駄文・散文帳
2014年09月11日 (木) | 編集 |

米医学賞に京大の森和俊教授 ノーベル賞の登竜門で、日本で7人目
2014.9.9 MSN産経ニュース

 米国で最も権威がある医学賞で、ノーベル賞の登竜門ともいわれる「ラスカー賞」の今年の受賞者に、京都大の森和俊教授(56)が選ばれた。米国のラスカー財団が8日発表した。

 日本人の受賞者は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を開発して2009年に受賞した山中伸弥京都大教授に次いで7人目。他にノーベル医学生理学賞を受賞した利根川進氏や高脂血症治療薬のスタチンを開発した遠藤章氏らがいる。

 森教授は細胞内で起きる「小胞体ストレス応答」と呼ばれる仕組みを解明した。がんや糖尿病、パーキンソン病、潰瘍性大腸炎、脂肪肝などの数々の病気に幅広く関わる基礎的な仕組みで、世界中で新薬開発に向けた研究が進められている。


ノーベル賞の季節が近づいてきました。米国で最も権威がある医学賞の今年の受賞者に選ばれた森和俊教授、おめでとうございます。

テニスの全米オープン男子シングルスで、日本人初の四大大会シングルス準優勝を果たした錦織圭選手にも盛大な拍手を送りたい。錦織選手の決勝進出は、サッカーW杯で日本代表が決勝進出したくらいすごいらしい。朝鮮日報日本語版には、この記事は見当たらない。それほどすごいことなのであろう(笑) しかし、以下のような現実は載せていました。ただ、「一見、生活水準が似ているように見える韓国と日本だが、高齢者たちの生活だけは明らかに異なっている…」と書いていますが、高齢者たちの生活だけではありません。日韓の文化や価値観、経済規模は比較できないほど異なっています。呉善花氏も指摘しています。

【噴水台】高齢者が幸せでなければいけない理由=韓国
2014年09月10日 中央日報

秋夕(チュソク、中秋)連休の短い日程で日本に行って、新造語を1つ学んだ。「ヤンジイ(yanG)」という単語だが、「やんちゃジジイ」を略した語だという。だだをこねる、あるいはいたずらを意味する「やんちゃ」に、おじいさんを意味する「ジジイ」を合わせた言葉で、「いたずらっ子なおじいさん」ぐらいになるだろうか(グーグルでは「乱暴な夫」と翻訳する)。60代以上、老化に屈せず人生を楽しむ日本の新老年層を意味するが、9月に彼らのための雑誌が創刊されるというニュースがあちこちで流れた。この雑誌サイトに入ってみると、素敵なスーツで着飾ったおじいさんの写真と共に、こんな文が記されている。「いつまでもジジイ、おしゃれでやんちゃがいい!」

一見、生活水準が似ているように見える韓国と日本だが、高齢者たちの生活だけは明らかに異なっていると思われる。下落したウォン-円為替レートのおかげで旅行中に東京銀座にある有名デザートカフェに立ち寄った。ブレンドコーヒー1杯が1000円(約1万ウォン)を超えるこの店。お客さんは私のような外国人をのぞいてほとんどが60代以上の高齢者たちだった。隣の席では80歳にはなるような白髪の老夫婦が、ゆったりとブランチを楽しんでいる。多くの店の入口には「15日の敬老の日、プレゼントを」といった文面がついていた。日本は毎年9月15日を敬老の日(公休日)とし、その週を「シルバーウィーク」に決めているが、「長年社会につとめた高齢者を敬愛して長寿を願う日」だ。

長年、社会のために頑張ったのは韓国の高齢者たちも同じだ。だが韓国老年層の生活は、豊かさや余裕とは程遠い。老人貧困率がOECD加盟国の中で1位である国で、高級カフェに座って1万ウォンを軽く超えるコーヒーを飲むのは一部の富裕層高齢者に可能なことだから。保険研究院の資料によれば、日本で65歳以上の高齢者の公的年金需給率は2012年基準で96.4%、1人あたりの月平均受領額は160万ウォンに達する。一方、韓国は同じ年基準で公的年金需給率が34.8%、昨年1人あたりの月平均受領額は36万ウォンに過ぎなかった。両国の経済規模や物価水準を考慮しても、あまりに大きな差だ。

当然のことだが、若者たちは高齢者から自身の未来を見る。日本人の友人は話した。「真昼間に優雅にショッピングするおばあさんを見れば、年を取るのも悪くないなと思えるよ」。今年の秋夕にも65歳以上の高齢者5人に1人が家族もなしに独りで過ごしたというニュース。その孤独と貧困が私の未来ならば、果たして何を希望に生きていかなければならないのだろうか。

イ・ヨンヒ文化スポーツ部門記者


さて、クリミア併合、マレーシア機撃墜を受けて米国や欧州、日本はロシアに対して、追加も含めた制裁を発動していますが、当の米国は制裁の一方でロシアから武器を購入しているのです。一方、日本は北方領土交渉への悪影響を懸念しながら欧米に足並みをそろえているし、他の国々もロシアとの間で複雑な問題を抱えています。日本では、表だって動けない安倍首相に代わって森元首相が奔走している模様。なにしろ「プーチン氏と親友関係」という森元首相、頼もしい限り。人には持ち場というものがあるらしい。

森元首相:プーチン大統領と会談へ 親書も持参
毎日新聞 2014年09月10日

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、ロシアを訪問中の森喜朗元首相とプーチン大統領の会談について「プーチン氏と親友関係ということで森氏が調整中だと報告を受けている」と明らかにした。森氏が安倍晋三首相の親書を持っていることも明かしたが、内容については言及を避けた。

 森氏は「日本ロシア・フォーラム」出席のため8日からロシアを訪れており、会談は10日夕(日本時間同日夜)、クレムリン(露大統領府)で行われる方向。


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する