駄文・散文帳
2014年05月13日 (火) | 編集 |
また韓国でビルが崩壊したそうです。

韓国:完成間近7階建てビル20度傾き崩壊の危険
毎日新聞 2014年05月13日

 聯合ニュースによると、韓国中部の牙山で12日、建設中の7階建てビルが突然傾いた。ずさんな地盤工事が原因で沈み込んだ可能性がある。

 旅客船セウォル号の沈没事故で安全対策が問われている中で、またずさんな管理が発覚したと、韓国メディアは怒りを込めて伝えている。

 ビルは完成間近だったが中に人はおらず、けが人はなかった。ビルは約20度傾き、亀裂が入って崩壊の恐れがある。現場は水田や水路を埋め立てた地域で地盤が緩いという。(共同)




0513-houkai.jpg

12日午前8時過ぎ、忠清南道・牙山で新築中だったビルが突然右に約20度傾き、崩壊が懸念されている。工事現場には作業員がいなかったため、けが人はいなかった。ビルは7階建てで、昨年8月に着工し、今月末の完成を目指していた。警察や消防当局はビル周辺を封鎖するとともに工事関係者らを対象に原因を調べている
(牙山消防署提供)=12日、牙山(聯合ニュース) (END)

0513-houkai2.jpg

忠清南道・牙山で12日に建設中の7階建てビルが突然傾いた事故を受け、
関係機関などはビルの安全点検を実施した。ビルは点検後に撤去する予定だ
13日、牙山(聯合ニュース)(END)



韓国では1995年、開店して6年経った百貨店が営業中に突然、5階建ての建物の両端の一部を残して跡形もなく崩壊したということがありました。崩壊は人災の面が大きく、建築会社だけでなく経営陣の責任も追及され、同百貨店の会長と社長ら幹部3人が業務上過失致死傷容疑で逮捕されました。

さて、日本にも酷い人がいるものです。話題に上っている「美味しんぼ」の作者である雁屋哲氏。詳細はこちらで。雁屋氏は、日本をおとしめる活動家みたいな人です。韓国政府みたいな人。いずれ、韓国から表彰されるのではないか? ともあれ狂信的な反原発派の一人です。ちなみに、不思議なことに反原発派の人は反日左翼が多いですね。日本をおとしめることに心血を注いでいる。

また、元福島県双葉町長の井戸川克隆氏は、原発の事故後の対応を巡り県および町議会と対立し、最終的に辞職に追い込まれたわけですが、その後、政府や福島県への批判を異常なほどの熱意で繰り返しています。

放射能デマ拡散者への責任追及を--美味しんぼ「鼻血」騒動から考えるより抜粋
2014年05月08日 石井孝明

小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号の料理漫画「美味しんぼ」で、福島を訪れた主人公らが鼻血を出す場面があった。そして漫画中で双葉町の前町長の井戸川克隆氏が「鼻血はよくあること」と漫画中で述べた。(写真)これは漫画原作者雁屋哲氏と、周囲の人たちの「脳内現象」、「妄想」にすぎないだろう。ばかばかしい。

この表現は、福島県で原発事故による健康被害があると、印象操作を示しているのだろう。
医学的な反論は医師が各所でしているので参照いただきたい。(リンク・福島民報「放射線 放射性物質 Q&A」 「鼻血は被ばくが原因か」

雁屋氏と小学館は、鼻血は取材による「真実」だと言っている。(ブログ)言うまでもないが、「鼻血」という現象の有無ではなく、福島の放射能による健康被害という文脈で強調したから、批判が広がっているのだ。雁屋氏、小学館、また彼を擁護する人に対して、理屈をこねる前に「放射能と関連する証拠を出せ」と言いたい。「可能性がある」という逃走、「漫画だ」という虚構の世界への雲隠れは、自分の言説に責任を取らない卑劣な行為である。

福島と東北と日本は、放射能デマや妄想によってもたらされた風評に苦しめられてきた。嘘を繰り返す人は、精神的な問題があるか、日本を貶(おとし)めて利益を得るのか、と勘ぐってしまう。美味しんぼのデマで「福島への見方」を変える人は少ないだろうが、社会に「怒り」「批判」という波紋を広げ、小さいながらも「分断」や「混乱」を日本にもたらした。雁屋氏は大変罪深い。

福島に現時点で「健康被害があるか」という情報は、福島と東北在住・出身の方の人生、そして社会に影響を与えることだ。いや国際的に見ると、日本全体が「汚染されている」というデマが流れている。日本人全体がデマの被害者だ。データや証拠を基に、慎重に議論を展開することを、私たちは肝に銘じなければならない。

そして繰り返すが、各種専門家の見解は、一致して日本で原発事故による健康被害の可能性は極小であるとしている。(記事「福島での被ばくによるがんの増加は予想されない--国連報告書」

社会の雰囲気はデマの「動揺」から「批判」に

ただし、この「美味しんぼ鼻血騒動」で興味深かったのは、批判の量がすさまじいことだ。福島県双葉町は、小学館に「抗議文章」を出した。各新聞も取り上げている。

さらに環境省が鼻血に的を絞り、健康被害はありえないという文章を出した。(「放射性物質対策に関する不安の声について」)浮島智子環境省政務官もコメントした。(「残念で悲しい…「福島鼻血」漫画で環境政務官」)ここまで批判に晒された以上、小学館と雁屋哲氏は、引けなくなった。連載休止などになったら後味が悪いが、自ら選んだ道だろう。 

