徴と言えます。

「韓国は経済力で人種差別」米紙が批判
2014/09/21 朝鮮日報

 「韓国が人種を差別する基準は経済力だ。相対的に貧しいアジアの国々の人々がターゲットになる傾向がある」

 米ウォール・ストリート・ジャーナルは12日、「韓国は経済力で人種差別する国なのか」と題した記事を掲載。「韓国は外国人が人口の3%しかおらず、皮膚の色が違うと目立つ場所だ。人種に対する韓国人の不理解が奇妙な形で表れることもある」と伝えた。

 同紙は最近、ソウル市の梨泰院の飲食店で起きた「エボラ警告文」事件を例に挙げた。外国人客が多いこの店は「申し訳ありませんが、エボラウイルス(流行)のため、アフリカのお客様はお断りします」という告知を入り口に掲げたところ、外国人の強い抗議を受けた。

 同紙は昨年6月、プロ野球ハンファ・イーグルスの金泰均(キム・テギュン)選手(元千葉ロッテ)がロッテ・ジャイアンツの黒人投手、シェーン・ユーマンについて、「黒い顔のせいで、彼がマウンドで笑うと白い歯とボールが重なり、ボールが打ちにくい」と発言し、国家人権委員会から警告を受けたケースも紹介した。

 同紙は「今日の韓国社会の人種差別意識は1950年代以降に形成されたものだ」と指摘した。韓国戦争(朝鮮戦争)以降、経済成長に集中し、外国に対するイメージも徹底して「経済力」が基準になったとの説明だ。同紙は「最近の韓国政府の外国人在留許可もウズベキスタン、ベトナム、中国、フィリピンに対しては徐々に厳しくなっており、多文化の多様性を生かすのではなく、韓国社会に吸収することに焦点が合わせられている」と分析した。

 インターネットに掲載されたこの記事には、読者から「韓国は教育熱が高いというが、その結果が行動に反映されないようだ」「韓国人は開発途上国で特に無礼な振る舞いをする」といった書き込みがあった。



韓国の自殺率OECDトップ 10代から30代の死因1位より一部抜粋
2014/09/23  朝鮮日報

 韓国統計庁が23日に発表した「2013年死亡原因統計」によると、減少傾向にあった自殺死亡者数が上昇に転じた。昨年の自殺者数は1日平均約40人に達した。

◇人口10万人当たりの自殺者28.5人 OECDで最多

 昨年自殺で死亡した人は1万4427人で、前年比267人(1.9%)増えた。1日平均39.5人が自殺した計算になる。 

 自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)も28.5人で前年比0.4人(1.5%)増加した。10年前と比べて6.0人(26.5%)増えた。 

 韓国の自殺率は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も高い。OECDの平均自殺率は12.1人で韓国の半分以下。日本(20.9人)やポーランド(15.7人)などが加盟国のなかで相対的に高い自殺率を見せているが、韓国より低い。 

◇「がん・脳血管疾患・心臓疾患」が死因の半数 肺炎増加

 韓国人の「3大死亡原因」の悪性新生物(がん)、脳血管疾患、心臓疾患は昨年も死亡原因の半分に近い47.4%を占めた。 


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する