これまで多くのメディアが、福島の健康被害についてデマを繰り返した。(私の記事「メディアが助成した放射能ストレス」(上)(下))東京新聞は2011年6月16日の社会が動揺している最中に、「子に体調異変じわり 大量の鼻血」という、パニックを誘発しかねない記事を書いた。美味しんぼと内容は似ている。メディアとして最大限の批判をされるべき行為であろう。(東京新聞記事)

私はこうした放射能デマの否定を2011年から機会あるごとに続けた。12年ごろまで、私に感情的な批判が繰り返された。2012年時点で自称ジャーナリストの上杉隆氏が、インターネット上で過去の放射能デマ発言を糺弾された。しかし広がりはネットの上だけだった。(サイト「上杉隆氏の検証」

興味深い情報がある。福島県内では震災後、新聞の購読が減った。地元紙は約1割、全国紙は2割減になった。ところが毎日新聞だけ4割減になっているという。(福島の方のブログ「福島信夫山ネコの憂うつ」「風評加害者「美味しんぼ」本日炎上&福島で毎日新聞が40%も「激減」の衝撃」)

もちろん新聞部数の増減は、いろいろな要因が重なる。ところが、毎日新聞は、福島でおかしな形で目立っている

同紙社会部の日野行介記者が、県民の健康調査、国の原子力規制委委員会などの放射線線量基準や調査について「おかしい」と記事を連発している。またデマを拡散する反原発団体の応援記事を書き続けている。(私の記事「復興庁幹部暴言騒動」)詳細は省くが、日野記者の解釈の方が「おかしい」点が多い。原子力規制委員会の田中俊一委員長は日野記者を会見で「勉強しろ」とたしなめたという。

もし同紙の部数減が事実とするならば、そしてもしそれが日野記者の「活躍」(?)と結びついているならば、言論企業として同紙の行動はこっけい過ぎるだろう。私は毎日新聞の伝統と、反骨の報道精神に深い敬意を抱いている。同誌が自律的に報道を是正すると、期待している。

「市民からの圧力と不買」。これは、メディアによる福島デマを是正するための、今後、起こりうる、また進むべき方向かもしれない。情報の受け手である一人ひとりが、デマに対しては毅然として是正を求め、また不買という正当な意思表示によって、デマ発信者が損失を受けるような形に追い込んでいくのだ。小学館スピリッツ編集部や、雁屋哲氏には、またデマ拡散者には、自分が利益を得るために、また目立つために、嘘をつく醜悪さが垣間見える。それを、指摘し、批判を強めるべきだ。場合によっては責任を追求すべきである。

私は言論界の片隅にいる人間として、社会が力で報道や市民の言論活動を押さえ込むことは、大変危険であると認識している。漫画表現を含む言論の自由は、人間の自己実現、さらには民主主義を機能させるために、最大限尊重されるべき権利だ。

しかし、他人の自由を侵害する言論の自由は無制限に認められない。それには当然、内在的制約がある。米国連邦最高裁判事、オリバー・ウェンデル・ホームズ・ジュニアは、1919年の判決で、次の言葉を残している。

「言論の自由を最も厳格に擁護したとしても、劇場で嘘をついて火事だ!と叫び、パニックを起こす自由は誰にも保障されない。あらゆる行為の性格は、それがなされた状況によって変わってくる」。

放射能デマが批判されるのは、まさにこの点にある。



正真正銘の「反日変態左翼」である雁屋哲を糾弾するより一部抜粋
2014/05/13 依存症の独り言

それにしても今回の作品は酷いですね。私が日本の左翼を「変態」と呼ぶのは、ウソとデマで日本と日本国民を貶めるからです。彼らの脳内は完全に洗脳されていて、客観性というものが全くありません。まず結論ありきで、それを「真実」に見せかけるためにウソとデマを平気でまき散らす―これが彼らの常とう手段ですが、今回の「美味しんぼ」に書かれていることも、その典型でしょう。


「科学的にありえない」美味しんぼ鼻血描写で遠藤啓吾・京都医療科学大学長
2014.5.12 MSN産経ニュース

 京都医療科学大学の遠藤啓吾学長(68)=放射線医学=の話

 「低線量被曝が原因で鼻血が出ることは、科学的にはありえない。大量被曝した場合は血小板が減少するため、血が止まりにくく、鼻血が出やすくなるが、血小板が減るのは(がんの死亡リスク上昇が確認されている100ミリシーベルトの10倍にあたる)1千ミリシーベルト以上の被曝をした場合であり、それ以下の被曝では影響がない。住民も福島第1原発で働く作業員も、事故で1千ミリシーベルトを超える被曝をした人はいない。住民の被曝線量は大半が10ミリシーベルト以下。原発作業員の中に、白血球や血小板の数値に異常がある人がいるとは聞いていない。もし低線量被曝の影響で鼻血が出るのだとしたら、一般の人々より被曝線量の高い放射線技師や宇宙飛行士は鼻血が止まらないことになる。福島の人たちは過剰な不安を抱くことなく、安心して生活してほしい」


 

ブログランキングに参加してます♪
↓猫パンチしてね    クリックお願いします<(_ _*)>
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する